マイ・ケミカル・ロマンス / ザ・ブラック・パレード [限定]

はてなブックマークに追加
マイ・ケミカル・ロマンス / ザ・ブラック・パレード [限定]
CD
ミニ・レビュー
ニュージャージー出身の5人組による“患者を迎えに来る死”をテーマにした3作目。エモコアの代表的なバンドとして有名だが、コンセプチュアルな本作では単なるエモコアに留まらない、壮大で多彩な音楽性を披露。一段と大きく成長した姿を聴かせる。
ガイドコメント
マイ・ケミカル・ロマンスの3rdアルバム。官能的にメロディックで、ため息が出るほどシアトリカルなナンバーが満載。彼らがイメージする“ブラック・パレード=死のパレード”を体現したコンセプチュアルな力作だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    6位 (2006/12/4)  ⇒  5位 (12/11)  ⇒  6位 (12/18)  ⇒  1位 (2007/1/1)  ⇒  1位 (1/8)  ⇒  10位 (1/15)  ⇒  20位 (1/22)  ⇒  16位 (1/29)  ⇒  25位 (2/5)  ⇒  30位 (2/12)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    3位 (2006/12/4)  ⇒  7位 (12/11)  ⇒  5位 (12/18)  ⇒  1位 (2007/1/1)  ⇒  1位 (1/8)  ⇒  8位 (1/15)  ⇒  12位 (1/22)  ⇒  14位 (1/29)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    4位 (2006/12/4)  ⇒  6位 (12/11)  ⇒  5位 (12/18)  ⇒  7位 (2007/1/1)  ⇒  5位 (1/8)  ⇒  7位 (1/15)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2006/12/4)  ⇒  2位 (12/11)  ⇒  3位 (12/18)  ⇒  1位 (2007/1/1)  ⇒  1位 (1/8)  ⇒  6位 (1/15)  ⇒  9位 (1/22)  ⇒  9位 (1/29)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    3位 (2006/12/4)  ⇒  8位 (12/18)  ⇒  1位 (2007/1/1)  ⇒  1位 (1/8)  ⇒  8位 (1/15)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    9位 (2006/12/4)  ⇒  9位 (12/11)  ⇒  10位 (12/18)  ⇒  3位 (2007/1/1)  ⇒  3位 (1/8)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    2位 (2006/12/4)  ⇒  1位 (12/11)  ⇒  1位 (12/18)  ⇒  1位 (2007/1/1)  ⇒  1位 (1/8)  ⇒  3位 (1/15)  ⇒  8位 (1/22)  ⇒  6位 (1/29)  ⇒  10位 (2/5)  ⇒  10位 (2/12)  ⇒  15位 (2/19)  ⇒  12位 (2/26)
収録曲
01THE END
生ギターに導かれて始まる、グラム・ロック時代のデヴィッド・ボウイを彷彿とさせるドラマティックな曲調。ジェラルドが渾身のスクリーモ・ヴォーカルを聴かせる、荘厳な雰囲気漂うアルバム『ザ・ブラック・パレード』のオープニング・ナンバーだ。
02DEAD!
