アヴリル・ラヴィーン / ベスト・ダム・シング

はてなブックマークに追加
アヴリル・ラヴィーン / ベスト・ダム・シング
CD
ミニ・レビュー
結婚後初となる3年ぶり、3枚目のアルバム。ビートを利かせたポップ・パンク調の曲をメインにした構成は、元気で健康的なキュートさが売りの彼女のイメージとリンクしている。数曲あるバラードもいいスパイスになっているガールズ・ロックの秀作。
ガイドコメント
“超最高”という意のタイトルを冠したアヴリル・ラヴィーンの3rdアルバム。“ライヴで演奏して楽しい曲”を念頭に置いて制作されたとあって、躍動感あふれるナンバーが満載。夫のデリック(SUM 41)も数曲で参加している。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2007/4/16)  ⇒  2位 (4/23)  ⇒  3位 (4/30)  ⇒  7位 (5/7)  ⇒  11位 (5/14)  ⇒  5位 (5/21)  ⇒  14位 (5/28)  ⇒  30位 (6/18)  ⇒  39位 (8/6)  ⇒  26位 (8/13)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2007/4/16)  ⇒  2位 (4/23)  ⇒  2位 (4/30)  ⇒  6位 (5/7)  ⇒  9位 (5/14)  ⇒  18位 (5/21)  ⇒  12位 (5/28)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2007/4/16)  ⇒  2位 (4/23)  ⇒  2位 (4/30)  ⇒  8位 (5/7)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2007/4/16)  ⇒  2位 (4/23)  ⇒  1位 (4/30)  ⇒  6位 (5/7)  ⇒  9位 (5/14)  ⇒  10位 (5/21)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2007/4/16)  ⇒  2位 (4/23)  ⇒  1位 (4/30)  ⇒  4位 (5/7)  ⇒  6位 (5/14)  ⇒  7位 (5/21)  ⇒  6位 (5/28)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2007/4/16)  ⇒  2位 (4/23)  ⇒  1位 (4/30)  ⇒  3位 (5/7)  ⇒  6位 (5/14)  ⇒  8位 (5/21)  ⇒  7位 (5/28)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2007/4/16)  ⇒  1位 (4/23)  ⇒  2位 (4/30)  ⇒  2位 (5/7)  ⇒  4位 (5/14)  ⇒  5位 (5/21)  ⇒  5位 (5/28)  ⇒  13位 (6/4)  ⇒  15位 (6/11)  ⇒  10位 (6/18)  ⇒  15位 (6/25)  ⇒  12位 (8/6)  ⇒  8位 (8/13)  ⇒  14位 (2008/9/8)
収録曲
01GIRLFRIEND
日本語などの多言語ヴァージョンも話題の、Dr.ルークのプロデュースによるアッパーなポップ・パンク・チューン。ラップの要素も取り入れ、“あなたのガールフレンドになりたい”と熱烈にアピールする詞に、男性陣はK.O.確実だ。
02I CAN DO BETTER
70年代ニューヨーク・パンクをどことなく彷彿とさせるロックンロール・ナンバー。ドライヴ感あふれるサウンドに乗り、“あなたとはお別れよ、その方が上手くいくわ”と、男には手厳しい別れの言葉を力強いシャウトで投げ掛けている。
03RUNAWAY
ビートを利かせたサウンドをバックに歌われるミディアム・ロック・チューン。“つまらない日常をすべて投げ出し、ここから逃げるのよ”という、多くのティーンエイジャーが考えたことがあるだろう、現状打破を願う気持ちがテーマだ。
04THE BEST DAMN THING
アヴリル自身が好きだという“チアガール系の音楽”そのものといった感じのキャッチーなアッパー・チューン。「あなたが出会った中で、私が“超最高の女の子”」なんて高ビーな詞も、彼女が歌えば納得。元気でハッピーな気分になれる一曲だ。
05WHEN YOU'RE GONE
元ペンギン・カフェ・オーケストラのギャヴィン・ライトがコンサート・マスターを務めてアビーロード・スタジオで録音された、壮大なストリングスを導入したバラード。切ない別れの詞に感情を込めて歌う姿に、大人のアヴリルを感じる1曲。
06EVERYTHING BACK BUT YOU
ハイテンションかつ軽快なロックンロール・サウンドをバックに歌われるポップ・パンク・ナンバー。ちょっと間抜けな行動から浮気がバレた彼に愛想をつかせる女の子の心情を、アヴリルらしい強気な一面を覗かせて描いている。
07HOT
ハードなギター・リフに引っ張られるように歌われる、熱く扇情的に迫ってくる女の子の姿を描写した詞がエロティックな想像をかき立てる。表情豊かな歌唱も含め、シンガー/ソングライターとしての成長の跡がうかがえるナンバー。
08INNOCENCE
BECKの父親でもある作・編曲家のデヴィッド・キャンベルがアレンジを担当した、ストリングスを取り入れたバラード。愛する人にめぐり会えたときに感じる純粋な喜びを、しっとりとそれでいて確信的に歌い上げる姿が印象的な美しい曲。
09I DON'T HAVE TO TRY
イントロのラップに象徴されるヒップホップのエッセンスとヘヴィかつハードにドライヴするギター・サウンドが違和感なく溶け込んだ、アヴリル流ミクスチャー・ポップ・パンク。ハイテンションで叫ぶヴォーカルにも注目だ。
10ONE OF THOSE GIRLS
2006年にアヴリルの公私にわたるパートナーとなったデリック・ウィブリーがプロデュースやミックスを担当したハイパー・ポップ・ロック・チューン。本当の恋に気付かない女友達、男友達を心配する女の子の想いが歌われている。
11CONTAGIOUS
アヴリルのダンナ様、デリック・ウィブリーのプロデュースによるキュートかつ爽やかなポップ・ナンバー。運命の人に出会えた幸福感をストレートに綴った詞には、新婚ホヤホヤのアヴリルとデリックの心情が投影されている。
12KEEP HOLDING ON
2006年暮れに公開された映画『エラゴン 遺志を継ぐ者』の主題歌となったナンバー。壮大なストーリーにふさわしいスケール感たっぷりの楽曲を、余裕すら感じさせる堂々としたヴォーカルで美しく歌い上げた珠玉のバラード。
13ALONE
エッジの効いたリフを奏でるギターに導かれてハイテンションな歌唱を炸裂させる、アルバム『ベスト・ダム・シング』の日本盤ボーナス・トラック。強気な面とキュートさが自然に融合した、彼女らしさ全開のポップでキャッチーなメロディが光るアップ・ナンバー。
(13)ボーナストラック
仕様
エンハンストCD内容:ガールフレンド (ビデオ)
タイアップ
  • 「Girlfriend」 - 日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」エンディングテーマ
  • 「Keep Holding On」 - 20世紀FOX「エラゴン 遺志を継ぐ者」主題歌
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • アヴリル・ラヴィーン
    1984年9月27日生まれ、カナダ・オンタリオ州ベルヴィルの出身のシンガー・ソングライター。出生名はアヴリル・ラモーナ・ラヴィーン。2002年に『レット・ゴー』でアルバム・デビュー。「コンプリケイテッド」「スケーター・ボーイ」などのヒットで……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015