デス・フロム・アバヴ1979 / フィジカル・ワールド [デジパック仕様]

はてなブックマークに追加
デス・フロム・アバヴ1979 / フィジカル・ワールド [デジパック仕様]
CD
デジパック仕様
ミニ・レビュー
ベース/シンセとドラム/ヴォーカルの二人編成でラウドなガレージ・ロックを鳴らす、カナダはトロント出身バンドのセカンド。ラウド感やアグレッシブさは不変ながら、メロディもサウンドも洗練されキャッチーさを増したのが成長の跡。21世紀のヘヴィ・ロックとしてのモダンさを身に着けたのが聴きどころ。
ガイドコメント
ドラム兼ヴォーカルとベースの二人組、デス・フロム・アバブ 1979が10年ぶりにリリースした2ndフル・アルバム。轟音ベースとタイトなドラム、ポップなメロディで中毒性のある唯一無二のサウンドを完成させた。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    28位 (2014/9/8)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    7位 (2014/9/8)  ⇒  9位 (9/15)
収録曲
01CHEAP TALK
02RIGHT ON, FRANKENSTEIN!
03VIRGINS
04ALWAYS ON
05CRYSTAL BALL
06WHITE IS RED
07TRAINWRECK 1979
08NOTHING LEFT
09GOVERNMENT TRASH
10GEMINI
11THE PHYSICAL WORLD
12TRAINWRECK 1979
(12)ボーナストラック
仕様
デジパック仕様
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • デス・フロム・アバヴ 1979
    カナダのトロント出身。ジェス・F・ケラー(b、syn)と、セバスチャン・グレイグナー (ds、vo)の2人によるユニット。04年『ユー・アー・ウーマン、アイム・ア・マシーン』で日本デビュー。元々のバンド名デス・フロム・アバヴに対して、プロデ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015