シンプルかつパワフルなロックンロール・ナンバーで、その陽性な曲調や死への恐れと憧憬が複雑に交差する歌詞のミスマッチ具合が、いかにも“マイケミ”らしい。ジェラルドの力強いヴォーカルに思わず惹きこまれそうだ。
03THIS IS HOW I DISAPPEAR
日本のビジュアル系に通じる、メロディアスで疾走感あふれるナンバー。耽美的な雰囲気がにじむ世界観を持った詞を表情豊かに歌い上げ、ロマンティックな香りをプラスしたジェラルドの歌唱力には脱帽だ。
04THE SHARPEST LIVES
パワー・ポップとニューロマンティック、エモコアをミックスしたナンバー。どこか懐かしさを感じさせつつ、“マイケミ”にしか作りえないオリジナリティをしっかりと表現している。エモーショナルな歌声にも注目だ。
05WELCOME TO THE BLACK PARADE
アルバム『ザ・ブラック・パレード』の根幹となるナンバー。クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」を思わせるドラマティックな展開と、静と動を巧みに使いこなすジェラルドの歌唱によって、シアトリカルな効果を最大限に引き出した傑作。
06I DON'T LOVE YOU
メロディアスなミディアム・ナンバーだが、情感に流されることなくサウンドはあくまでもパワフルに響いていて、ジェラルドのヴォーカルも実にエモーショナルだ。間奏のギター・ソロがいいアクセントになっている。
07HOUSE OF WOLVES
アグレッシヴに突っ走る、これぞ“マイケミ”といえるエモコア・チューン。急き立てるようなサウンドをバックに、水を得た魚のごとく感情をぶちまけるジェラルドのヴォーカルが最高にカッコいい。
08CANCER
キャンサー(癌)に侵されて、余命いくばくもない患者の家族や恋人に向けた心情を、切々と生真面目に綴った感傷的なナンバー。美しいピアノの音色と訴えかけるようなジェラルドのヴォーカルが胸に迫る。
09MAMA
死から逃れられない凄惨な戦場から、懺悔や悔恨が入り混じった想いを母親宛の手紙を模した詞で綴った悲しく切ない歌。叫びにも似た悲痛なヴォーカルとドラマティックでダイナミックな曲調が胸を打つナンバーだ。
10SLEEP
穏やかなイントロから急転直下、なだれのように畳み掛けてくるヘヴィなサウンドとエモーショナルなヴォーカルが印象的。不穏な雰囲気を増幅させるマーチング・サウンドの導入もいいアクセントになっている、ドラマティックなナンバーだ。
11TEENAGERS
ティーンエイジャーに対する大人社会の視線や姿勢にどう対処すればいいのかを綴った詞を、ポップなテイストを含んだパンキッシュ・サウンドに乗せて歌っている。古典的かつ普遍的な内容をテーマにしたストレートなナンバー。
12DISENCHANTED
“マイケミ”というよりジェラルドの体験を織り交ぜたと思われる、プライヴェートな思考や心境を描いた歌。イントロとクロージングに奏でられる生ギターの柔らかな音色が心を和ませ、聴き手を落ち着かせてくれる。
13FAMOUS LAST WORDS
ヘヴィかつドライヴ感いっぱいに鳴り響くギターをフィーチャーした壮大なパワフル・チューン。ハード・ロック/ヘヴィ・ロックをも呑み込む、“マイケミ”の貪欲さとスケールの大きさが実感できる。
15HEAVEN HELP US
活力に満ちた疾走感のあるサウンドを奏でながらもメロディアスな部分をしっかりと残した、“マイケミ”を象徴するようなナンバー。肩の力が抜け、吹っ切れた感じのジェラルドのヴォーカルも実に心地よい。
(15)ボーナストラック
仕様
CDエクストラ内容:ウェルカム・トゥ・ザ・ブラック・パレード (ミュージック・ビデオ)
タイアップ
  • 「Welcome To The Black Parade」 - テレビ神奈川「Billboard Top 40」オープニングテーマ
  • 「Welcome To The Black Parade」 - テレビ東京「SHOWBIZ COUNTDOWN」オープニングテーマ
  • 「Welcome To The Black Parade」 - テレビ神奈川「洋楽天国 TUESDAY」テーマソング
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • マイ・ケミカル・ロマンス
    2001年にジェラルド・ウェイ(vo)とマット・ペリッシー(ds)を中心に結成された米国ニュージャージー州出身の5人組ロック・バンド。2002年に発表したファースト・アルバム『I Brought You My Bullets You Bro……
  • 同時発売作品
    マイ・ケミカル・ロマンス / ザ・ブラック・パレード
    WPCR-12507   2,702円(税込)   2006/12/06 発売
    マイ・ケミカル・ロマンス / ザ・ブラック・パレードをamazon.co.jpで購入するマイ・ケミカル・ロマンス / ザ・ブラック・パレードをTOWER RECORDS ONLINEで購入するマイ・ケミカル・ロマンス / ザ・ブラック・パレードをHMV.co.jpで購入するマイ・ケミカル・ロマンス / ザ・ブラック・パレードを楽天ブックスで購入するマイ・ケミカル・ロマンス / ザ・ブラック・パレードをTSUTAYAで購入する
    マイ・ケミカル・ロマンスの3rdアルバム。官能的にメロディックで、ため息が出るほどシアトリカルなナンバーが満載。彼らがイメージする“ブラック・パレード=死のパレード”を体現したコンセプチュアルな力作だ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット
[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー![インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに
[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015