リトル・ウィリーズ / リトル・ウィリーズ [CCCD] [廃盤]

はてなブックマークに追加
リトル・ウィリーズ / リトル・ウィリーズ [CCCD] [廃盤]
CD
ミニ・レビュー
NYのロウワー・イーストサイドのバー“リビング・ルーム”から誕生したおしゃれで楽しいポップ・グループ。W.ネルソンらのアメリカン・クラシックをモダンなカントリー・タッチで楽しませる。驚くなかれ、のびやかなヴォーカルはノラ・ジョーンズ!
ガイドコメント
ノラ・ジョーンズ率いる5人組バンドの1stアルバム。オリジナル曲の他、ウィリー・ネルソンやエルヴィス・プレスリーのカヴァーを披露。各メンバーの実力もさることながら、やはりノラの圧倒的な存在感が光る。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    9位 (2006/2/27)  ⇒  10位 (3/6)  ⇒  14位 (3/13)  ⇒  17位 (3/20)  ⇒  32位 (3/27)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    12位 (2006/2/27)  ⇒  15位 (3/6)  ⇒  11位 (3/13)  ⇒  20位 (3/20)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    8位 (2006/3/13)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    9位 (2006/3/13)
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    1位 (2006/2/27)  ⇒  1位 (3/6)  ⇒  1位 (3/13)  ⇒  1位 (3/20)  ⇒  1位 (3/27)  ⇒  2位 (4/3)  ⇒  2位 (4/10)  ⇒  2位 (4/17)  ⇒  4位 (4/24)  ⇒  4位 (5/1)  ⇒  5位 (5/8)  ⇒  7位 (5/15)  ⇒  9位 (5/22)  ⇒  6位 (5/29)  ⇒  7位 (6/5)  ⇒  5位 (6/12)  ⇒  10位 (6/19)  ⇒  11位 (6/26)  ⇒  20位 (7/3)
収録曲
01ROLY - POLY
跳ねるような陽気なインストから始まり、ノラとリチャードの息のピッタリ合ったヴォーカルが絶妙なウェスタン・スウィング・ナンバー。メンバーのかけ声も入ったりと楽しい雰囲気に満ちているこの曲は、食べることを我慢できない少年の歌。
02I'LL NEVER GET OUT OF THIS WORLD ALIVE
ハンク・ウィリアムスが最後にレコーディングしたという逸話つきの曲で、カントリーとR&Bを融合させたかのようなビートが効いたミドル・テンポ・ナンバー。リチャードのヴォーカル、ノラのハーモニー、ジムのエレキの絡み合いが心地良い。
03LOVE ME
エルヴィス・プレスリーのヒット曲をノラがブルース心を添えて軽やかに、そして、熱い気持ちで歌うブルージィなナンバー。演奏はノラのサポートといった感じで溶け込んでいて、やはり彼女が弾くピアノが何よりも魅力的だ。
04IT'S NOT YOU IT'S ME
ゆったりと漂うほんわかしたカントリーをイメージさせるリズムに、対照的ともいえるような別れを告げる内容の歌詞を、ノラが少し寂しげに歌うナンバー。ノラに寄り添うようなリチャードのハーモニーや静かに物語るギターが心を魅了する。
05BEST OF ALL POSSIBLE WORLDS
クリス・クリストファーソンが70年に発表した1stアルバムからの曲で、リチャードのヴォーカルが見事にはまったカントリー・ソング。リズム感覚抜群なドラミングが演奏をリードしていき、お互いの楽器が会話をしているかのように鳴り響く。
06NO PLACE TO FALL
テキサス・フォークの最重要人物、タウンズ・ヴァン・ザントの曲。それぞれの音の質がクリアに伝わったシンプルな構成のサウンドに、リチャードの儚げなヴォーカルが胸を締めつけるバラード・ナンバー。ノラのハーモニーがそっと添えられている。
07ROLL ON
ベーシスト、リー・アレキサンダーのオリジナル曲。ニューヨーク・テイストが効いたフォーク〜カントリーを凌駕するスウィート・ナンバー。ノラの透き通るようなヴォーカルに柔らかいエレキ・ギターが全体を包み込む。
08I GOTTA GET DRUNK
ウィリー・ネルソンの曲をノラの放つ独特なヴォーカルでさらに魅力的なものとなったカントリー・ソングのカヴァー。ジム・カンビロンゴによる陽気なギター・フレーズが、とめどなく溢れてくるさまも必聴ポイント!
09STREETS OF BALTIMORE
トムポール・グレイザーとハーラン・ハワードの共作。テネシーからボルティモアにかけてのストーリーが、リチャードによって情緒豊かに歌われるポップ・ナンバー。爽やかに跳ねるピアノとハーモニーはノラによるもの。
10EASY AS THE RAIN
ジムとリチャードによる共作。ジムの両親のために作曲した曲でもあり、二人の解釈がとても美しいストーリーを描くバラード・ナンバー。リチャードとノラのデュオによるイマジネーション豊かなヴォーカルに魅了されて楽しい楽曲だ。
11TENNESSEE STUD
「1,2 ,」とかけ声で始まる南部男の物語が、安定したリズム隊とリチャード&ノラによって陽気に歌われるカントリー・ナンバー。曲間のギター・ソロがたまらなくかっこいい! 民謡歌手、ジミー・ドリフトウッドのナンバーのカヴァー。
12NIGHT LIFE
メンバー全員がリスペクトしているというウィリー・ネルソンの代表曲のカヴァー。ノラのブルージィな歌声が辺りに響きわたるかのごとく輝いているブルース・ナンバー。楽器群は各々のブルースを追及した美しさを秘めている。
13LOU REED
リチャードとリーが長い距離のドライヴで笑いながら作曲した、という冗談の中から生まれた曲。リチャードとノラによる遊び心溢れるヴォーカルに、ゆったりとした陽気な演奏が微笑ましいポップ・ナンバー。
仕様
SecureCD
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳/ライナーノート
アーティスト
  • リトル・ウィリーズ
    ノラ・ジョーンズ(p、vo)、リー・アレキサンダー(b)、リチャード・ジュリアン(g、vo)、ジム・カンピロンゴ(g)、ダン・ライザー(ds)の5人組。ノラのアルバムをプロデュースするリーと、ノラとは大学時代に知り合ったリチャードなど、旧知……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[特集] 〽玉川太福のまるごとぉぉぉぉぉ『浪曲師 玉川太福読本』
[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース
[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー![インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015