スエミツ・アンド・ザ・スエミス / ピアノ・イッツ・ミー [2CD] [限定]

はてなブックマークに追加
スエミツ・アンド・ザ・スエミス / ピアノ・イッツ・ミー [2CD] [限定]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    THE PIANO IT'S ME
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    Ki / oon
  • 規格品番:
    KSCL-1162〜3
  • 価格:
    3,200 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    スエミツ・アンド・ザ・スエミス / ピアノ・イッツ・ミー [2CD] [限定]をAmazon.co.jpで購入するスエミツ・アンド・ザ・スエミス / ピアノ・イッツ・ミー [2CD] [限定]を@TOWER.JPで購入するスエミツ・アンド・ザ・スエミス / ピアノ・イッツ・ミー [2CD] [限定]をHMV.co.jpで購入するスエミツ・アンド・ザ・スエミス / ピアノ・イッツ・ミー [2CD] [限定]を楽天ブックスで購入するスエミツ・アンド・ザ・スエミス / ピアノ・イッツ・ミー [2CD] [限定]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
ひと昔前なら“日本のベン・フォールズ”と呼ばれていたかもしれないピアノマンのメジャー・デビュー作。カラフルなメロディとぎっしり音が詰め込まれたキャッチーかつダイナミックな純正ポップス。どの曲にも耳に良くなじむ明快なフックが用意されていて感心。
ガイドコメント
SUEMITSU&THE SUEMITHの1stアルバム。アニメ『のだめカンタービレ』のオープニング曲「Allegro Cantabile」などを収録。クラシックとロックを融合させた絶妙のサウンドが魅力だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    7位 (2007/3/19)  ⇒  19位 (3/26)  ⇒  39位 (4/2)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    6位 (2007/3/19)  ⇒  10位 (3/26)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    10位 (2007/3/19)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    7位 (2007/3/19)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    6位 (2007/3/19)  ⇒  11位 (3/26)  ⇒  11位 (4/2)
収録曲
[Disc 1]
01The Piano It's “SUEMITSU”
ピアノと弦楽器による美しいエチュード風のナンバー。“自分とピアノは一心同体”という思いを、子供の頃の彼と今の彼が交互に語り合う印象的なデュエットに仕上げている。天使のように清らかに響く、男の子の歌声がかわいらしい。
02Saga
キャッチーなメロディが開放感たっぷりに疾走するピアノ・ポップ。未来に希望と自信を持って突き進んでいくことの大切さを、率直な言葉で描いている。シンセを使わない生音による録音というこだわりが、音楽に厚みを生んでいる。
03100 Strawberries
元気の出る爽快なロック・チューン。彼らしいテンポの速い音楽にピアノとトランペット、そしてサックスが鮮やかに踊る様子が気持ち良い。性急に突き進むサウンドに乗せて、恋人の嘘に翻弄される複雑な男心をファンタジックに綴っている。
04The Soda Fountain
懐かしい歌謡曲の要素を取り入れた、爽やかなポップ・チューン。流麗なストリングスの音色とトランペットの華やかな音が、弾むように明るいピアノ演奏を盛り上げている。少年のように甘く素直な歌声は清涼感たっぷりだ。
05Night Walking Miss Lonesome
トランペットとサックスの力強いサウンドが曲をリードするミディアム・ポップ。“感情的で押し付けがましい詞”を嫌う彼の、いかようにも受け取れる励ましの言葉が、心の中に染み込んでくる。彼の音楽の深遠さを物語っている一曲。
06 (U Have)The Alternatives
遠くに響くピアノの連打に激しいドラムがなだれ込む、激情的に突き進む疾走型ポップ。チャンスが訪れた時に迫られる、受けるか受けないかの選択。音楽の道を選んだ彼の一途な感情を、胸をかき立てるような音と詞で体現している。
07White Cat Waltz
三拍子の幻想的でかわいらしいワルツ。曲の幕開けの、男の子のつぶやきや猫の鳴き声が現れては消えていく、夢のような構成が心を和ませる。内側から湧き上がる抽象的な思いを連ねた言葉に、生きてきた環境や葛藤がにじみ出ている。
