ゴスペラーズ / The Gospellers Works

はてなブックマークに追加
ゴスペラーズ / The Gospellers Works
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    THE GOSPELLERS WORKS
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    Ki / oon
  • 規格品番:
    KSCL-1193
  • 価格:
    3,204 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ゴスペラーズ / The Gospellers WorksをAmazon.co.jpで購入するゴスペラーズ / The Gospellers Worksを@TOWER.JPで購入するゴスペラーズ / The Gospellers WorksをHMV.co.jpで購入するゴスペラーズ / The Gospellers Worksを楽天ブックスで購入するゴスペラーズ / The Gospellers WorksをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
これまでに発表したカヴァー曲、メンバーがソロ名義で参加したコラボレーション曲などを収めたコンセプト・アルバム。コーラス・グループとしての実力を示す「Stand By Me」、“Jazztronik featuring 黒沢薫”によるクラブ・ジャズ・ナンバー「流星」などを収録。
ガイドコメント
バックストリート・ボーイズのハウィー・D.とのコラボ・ナンバーや黒沢薫と夏川りみのデュエット・ソング、久保田利伸のカヴァー曲などを収録した、初のコンセプト・アルバム。存在感と美しさに満ちたハーモニーが聴きどころだ。
チャート
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    19位 (2007/11/26)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    7位 (2007/11/26)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    18位 (2007/11/26)
収録曲
01Stand By Me
オーソドックスなドゥー・ワップのスタイルで、ベン・E.キングの名曲をカヴァー。豊かな広がりを持つコーラス・ワークのなかで、原曲の魅力をしっかりと体現している。間奏パートのアレンジメント、口笛を使ったソロもステキだ。
02It Still Matters〜愛は眠らない (ゴスペラーズ with Howie D.)
ハウィー・D.(バックストリート・ボーイズ)とのコラボレーションが実現した、甘くて切ないラヴ・ソング。愛は終わることがないという肯定感に満ちたリリックと大らかな広がりを感じさせるメロディ・ラインが、スウィートなムードに包み込む。
03夏のクラクション
稲垣潤一の83年のヒット・チューンのカヴァー。筒美京平の作曲によるノスタルジックかつ高品質なメロディ・ラインが、彼らの卓越したハーモニー・ワークによって美しく蘇る。生楽器を軸にしたアレンジも心地いい。
04ギタリズム (加藤登紀子×村上てつや)
加藤登紀子と村上てつやによるデュエット・ナンバー。スパニッシュの香りをたっぷりとたたえたメロディと大人の情熱的な色香を感じさせるふたりのヴォーカルが、ゆったりとひとつになっていく。三沢またろうによるパーカッション・プレイも印象的。
05うつぼかずら (Fairlife featuring ゴスペラーズ)
浜田省吾、水谷公生らによる音楽制作ユニット“Fairlife”とのコラボーレション曲。異国情緒が漂うトラック・メイクと“ジプシー×J-POP”とでも言うべきメロディを融合させるアプローチが斬新。
06思い込み
小椋佳のクラシカルなバラード・ナンバーを、笹路正徳の編曲によりカヴァー。穏やかな空気を生み出すストリングス、しっかりと洗練されたバンド・サウンドにのる5人のヴォーカルには、耳の肥えた大人を納得させるだけの深みがある。
07The Longest Time
ビリー・ジョエルの代表曲を、ア・カペラ・スタイルでカヴァー。生々しくも心地いいグルーヴ感と有機的に絡み合っていくコーラス・ワークがたっぷりと堪能できる、普遍的な魅力を持ったトラックだ。
08CHATTANOOGA CHOO CHOO (島健 featuring ゴスペラーズ)
スウィング感たっぷりのスタンダード・ナンバーを、50年代っぽいオーセンティックなバンド・サウンドによって再現。ジャズ〜J-POPなど幅広いフィールドで活躍する名ピアニスト、島健とのコラボレーション曲。
09Rebirth (kitago-yama)
コーラス・グループ“TRY-TONE”の多胡淳と北山陽一によるユニット“kitago-yama”名義のア・カペラ・ナンバー。郷愁感たっぷりのメロディと重厚なエモーションが重なるコーラス・ワークが、グッと胸に迫る。
10沈まぬ夕陽 (ajapai featuring 酒井雄二)
11満点の星の夜 (黒沢薫 duet with 夏川りみ)
12流星 (Jazztronik featuring 黒沢薫)
“Jazztoronik featuring 黒沢薫”名義によるナンバー。クラブ・ジャズのエッセンスを注入したクールなトラックのなかで、黒沢のセクシーなヴォーカリゼーションが響く。クラブを舞台にしたリリックも、黒沢が手掛けている。
13タクシーと指輪とレストラン (村上てつや)
加藤和彦のトリビュート・アルバムに村上てつやが提供した作品。村上“PONTA”秀一など凄腕のミュージシャンが参加、成熟した大人のためのポップ・ミュージックを見事に提示している。抑制の効いたヴォーカルもいい。
14Dance If You Want It (ゴスペラーズ meets ナニワエキスプレス)
80年代から活躍を続けるフュージョン・バンド、ナニワエキスプレスとの共同制作による、久保田利伸のカヴァー。ソウル/ファンク/ジャズの要素をバランスよくレイアウトしたサウンド、コーラスが、この上なくカッコいい!
15Tシャツに口紅
ラッツ&スターの83年のヒット曲を、2000年代のR&Bとして再構築したカヴァー・ナンバー。太いビートと繊細に重ねられたコーラスが、美しくもシックなコントラストを描き出している。トランペットには桑野信義をフィーチャー。
16スローバラード
2000年3月に日本武道館で行なわれた、忌野清志郎の30周年ライヴでの貴重な音源を収録。“日本人によるソウル・ミュージック”をまっすぐに叩きつけながら、叙情的な曲想を描き出していく村上てつやのヴォーカルが素晴らしい。
17A HAPPY NEW YEAR
幻想的なロマンティシズムをたたえた原曲の雰囲気を、“声”だけで表現することに成功した珠玉のカヴァー・ナンバー。なめらかな広がりを持つコーラス・ワークに思わずウットリしてしまう……。編曲を手掛けているのは、北山陽一。
タイアップ
  • 「Stand By Me」 - 三井住友フィナンシャルグループTV-CMソング
アーティスト
  • ゴスペラーズ
    日本のヴォーカル・グループ。メンバーは村上てつや、黒沢薫、酒井雄二、北山陽一、安岡優の5名。1991年に早稲田大学ア・カペラ・サークル“Street Corner Symphony”にて結成。94年にメジャー・デビュー。以来「永遠に」「ひと……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015