ザ・ニュー・マスター・サウンズ / ザ・ナッシュヴィル・セッション [紙ジャケット仕様] [限定]

はてなブックマークに追加
ザ・ニュー・マスター・サウンズ / ザ・ナッシュヴィル・セッション [紙ジャケット仕様] [限定]
CD
ミニ・レビュー
録音は2015年11月。ナッシュヴィルの“Welcome To 1979”スタジオでアナログ・レコーディング、しかも一発録り。キャリアの初期作から選曲、再演していることもあり、スタジオ・ライヴ仕様のベスト盤といった趣も。ディープ・ファンクへのこだわりをうかがわせる一方、どことなく薄味なところもお変わりなく。
ガイドコメント
ファンク・バンド界の頂点に君臨するニュー・マスターサウンズのスタジオ・ライヴ・アルバム。2015年11月9日、テネシー州ナッシュヴィルにて収録されたもので、とりわけファンキーな楽曲を選び、圧巻のプレイを展開している。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    15位 (2016/11/28)  ⇒  9位 (12/5)  ⇒  13位 (12/12)  ⇒  18位 (12/19)
収録曲
01ONE NOTE BROWN
02COMING UP ROSES
03BURNT BACK
04DROP IT DOWN
05THE MINX
06102%
07CARROT JUICE
08THE VANDENBURG SUITE
09MADE FOR PLEASURE
10IN THE MIDDLE
11SOULSHINE
12MONDAY METERS
13MAKE ME PROUND!
(11)(12)(13)ボーナストラック
仕様
紙ジャケット仕様
演奏
EDDIE ROBERTS(G) SIMON ALLEN(DS) PETE SHAND(B) JOE TATTON(OG) 他
録音
2015.11
封入特典
  • 解説
アーティスト
  • ザ・ニュー・マスターサウンズ
    英・リーズを拠点とするインスト・ファンク・バンド。メンバーはエディー・ロバーツ(g)、サイモン・アレン(ds)、ピート・シャッド(b)、ジョー・タットン(og)の4名。1999年にロバーツを中心に結成。ディープ・ファンク・ムーヴメントの中心……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[特集] 〽玉川太福のまるごとぉぉぉぉぉ『浪曲師 玉川太福読本』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015