08Sonatine
クラシックのエッセンスをちりばめた、限りなくやさしいメロディが展開するミディアム・チューン。スエミツの弾くピアノとストリングスが放つまぶしいきらめきは、せつなさ入り混じり、どことなくセンチメンタルを感じさせる。
09Pansy
80年代風の懐かしいメロディが郷愁的に煌めくミディアム・ポップ。弾み流れるように奏でられるピアノに、激しい泣きのギター・リフが荒れ狂う終盤は圧巻。丁寧なサウンド・アレンジが聴く者を引きつけてやまない一曲。
10Soul Concatenation
高音の繊細なピアノが美しく切ないバラード。終始ダブ処理しているヴォーカルも、曲全体に静謐で柔らかな雰囲気を生んでいる。美しい言葉をちりばめた象徴的な詞が、独特の清涼感をひたひたと漂わせている。
〈Single Tracks 06-07〉
11Sherbet Snow and the Airplane
彼のピアノ・ロックの原点となった曲。軽快に走るドラムとジェリー・リー・ルイスを思わせる叩きつけるようなピアノが、嵐のごとく吹き荒れる。ドラム・パターンやギター・リフの役割をこなすピアノに、突出した才能が垣間見られる作品。
12Astaire
パワフルかつポップなピアノ、ソウルフルに飛び跳ねるビート、そして、ダイナミックかつカラフルな広がりを感じさせてくれるメロディ。SUEMITSU&THE SUEMITHのポップ・サイドがストレートに表現されたナンバー。
13Sunday'z Sun
14Allegro Cantabile
フジテレビ系アニメ『のだめカンタービレ』オープニング・テーマとなる爽やかで色鮮やかなポップ・チューン。高揚感のあるドラマティックでグルーヴィに舞い踊る旋律や“88の場面の〜”と鍵盤数から始まるリリックなど、ピアノとリンクした楽曲となっている。
[Disc 2]〈3 Pieces for Piano and Chamber Orchestra-ピアノと室内オーケストラのための3つの小品〉
01Tuning
02Allegro Cantabile (Piano and String Orchestra)
フジテレビ系アニメ『のだめカンタービレ』オープニング・テーマとなる爽やかで色鮮やかなポップ・チューン。高揚感のあるドラマティックでグルーヴィに舞い踊る旋律や“88の場面の〜”と鍵盤数から始まるリリックなど、ピアノとリンクした楽曲となっている。
03The Piano It's “SUEMITSU” (Piano and String Orchestra)
ピアノと弦楽器による美しいエチュード風のナンバー。“自分とピアノは一心同体”という思いを、子供の頃の彼と今の彼が交互に語り合う印象的なデュエットに仕上げている。天使のように清らかに響く、男の子の歌声がかわいらしい。
04Arabesque (Piano and Woodwind Ensemble)
メロウなメロディで聴かせるロッカ・バラード。こういった曲調だとピアノの音が見せる感情がより豊かで、グランドピアノ・バンドという形態の特性を最も活かした曲だといえる。何度聴いてもまったく飽きがこない名曲。
[2](1)(2)(3)(4)ボーナストラック
タイアップ
  • 「Allegro Cantabile」 - フジテレビ「のだめカンタービレ」オープニングテーマ
  • 「Allegro Cantabile」 - XING「ポケメロJOYSOUND」TV-CMソング
  • 「Astaire」 - XING「ポケメロJOYSOUND」TV-CMソング
  • 「Astaire」 - TBS「花嫁は厄年ッ!」主題歌
  • 「Sunday'z Sun」 - テレビ東京「JAPAN COUNTDOWN」エンディングテーマ
  • 「Sunday'z Sun」 - XING「ポケメロJOYSOUND」TV-CMソング
アーティスト
  • 末光篤(SUEMITSU&THE SUEMITH)
    1971年6月4日生まれ、広島県出身のミュージシャン。名古屋音楽大学出身。2006年、SUEMITSU & THE SUEMITHとしてメジャー・デビュー。「Astaire」「Allegro Cantabile」といったヒットを放つほか、木……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “全曲シングル”なコンピレーション『SLENDERIE ideal』発売記念!藤井 隆×吉田 豪[特集] アルチザン・筒美京平の魅力 [対論]萩原健太×湯浅 学
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
[インタビュー] まちがいさがし、話題の自己内省音楽的4人組、ついに1stフル・アルバムをリリース[インタビュー] 石丸幹二、デビュー30周年を迎えたミュージカル・スターが、ベスト盤とデュエット・アルバムを同時リリース
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015