リンキン・パーク / ザ・ハンティング・パーティー

はてなブックマークに追加
リンキン・パーク / ザ・ハンティング・パーティー
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    THE HUNTING PARTY
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    ワーナー・ブラザーズ
  • 規格品番:
    WPCR-15728
  • 価格:
    2,457 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    リンキン・パーク / ザ・ハンティング・パーティーをAmazon.co.jpで購入するリンキン・パーク / ザ・ハンティング・パーティーを@TOWER.JPで購入するリンキン・パーク / ザ・ハンティング・パーティーをHMV.co.jpで購入するリンキン・パーク / ザ・ハンティング・パーティーを楽天ブックスで購入するリンキン・パーク / ザ・ハンティング・パーティーをTSUTAYAで購入する
    該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ガイドコメント
世界的な人気を誇るロック・バンド、リンキン・パークによる2014年6月リリースの6枚目のオリジナル・アルバム。伝説的なラッパー、ラキムをフィーチャーした先行シングル「ギルティ・オール・ザ・セイム」を含む、注目の一枚だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2014/6/16)  ⇒  6位 (6/23)  ⇒  10位 (6/30)  ⇒  17位 (7/7)  ⇒  17位 (7/14)  ⇒  18位 (7/21)  ⇒  14位 (7/28)  ⇒  25位 (8/4)  ⇒  24位 (8/11)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2014/6/16)  ⇒  1位 (6/23)  ⇒  9位 (6/30)  ⇒  10位 (7/7)  ⇒  10位 (7/14)  ⇒  12位 (7/21)  ⇒  15位 (7/28)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2014/6/16)  ⇒  2位 (6/23)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2014/6/16)  ⇒  1位 (6/23)  ⇒  5位 (6/30)  ⇒  7位 (7/7)  ⇒  5位 (7/14)  ⇒  10位 (7/21)  ⇒  9位 (7/28)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2014/6/16)  ⇒  2位 (6/23)  ⇒  7位 (6/30)  ⇒  4位 (7/7)  ⇒  3位 (7/14)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    3位 (2014/6/16)  ⇒  2位 (6/23)  ⇒  7位 (6/30)  ⇒  4位 (7/7)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2014/6/16)  ⇒  1位 (6/23)  ⇒  1位 (6/30)  ⇒  1位 (7/7)  ⇒  2位 (7/14)  ⇒  3位 (7/21)  ⇒  4位 (7/28)  ⇒  3位 (8/4)  ⇒  3位 (8/11)  ⇒  11位 (8/18)  ⇒  11位 (9/1)
収録曲
01KEYS TO THE KINGDOM
サビのフレーズでもある、“No control/No surprise〜”という闇を切り裂くようなシャウトで幕を開ける強烈なロック・チューン。シンプルかつヘヴィなリフを軸にしつつ、静と動を巧みに使い分けてダイナミズムを生み出している。
02ALL FOR NOTHING
ヘルメットのペイジ・ハミルトンをギター&ヴォーカルに迎えたナンバー。“ALL FOR NOTHING(すべてが無駄に)”というフレーズを怒りとともにぶつけ、3分半とは思えぬ重厚な物語を作り出したラップメタル・チューンだ。
03GUILTY ALL THE SAME
ヒップホップ・レジェンド、ラキムを迎えたアグレッシヴなロック・チューン。メタルのテイストも感じさせるヘヴィなサウンドで叩きつける1分半にもおよぶイントロを経て、“お前だって有罪なんだ”と繰り返しシャウトする。ラキムのラップ・パートの完成度はさすが。
04THE SUMMONING
6作目のアルバム『ザ・ハンティング・パーティー』中盤に配された短いインストゥルメンタル。1分ほどの小品ながら、少しずつクレッシェンドしていくノイズは、なにかを“召還(SUMMONING)”しているかのような予感に満ちている。
05WAR
2分と少しという短めの尺ながら、圧倒的なテンションと迫力で駆け抜けるロック・チューン。“誰が正しいのかは勝利が決める”といったフレーズがありつつ、伝わってくるのは戦争の無意味さ。怒りにまかせたようなカオティックなギター・ソロが印象的だ。
06WASTELANDS
ハネ気味のリズムとともに、腹にズッシリと響く重心の低いサウンドで攻めるロック・チューン。荒れ果てた日々への怒りを吐き捨てるようなラップを中心に進むだけに、サビでのメロディアスな展開とのコントラストが映える。
07UNTIL IT'S GONE
ミディアム・テンポで重厚かつシリアスなサウンドを作り上げたドラマティックなロック・チューン。“何を手にしたのかわからないと、それを失くしてしまうまでわからない”という言葉遊びにも似たサビのメッセージが印象的だ。
08REBELLION
システム・オブ・ア・ダウンのダロン・マラキアンをフィーチャーしたロック・チューン。デジタルなサウンドも取り入れた結果、ハードでヘヴィなテイストながら近未来な雰囲気も漂う不思議な世界を構築。“レベリオン(反逆)”というタイトルとの親和性も高い。
09MARK THE GRAVES
1分半近くにもおよぶ長くヘヴィなイントロで幕を明けるロック・チューン。全編にわたってギターが主役で、複雑なアンサンブルで広がりのあるサウンドを作り上げている。メロディアスな部分とシャウトが入り混ざったヴォーカルも印象的。
10DRAWBAR
トム・モレロ(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)を迎えたインストゥルメンタル。美しいピアノを取り入れた落ち着いたサウンドが軸となっており、壮大な映画のBGMを思わせるようなドラマティックな余韻が切なく残る。
11FINAL MASQUERADE
ミディアム・テンポで進むロック・チューン。大きな展開こそなくパターンはシンプルながら、とにかくメロディアスなヴォーカルの旋律が特長。強度の高いメロディの魅力を前面に押し出し、それを最大限にアシストする引き算のアレンジを見事になし遂げている。
12A LINE IN THE SAND
6分半以上にもおよぶ長尺なロック・チューンで、全編にわたってヘヴィなサウンドが中心となっているが、決して一辺倒とはならずストーリー性豊かな展開が見事。エモーショナルなメロディとラップ、そしてバンドのアンサンブルが一体となった一大絵巻だ。
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • リンキン・パーク
    米・カリフォルニア州ロサンゼルス出身のロック・バンド。メンバーはチェスター・ベニントン(vo)、マイク・シノダ(vo)、ブラッド・デルソン(g)、デイヴ・“フェニックス”ファレル(b)、ロブ・ボードン(ds)、ジョー・ハーン(DJ)の6名。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015