マライア・キャリー / MIMI [廃盤]

はてなブックマークに追加
マライア・キャリー / MIMI [廃盤]
CD
ミニ・レビュー
“子ども時代からのニックネーム”がタイトルとの由。なるほどネリーやスヌープをゲストに迎え、この人なりのストリート回帰? を思わすプロダクションが並ぶ。となると、相も変わらぬビジュアルはどうなんでしょう。マイケルに通じる問題を感じるが。
ガイドコメント
天性の歌姫、マライアの8枚目となるオリジナル・アルバム。力強く美しいバラードの魅力はもちろん、ジャーメイン・デュプリ、ネプチューンズ、カニエ・ウェストら豪華なゲストと共に新たなマライア・ワールドを展開している。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    6位 (2005/3/28)  ⇒  10位 (4/4)  ⇒  15位 (4/11)  ⇒  23位 (4/18)  ⇒  36位 (4/25)  ⇒  25位 (5/2)  ⇒  38位 (5/16)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    5位 (2005/3/28)  ⇒  9位 (4/4)  ⇒  14位 (4/11)  ⇒  14位 (4/18)  ⇒  19位 (4/25)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2005/3/28)  ⇒  3位 (4/4)  ⇒  3位 (4/11)  ⇒  6位 (4/18)  ⇒  9位 (4/25)  ⇒  9位 (5/2)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    4位 (2005/3/28)  ⇒  9位 (4/4)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    3位 (2005/3/28)  ⇒  6位 (4/4)  ⇒  6位 (4/11)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    3位 (2005/3/28)  ⇒  4位 (4/4)  ⇒  7位 (4/11)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    3位 (2005/3/28)  ⇒  5位 (4/4)  ⇒  8位 (4/11)  ⇒  9位 (4/18)
収録曲
01IT'S LIKE THAT
ジャーメイン・デュプリがプロデュース&バック・コーラスで参加した、ダンス・ホール直系のアグレッシヴなナンバー。ファットマン・スクープの文字通りファットなコーラスに乗じたマライアの楽しげなヴォーカルに、強い生命力を感じる。
02WE BELONG TOGETHER
大切な人を失った愚かさに気づき、一緒にいたいと哀訴するスタンダード・バラード。ボビー・ウーマックとベイビーフェイスの曲の一節を詞に組み込んだアイディアは、プロデューサーのジャーメイン・デュプリによるもの。
03SHAKE IT OFF
レゲエ風ヒップホップのテイストを軽やかに添えた、グルーヴ感あふれるR&Bチューン。愛情が冷めた相手はもう振り払わなきゃ、という詞だが、小気味よくシャッフルするリズムでラテンっぽい陽気さを残している。
04MINE AGAIN
もう一度やり直せると願う強い意志を歌った、オールドスクールなラブ・バラード。ホーンやリズム隊が醸し出すサウンドは、レトロだが現代風アプローチを利かせたシンプルな仕上がり。ジャズやゴスペルに精通するジェイムズ・ポイザーの好手腕が光る。
05SAY SOMETHIN'
スヌープ・ドッグの自然体でウェットなラップが効果的に飾られた、オールディーズの雰囲気もたゆたう洒落たR&Bチューン。耳に優しく入り込むリズム・コードが絶妙で、プロデュースしたネプチューンズとの相性の良さが発揮された1曲。
06STAY THE NIGHT
力みのない伸びやかなヴォーカルが縦横無尽に走るミディアムR&B。スタイリスティックス「Betcha By Golly, Wow」をサンプリングした、レトロ感覚の漂うサウンド・プロデュースはカニエ・ウェストによるもの。
07GET YOUR NUMBER
プロデューサーのジャーメイン・デュプリをフィーチャーしたポップ・ファンク・チューン。イマジネーション「ジャスト・アン・イリュージョン」を効果的に組み込み、躍動感あるコーラスの掛け合いで展開する構築が斬新。
08ONE AND ONLY
