TAK MATSUMOTO / THE HIT PARADE

はてなブックマークに追加
TAK MATSUMOTO / THE HIT PARADE
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    THE HIT PARADE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    バーミリオンレコード
  • 規格品番:
    BMCV-8009
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    TAK MATSUMOTO / THE HIT PARADEをAmazon.co.jpで購入するTAK MATSUMOTO / THE HIT PARADEをHMV.co.jpで購入するTAK MATSUMOTO / THE HIT PARADEを楽天ブックスで購入するTAK MATSUMOTO / THE HIT PARADEを@TOWER.JPで購入する
    TAK MATSUMOTO / THE HIT PARADEを山野楽器で購入するTAK MATSUMOTO / THE HIT PARADEをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
松本孝弘(B'z)のソロ・プロジェクトによる邦楽カヴァー・アルバム。曲ごとに異なったヴォーカリストを起用しているのが最大の特徴で、稲葉浩志の「勝手にしやがれ」、倉木麻衣の「イミテイション・ゴールド」などを楽しめる。ハード・ロック魂全開のギターも、いい。
B'zの松本孝弘による邦楽カヴァー・アルバム。倉木麻衣、ZARD、愛内里菜らとのコラボレーションが聴ける。また稲葉浩志も「勝手にしやがれ」で参加、B'zとはひと味違った魅力を見せているのもうれしい。
B'zの松本孝弘による邦楽カヴァー・アルバム。倉木麻衣、ZARD、愛内里菜らとのコラボレーションが聴ける豪華な作品。また稲葉浩志も参加、B'zとはひと味違った魅力を見せているのも嬉しい。
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    13位 (2003/11/24)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    14位 (2003/11/24)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    6位 (2003/11/24)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    7位 (2003/11/24)  ⇒  18位 (12/1)  ⇒  18位 (12/8)
トラックリスト
01勝手にしやがれ (featuring 稲葉浩志)
沢田研二の大ヒット曲を松本孝弘がよりロックにカヴァー。ヴォーカルはB'zの相方、稲葉浩志。あと引くハイトーン・ヴォイスは原曲のイメージぴったりだが、この二人が組むだけでB'zになってしまうのはさすが。
02異邦人 (featuring ZARD)
B'zの松本孝弘とZARDの夢のコラボレーションによる、久保田早紀のヒット曲のカヴァー。オリエンタルな雰囲気は残しながらも、レスポールの太い音とブレイクビーツがZARDの歌声と絡み合って、新しい「異邦人」を奏でている。
03涙の太陽 (featuring 愛内里菜)
愛内里菜をヴォーカルに迎えた、松本孝弘のカヴァー作。安西マリアの大ヒット曲で、“ギラギラ太陽が〜”というフレーズは、毎年夏になるとどこかで必ず流れる名曲中の名曲。間奏のギター・ソロも聴きどころ。
04その気にさせないで (featuring 三枝夕夏・北原愛子・高岡亜衣)
05イミテイション・ゴールド (featuring 倉木麻衣)
B'z松本孝弘の邦楽カヴァー・プロジェクト第2弾シングル。倉木麻衣をヴォーカルに迎え、山口百恵の「イミテイション・ゴールド」が、原曲のイメージはそのままに、松本らしいヘヴィなギターが効いた作品に仕上がった。
06港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ (TAK MATSUMOTO)
07雨の街を (featuring 松田明子)
08Paper Doll (featuring Fayray)
09「いちご白書」をもう一度 (featuring 菅崎茜)
10Foggy Night (featuring 滴草由実)
11少女A (featuring 上原あずみ)
12ビュン・ビュン (featuring 川島だりあ)
13パープルタウン (“You Oughta Know By Now”〜“パープルタウン”) (featuring 竹井詩織里)
14時に愛は (featuring 宇徳敬子)
15SPINNING TOE-HOLD (TAK MATSUMOTO)
16一人〜I Stand Alone〜 (featuring Jeffrey Qwest)
17私は風 (featuring 中村由利)
仕様
スリーヴケース付き
タイアップ
  • 「勝手にしやがれ」 - フジテレビ「あなたの隣に誰かいる」挿入歌
  • 松本孝弘
    1961年3月27日、大阪府生まれのギタリスト/ミュージシャン。ロック・ユニット、B'zのメンバーとして知られる。88年のB'z結成後はユニットを中心に活動し、国内外で活躍するトップ・アーティストの一つとして高い人気を博す。ソロではブルース……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015