UVERworld / THE ONE

はてなブックマークに追加
UVERworld / THE ONE
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    THE ONE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    gr8! records
  • 規格品番:
    SRCL-8157
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    UVERworld / THE ONEをAmazon.co.jpで購入するUVERworld / THE ONEをHMV.co.jpで購入するUVERworld / THE ONEを楽天ブックスで購入するUVERworld / THE ONEを@TOWER.JPで購入する
    UVERworld / THE ONEを山野楽器で購入するUVERworld / THE ONEをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ガイドコメント
前作『LIFE 6 SENSE』に続く、2012年11月28日リリースの7thアルバム。「BABY BORN & GO」「KINJITO」「7th Trigger」「THE OVER」といったシングルを含む、画期的なアルバムとなっている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    5位 (2012/11/26)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    4位 (2012/11/26)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2012/11/26)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2012/11/26)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    4位 (2012/11/26)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    3位 (2012/11/26)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    3位 (2012/11/26)
収録曲
01THE ONE (SE)
“情熱は、足りているか?”をキャッチコピーとした7枚目のアルバム『THE ONE』のオープニングを飾る、約40秒のイントロダクション。有坂美香のスキャットとクラップからデジタルなパートへと展開するSEトラックだ。
027th Trigger
ヘヴィで鋼鉄なアッパー・サウンドとは対照的な心弾むような口笛が印象的な21stシングル。6発打ちのリボルバー銃の7番目の“引き金”は何か……自分が決めた理想へ向け、今こそ決断の引き金を引けと告げるメッセージが痛切に突き刺さる。
03Don't Think.Feel
アルバム『THE ONE』のリード曲となった、武骨で切れ味鋭いミクスチャー・アップ。ブルース・リーの言葉でも知られる“考えるな、感じろ”を冠し、自分がなり得る姿を求めて無心に走り続けろと自他ともに叱咤している。
04LIMITLESS
ファンキーなホーン、疾走するギター・カッティングなど、目まぐるしく表情を変えるアレンジがこの曲のキモ。来たるべき瞬間を逃すなという人生訓ともいえるメッセージを、オルタナティヴでグルーヴィなロックで焚きつけるように放っている。
0523ワード
ポエトリーリーディング風のラップ・パートを導入したミクスチャー・ロック。本気の志を認め合った男同士=“兄弟”へ送る熱いメッセージ・ソングで、険しい道のりをともに戦っていこうぜと噛みしめるように語る。サックスが鳴るジャジィな終盤は、粋な演出。
06KINJITO (LIVE intro ver.)
「BABY BORN & GO」と両A面の20thシングルのライヴ仕様イントロ版。今の苦悩を乗り越えて輝ける未来を掴みとるんだろ? と自答し叱咤激励。後半から展開するジャジィ・ヒップホップ的なアプローチと絡まる精悍なロックが、実にストイックだ。
07THE OVER
TBS系ドラマ『黒の女教師』主題歌となった22ndシングル。ここで言及するのは、もう終わりだという“諦め”と今を“超えてやる”という二つの“OVER”。これまでの逃げてばかりの自分に別れを告げ、君という愛を手にしたいと吐露する不器用なラヴ・ソングだ。
08此処から
ア・カペラやヴォイスパーカッションを大胆に採り入れたミディアム・ラヴ・バラード。これだと決めたものはこの手に一つあればいいと、君への一途な想いを語る。オーガニックなテイストが強いだけに、生身の温かさが感じられる曲となっている。
09REVERSI
タイトルは逆転のほかに“オセロ”の意も。序盤は負けていてもそこから大胆に逆転して、人生に白黒つけようぜと言い放つ。エモ風の疾走するロックながら、ジャム的な要素も加えたグルーヴィなトラックが魅力。映画『青の祓魔師』主題歌起用の23rdシングル。
10バーベル (皇帝の新しい服 album ver.)
皇帝、服飾人、家来、民衆との会話形式で綴る、新説「裸の王様」。馬鹿の目には映らない特殊な服を着たのは“筋肉を見せたかったから”とコミカルな筋立てだが、シニカルな匂いがプンプン。愚話を切り裂く鋭利で重厚なアッパー・ロックだ。
11BABY BORN&GO
便利なものに囲まれた現代、失った人間の本能や人間性を取り戻せと言い放つ20thシングル。サックスとパーカッションによるジャジィなアクセントが新鮮。妖艶かつストリート的な露骨さが粋な演出をするミクスチャー・ロックだ。
12AWAYOKUBA-斬る (LIVE intro ver.)
弦一徹ストリングスによる流麗な弦を冒頭に導入した、約7分半におよぶライヴ・イントロ・ヴァージョン。愛を育てるには時間が必要だ……究極の愛とは何かを自答する、哲学的なアプローチによるラヴ・ソング。劇的な展開によるオルタナ的なロック・サウンドが響く。
13NOWHERE boy
どこにも居場所がないと心を閉ざしている自分自身へ、巡り逢えることの素晴らしさを捨てていないかと投げかける。ギターやドラム、鍵盤などが奏でる、ホロ苦さと切なさがちらつく曲調が胸にヒリヒリと染みるナンバーだ。
アーティスト
  • UVERworld
    滋賀県出身の日本のロック・バンド。名前は“超える”を意味するドイツ語を変形させた“UVER”と“world”を繋げ、“自分たちの世界を超えて広がる”の意。オルタナティヴやミクスチャーを軸とした独創的なサウンドと若い世代への共感を呼ぶ詞世界が……
  • 同時発売作品
    UVERworld / THE ONE [CD+DVD] [限定]
    SRCL-8155〜6   3,524円+税   2012/11/28 発売
    UVERworld / THE ONE [CD+DVD] [限定]をamazon.co.jpで購入するUVERworld / THE ONE [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入するUVERworld / THE ONE [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入するUVERworld / THE ONE [CD+DVD] [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するUVERworld / THE ONE [CD+DVD] [限定]を山野楽器で購入するUVERworld / THE ONE [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    前作『LIFE 6 SENSE』に続く、2012年11月28日リリースの7thアルバム。「BABY BORN & GO」「KINJITO」「7th Trigger」「THE OVER」といったシングル……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015