フェイス・エヴァンス / ファースト・レディ [CCCD] [廃盤]

はてなブックマークに追加
フェイス・エヴァンス / ファースト・レディ [CCCD] [廃盤]
CD
ミニ・レビュー
4年ぶりに出る、レコード会社移籍作。“今の響き”と“懐かしさを覚えさせる温もりの感覚”を両立させたトラックに、魅力的な鼻声ヴォーカルをのせる。アイヴァン&カーヴィンやマリオ・ワイナンズらが制作関与。もろファンキーな(14)は、日本盤ボーナス曲。
ガイドコメント
確固たる地位を築き上げたR&B界屈指の実力派シンガーの4thアルバム。デビュー以来、圧倒的な個性と実力でシーンをリードし続ける彼女らしい会心の作。レーベルを移籍しての第1弾で、今後のさらなる飛躍を予感させる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    26位 (2005/3/28)  ⇒  28位 (4/4)  ⇒  28位 (4/11)  ⇒  36位 (4/18)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    10位 (2005/4/4)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    10位 (2005/3/28)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    14位 (2005/3/28)  ⇒  14位 (4/4)
収録曲
01GOIN' OUT
アルバム『ファースト・レディ』のオープニングを飾る爽快なアップ・チューン。プロデュースはファレルのゲスト参加も兼ねたザ・ネプチューンズ。クリプスのプッシャ・Tの粘りあるラップも華を添え、フェイスの新たなスタートを称えた1曲。
02AGAIN
ザ・ホワットノーツの「Genuine」を大胆にサンプリングした、アルバム『ファースト・レディ』からの1stシングル。メロウなディスコ・ソウルの雰囲気に、フェイスの伸びやかなヴォーカルや多重コーラスがマッチした心地良い1曲。
03I DON'T NEED IT
ザ・ジョーンズ・ガールズの「Nights Over Egypt」をネタにした軽快なアップ・チューン。随所に盛り込まれたテンポ・チェンジがクール。ここでのフェイスのヴォーカルはソフトで滑らかな仕上がり。
04STOP N GO
アルバム『ファースト・レディ』収録のスロー・ナンバー。90年代のR&Bポップスを継承するメロディとコーラスが印象的。少ない音に多量の言葉を乗せた恋の駆け引きについての歌詞が、フェイスの表現豊かなヴォーカルで堪能できる。
05MESMERIZED
アルバム『ファースト・レディ』からの2ndシングル。G・ベンソンのブルース・ギターとJ・テイラーの名曲をサンプリングしたジャズ・ファンク色の濃い1曲。これまでのフェイスにはみられなかった、力強い粘りの効いたヴォーカルが新鮮。
06TRU LOVE
悠久な時を感じさせるシタール風のストリングスが映える、ジャーメイン・デュプリのプロデュースによるミディアム・スロー。“本物の愛”を歌うフェイスの歌唱が美しい、キャッチーなラブ・ソング。
07JEALOUS
ラテン・ポップをベースに敷いたミディアム・バラード。恋人への一途な想いを、感情を抑えたソフトなヴォーカルでサラリと歌いこなしている。バック・トラックのハンド・クラップが、ハッピー・メロウな曲調にピッタリ。
08EVER WONDER
「I Don't Wanna Know」のヒット曲で知られるマリオ・ワイナンズがプロデュースとゲスト・ヴォーカルで参加した1曲。フェイスとは何度も共演しているだけあり、息の合った掛け合いを披露している。
09CATCHING FEELINGS
ブライアン・マイケル・コックスがプロデュースを務めたスロー・ナンバー。フェイスのソフトな声質を巧く活かし、まどろみある幻想的でアダルトな雰囲気を持ったサウンドとマッチさせた1曲。
10GET OVER YOU
60年代のフィリー・ソウルの雰囲気を漂わせ、ジャズ・ピアノが彩りを添えるミッド・バラード。フェイスのクールな歌唱とお馴染みの多重コーラスが、一辺倒になりがちな曲調を変化に富んだものへと昇華させている。
11UNTIL YOU CAME
曲の構成やコーラス・ワークなど、クラシカルな手法を持ち込んだ60年代のソウル・テイスト漂うミディアム・バラード。フェイスの持ち味ともいえる、スモーキーで艶やかなヴォーカルが充分に堪能できる仕上がり。
12LUCKY DAY
アシッド・ジャズに、EW&Fなどに代表されるメロウ・ディスコをミックスしたダンス・ナンバー。クラブ・フロアを意識しているのか、ヴォーカルは聴かせるというよりもリズムの一部と化したクールな仕上がり。
13HOPE
映画『コーチ・カーター』のサウンドトラックに収録された1曲。TWISTAをフィーチャーしたこの曲は、社会の世情を投影した暗い内容でありながらも、フェイスのコーラスが希望を持たせる力強さを生んでいる。
14DO MY THANG
アルバム『ファースト・レディ』日本盤のみに収録されたボーナス・トラック。プロデューサーは、ブランディーのデビューに貢献したスコット・ストーチ。アグレッシヴなファンク・チューンにシャウトを効かせる、フェイスのヴォーカルが秀逸。
(14)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • フェイス・エヴァンス
    1973年6月10日生まれ、米・フロリダ州レイクランド出身のR&Bシンガー・ソングライター/女優。大学時代にソングライターやアレンジャーとして活動を開始。92年よりメアリー・J.ブライジやアッシャーのバックヴォーカルを経て、95年にデビュー……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章
[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム
[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作
[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり
[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015