ザ・レジェンダリー・トラックスターとマライアの共同プロデュース。マライアとトゥイスタによる、哀れみを醸し出す泣きのフレーズと畳み掛けるような攻撃的なフレーズとが交互に展開する、起伏に富んだ構成のヒップホップ・ナンバー。
09CIRCLES
ライヴ感覚あふれるバンド・サウンドを幹としたオールドスクール感が漂う、ジェームズ“ビッグ・ジム”ライトのプロデュース作品。威風堂々と佇むその楽曲は、マライアの上質なヴォーカルをしっかりと支えている。
10YOUR GIRL
ADEAZE「A LIFE WITH YOU」を早回しサンプリングしたカニエ・ウェスト風トラックで、プロデュースはスクラム・ジョーンズ。マライアの高音を生かしたガール・グループ風ヴォーカルが映えるキュートな小品。
11I WISH YOU KNEW
ジェームズ“ビッグ・ジム”ライトによるプロデュース作品で、「サークルズ」同様に生バンド演奏を活かしたライヴ感あふれるオーソドックスなミディアム・バラード。私の愛を知っていて欲しいと願う情感をしっかりと捉えた上品さが伝わる。
12TO THE FLOOR
ネリーをフィーチャーしたネプチューンズ制作のアーバンなディスコ風トラック。クールなダンスフロア・チューンという趣で、情熱的なマライアとネリーのコーラスがクロスするバウンス感覚が走るグルーヴが最高。
13JOY RIDE
ドラマティックな展開が生命力あるヴォーカルを引き出したミディアム・スロー・ナンバー。マライアの天空を突き抜けるファルセットとトレイ・ロレンツの紳士然としたヴォーカルの絡みが、愛し合う恋人たちの陶酔の世界を演出するラブ・バラード。
14FLY LIKE A BIRD
ライヴ仕様のジェームズ“ビッグ・ジム”ライトのプロデュース作品。ゴスペル風コーラスの上をまさに鳥のように高みへと舞い上がるマライアの天を貫かんばかりのヴォーカルに、希望と神秘が見て取れるマライア・クラシックス・バラード。
15SPRUNG
UKと日本向けに収録されたアルバム『MIMI』のボーナス・トラック。尖ったビートの先進的なトラックにハイトーン・ヴォーカルのループが粘っこく絡まる、マホガニーのプロデュース作品。トレイ・ロレンツも参加。
16SECRETLOVE
“Oh Baby”のコーラスがセクシーな、ビヨンセらの作品で知られるSwizz Beatzプロデュース作品。前ノリのアッパーなヒップホップ色強いフロア・キラー・チューンだが、実はオープンにできない恋愛を歌ったもの。
(15)(16)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • マライア・キャリー
    1970年3月27日生まれ、米・ニューヨーク州ハンティントン出身のシンガー・ソングライター/プロデューサー/女優。高校卒業後に単身ニューヨークへ移り、90年に“7オクターヴの歌姫”のキャッチフレーズとともにシングル「ヴィジョン・オブ・ラヴ」……
  • 同時発売作品
    マライア・キャリー / イッツ・ライク・ザット [廃盤]
    シングル UICL-5018   1,200円+税   2005/03/30 発売
    マライア・キャリー / イッツ・ライク・ザット [廃盤]をamazon.co.jpで購入するマライア・キャリー / イッツ・ライク・ザット [廃盤]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するマライア・キャリー / イッツ・ライク・ザット [廃盤]をHMV.co.jpで購入するマライア・キャリー / イッツ・ライク・ザット [廃盤]を楽天ブックスで購入するマライア・キャリー / イッツ・ライク・ザット [廃盤]をTSUTAYAで購入する
    2004年を締めくくる、日本先行発売予定の約2年ぶりのオリジナル・アルバムからのシングル・カット。彼女の抜群の歌唱力が存分に堪能できるヒット確実のエモーショナルな楽曲となっている。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章
[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム
[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作
[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり
[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015