パフィー / ザ・ヒット・パレード

はてなブックマークに追加
パフィー / ザ・ヒット・パレード
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    THE HIT PARADE
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    EPIC
  • 規格品番:
    ESCL-2288
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    パフィー / ザ・ヒット・パレードをAmazon.co.jpで購入するパフィー / ザ・ヒット・パレードをHMV.co.jpで購入するパフィー / ザ・ヒット・パレードを楽天ブックスで購入するパフィー / ザ・ヒット・パレードを@TOWER.JPで購入する
    パフィー / ザ・ヒット・パレードを山野楽器で購入するパフィー / ザ・ヒット・パレードをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
70〜80年代は遠くないけど近くもないのだなあ、とおやじに実感させるナイスなカヴァー曲集(邦楽専門。オリジナルあり)。奥田民生のサウンド・プロデュースはくっきりと、冴えたアイディアをひねりすぎないところにPUFFYと民生の自信が感じられる。
奥田民生プロデュースによるパフィー初のカヴァー・アルバム。Wink、近藤真彦、田原俊彦……といった80年代のヒット曲が、パフィーらしい脱力感とキュートさあふれる楽曲に生まれ変わっている。
トラックリスト
01IMAGE DOWN
奥田民生の小気味良いアレンジングにより、オリジナル曲以上にパンクでファンキーな楽曲に仕上がった。ビートの効いた派手なサウンドながら、PUFFYのゆるいヴォーカルにより、ぬるま湯に浸かっているような心地良さが感じられる。
02ハリケーン
シャネルズの大ヒット曲として知られる、井上大輔(元ブルー・コメッツ)作曲のナンバーを秀逸なアレンジでカヴァー。微妙にハズしているようで実はストライクというあたりがPUFFYらしい。
03愛が止まらない-Turn It Into Love-
歌謡曲であったWINKのヒット・ナンバーがロック・テイストに大変身。PUFFY独特のまったりムード&奥田民生のプロデュースにより、アンニュイ感がたっぷり! 同じ女性デュオでも、歌い手によってイメージが変わることを納得させてくれる一曲。
04チェリー
スピッツの爽やかなギター・ポップ・サウンドが、乾いた風を感じさせるアメリカン・ロック・サウンドに変身! 美しいメロディ・ラインと男の切なさあふれる恋愛観も、PUFFYにかかれば良い意味でサバサバとしたラブ・ソングになる。
05ハイティーン・ブギ
ひとひねり加えたアレンジにより80年代歌謡曲が、“ブギ”&ロカビリー・サウンドとなって登場。オリジナルと同じメロディ・ラインでありながら、まったく別の作品といってもおかしくないほど新鮮な楽曲に仕上がっている。
06哀愁でいと (NEW YORK CITY NIGHTS)
田原俊彦のデビュー曲をPUFFY流に料理。テクノチックなサウンド・アレンジと泣きのギター・サウンドがもの悲しい雰囲気を醸し出し、ロック色の強い作品となっている。哀愁を漂わせつつも、大貫亜美のゆる〜いヴォーカルにより適度な軽さを感じるナンバー。
07青い涙
エレキ・ブーム華やかし頃に作られた隠れた名曲のカヴァー、との触れ込みだが、作曲の三田二郎とは、じつは……(以下略)。ファズ・ギターやコーラスなど、ネオGSの雰囲気が滲み出る時代不詳な一曲。
08人にやさしく
ザ・ブルーハーツのパンク・ロックが、奥田民生&PUFFYにかかると、力の抜けたのほほんロックに。ゆるめの「ガンバレ!」は、逆に“ぼちぼち頑張ろうかな”という不思議な説得力があり、気負いのない元気を与えてくれる。
09嘲笑
心温まるミディアム・バラード。2人のフローティング・ヴォイスがアコースティック・ギター&ピアニカのシンプルなサウンドにぴったりマッチ。ビートたけしのオリジナルのイメージも引き継いだ、正統派のカヴァーといえる。
10カッコマン・ブギ
宇崎竜童率いるダウンタウンブギウギバンドのカヴァーは、DonDokoDon山口智充がゲスト・ヴォーカルとして参加した、思わず体も揺れるノリノリのブギウギ・ナンバー。70年代の楽曲も、アレンジにより斬新なサウンドとして生まれ変わっている。
  • PUFFY
    日本のガールズ・デュオ。大貫亜美(1973年9月18日生まれ、東京都町田市出身)と吉村由美(1975年1月30日生まれ、大阪府寝屋川市出身)の二人が、95年に結成。96年に奥田民生プロデュースによるシングル「アジアの純真」でデビュー。脱力系……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015