B'z / THE CIRCLE [デジパック仕様]

はてなブックマークに追加
B'z / THE CIRCLE [デジパック仕様]
CD
デジパック仕様
  • アーティスト:
  • 原題:
    THE CIRCLE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    VERMILLION
  • 規格品番:
    BMCV-8014
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    BBBB
    BB該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
1年半ぶり14作目のオリジナル作は生音にこだわったバンド・サウンドが満載。タイトルには、2004年の長いソロ活動を経てバンドに戻っていくという“輪廻”の意味を込めた。民族音楽っぽいサウンドやレトロな雰囲気の曲など、彼らの原点回帰といえる。
稲葉、松本の長期的なソロ活動を挟んで制作されたフル・アルバム。自然な流れでバンド的なアプローチによるレコーディングが進んでいったという本作は、余分な音を削ぎ落とし、生音にこだわったバンド感みなぎる作品に仕上がっている。
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2005/4/4)  ⇒  18位 (4/11)  ⇒  28位 (4/18)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2005/4/4)  ⇒  16位 (4/11)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2005/4/4)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2005/4/4)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    3位 (2005/4/4)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2005/4/4)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2005/4/4)  ⇒  6位 (4/11)  ⇒  11位 (4/18)  ⇒  19位 (4/25)
トラックリスト
01THE CIRCLE
オリエンタルなメロディ・ラインを持つ、魅惑的かつ幻想的なナンバー。森羅万象について歌い上げる稲葉浩志の詞世界は、まるで祈りにも似た切実さに満ちている。弦楽器の“揺れ”を強調したサウンドが味わい深い。
02X
「暗い世界」だからこそ「自ら光れよ」とリスナーを奮い立たせるメッセージ・ソング。「THE CIRCLE」からの流れを受けたかのようなオリエンタルなメロディ・ラインと正統派ハード・ロック・サウンドの組み合わせが新鮮だ。
03パルス
まるでプログレッシヴ・ロックのようなキーボード・サウンドと激しいディストーション・ギターが印象的な、疾走するロックンロール。荒々しいドラム・サウンドは人間の生命力の強さを称える歌詞をそのまま音像化したかのよう。
04愛のバクダン
「一般のバンドでも簡単に演奏できるように」と制作された、シンプルかつキャッチーなポップ・ナンバー。アコースティック・ギターのコード・ストロークとハードかつ小技の効いたエレクトリック・ギターの絡みは爽快感満点。アルバム『THE CIRCLE』からの先行シングル。
05Fly The Flag
リズミカルなギター・リフが特徴的なロック・チューン。辛いことからも目を逸らさずに、「まだ先は長い道のり」と真っ直ぐに未来を見据えるポジティヴな視線に貫かれた歌詞が印象的。稲葉浩志もお気に入りの曲だとか。
06アクアブルー
フォーク調の歌い出しからヘヴィなロック・サウンドへとなだれ込むパワフルなナンバー。リズム・チェンジを繰り返す複雑な曲構成だが、歌謡曲風のしっとりとしたメロディ・ラインによって難解な印象はなく、さらっと聴かせている。
07睡蓮
燃え尽きてもいいから2人で全力で生きていこう……。そんなメッセージ性豊かなラブ・バラード。ファルセットを織り交ぜた稲葉浩志の歌声がセクシー。“和”の世界観を持つ歌詞と絶妙にマッチした、情感たっぷりのギター・ソロも聴きもの。
08Sanctuary
穏やかな導入部から徐々に激しさを増していく、爆発力に満ちたロック・チューン。アコースティック・ギターを効果的に使用した抑制された演奏によって、じらすかのようにゆっくりとテンションを高めていく。
09Fever
シングル「愛のバクダン」のカップリング曲として発表された、アメリカ南部風のロックンロール・ナンバー。芯の太い、コシのあるドラム・サウンドが何ともグルーヴィ。ダブル・ミーニングを駆使したセクシャルな内容の歌詞にも注目!
10白い火花
エレクトリック・ギターとヴォーカルの激しい応酬が楽曲全体を引っ張っていく、複雑なリズムが刻まれるヘヴィ・ロック・チューン。テクニカルかつカオティックな展開が刺激的で、ベース・ソロが強烈なアクセントとなっている。
11イカロス
明日が来る前に「イカロスの勇気」で空へと飛び立つんだ……。そんな、自分を奮い立たせる姿が聴衆にも勇気を与える、押しつけがましくない応援歌。ゆったりとしたワルツと4拍子のロックンロールを組み合わせた異色のナンバーだ。
12BLACK AND WHITE
イメージに合わないということで前作『BIG MACHINE』のアウト・テイクとなっていた、インド風のメロディ・ラインが印象的なナンバー。フリーキーなギター・ソロを筆頭に、実験的でヘヴィなサウンド。現代社会への警鐘とも解釈できる意味深な歌詞にも注目。
13Brighter Day
「DEVIL」以来となる全編英語詞のバラード・ナンバー。英語ならではのストレートな表現で、希望について歌い上げる。ブレイクを経てからの、これでもかというぐらいにドラマティックな盛り上がりが白眉だ。
仕様
デジパック仕様
タイアップ
  • 「愛のバクダン」 - テレビ東京「JAPAN COUNTDOWN」エンディングテーマ
  • 「愛のバクダン」 - ゼスプリ「ゴールドキウイ」
  • B'z
    日本を代表するロック・ユニット。大阪府出身の松本孝弘(g)と岡山県出身の稲葉浩志(vo)で構成。1988年にデビュー。90年の「太陽のKomachi Angel」以降シングル連続初登場首位獲得数を重ねるほか、日本でのアルバム総売上枚数歴代1……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015