ステイシー・ケント / チェンジング・ライツ

はてなブックマークに追加
ステイシー・ケント / チェンジング・ライツ
CD
ミニ・レビュー
派手なところはないが歌のうまさにかけて定評の高いケントによるブラジリアン・テイストいっぱいの魅力的なアルバム。彼女にはこの作品に認められる、ジャズの味わいも加味したポピュラー・ソングがピッタリだ。親しみ易いヴォーカルに磨きがかかった2013年作。
ガイドコメント
日本でも高い人気を誇るジャズ・シンガー、ステイシー・ケントのアルバム。「ワン・ノート・サンバ」や「小舟」といったボサ・ノヴァのカヴァーを収録しており、ブラジリアン・テイストでまとめられた一枚となっている。
収録曲
01THIS HAPPY MADNESS
02THE SUMMER WE CROSSED EUROPE IN THE RAIN
03ワン・ノート・サンバ
04MAIS UMA VEZ
05WAITER, OH WAITER
06O BARQUINHO
07THE CHANGING LIGHTS
08HOW INSENSITIVE
09酔っ払いと綱渡り芸人〜スマイル
10LIKE A LOVER
11THE FACE I LOVE
12A TARDE
13シャンソン・レジェール
14MEDITATION
(14)ボーナストラック
演奏
ステイシー・ケント(VO) 他
録音
2012.11 2013.4
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • ステイシー・ケント
    米ニューヨーク生まれの女性ヴォーカリスト。サラ・ローレンス大学では文学を専攻。91年のヨーロッパ旅行の際、ロンドンで英国のミュージシャンと交流を深めて以降、ロンドンを拠点に活動中。97年にキャンディド・レーベルからデビュー作『クローズ・ユア……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “まるで13本立てのカルト映画祭”ROLLYが新曲入りセルフカヴァー・アルバム『ROLLY[インタビュー] クールス対談 ジェームス藤木×近田春夫
[インタビュー] 君はひとりじゃないよ Karavi Roushi『清澄黒河』[インタビュー] 山口美央子×松武秀樹 〜1983年作の『月姫』以来となる新作『トキサカシマ』をハイレゾ音源で聴く
[インタビュー] 自然に感じたまま表現すればいい――荘村清志、デビュー50周年の集大成『シャコンヌ』[インタビュー] 活動11年目のTSUKEMENが“いい大人”へのスタートとなる新作『時を超える絆』をリリース
[インタビュー] 世にも美しい“切れ目の戯言”――ATOSONE(RC SLUM / Boutique Strange Motel)[インタビュー] ローカルな個性とグローバルな普遍性 FOUR HORSEMEN『FOUR HEAVENLY KINGS』
[インタビュー] リストのあらゆる側面を伝えたい――金子三勇士『リスト・リサイタル』[インタビュー] 追い求めていくことと打ち砕かれてしまうこと ドキュメンタリー映画「STANDARD」
[インタビュー] 音で聴く回想録 KERA『LANDSCAPE』[インタビュー] CUBERS 注目の5人組ボーイズ・グループ つんく♂作「メジャーボーイ」でメジャー・デビュー!
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015