J.J.ケイル&エリック・クラプトン / ザ・ロード・トゥ・エスコンディード

はてなブックマークに追加
J.J.ケイル&エリック・クラプトン / ザ・ロード・トゥ・エスコンディード
CD
  • 原題:
    THE ROAD TO ESCONDIDO
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    リプリーズ
  • 規格品番:
    WPCR-12495
  • 価格:
    2,702 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    J.J.ケイル&エリック・クラプトン / ザ・ロード・トゥ・エスコンディードをAmazon.co.jpで購入するJ.J.ケイル&エリック・クラプトン / ザ・ロード・トゥ・エスコンディードを@TOWER.JPで購入するJ.J.ケイル&エリック・クラプトン / ザ・ロード・トゥ・エスコンディードをHMV.co.jpで購入するJ.J.ケイル&エリック・クラプトン / ザ・ロード・トゥ・エスコンディードを楽天ブックスで購入するJ.J.ケイル&エリック・クラプトン / ザ・ロード・トゥ・エスコンディードをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
目新しいことは何もないが、互いを引き立てつつ演奏されるギターの音色、渋い歌声が胸に沁みてくる。クラプトンの「アフター・ミッドナイト」でケイルを知った、という世代には歓喜に打ち震えること間違いなしの、素敵な爺様二人によるコラボ作品。★
ガイドコメント
クラプトンが敬愛して「コカイン」「アフター・ミッドナイト」などをカヴァーしている、J.J.ケイルとの夢のコラボレーション・アルバム。クラプトンの共演作品はB.B.キング以来、約6年ぶりだ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    6位 (2006/11/6)  ⇒  13位 (11/13)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    4位 (2006/11/6)  ⇒  11位 (11/13)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    5位 (2006/11/6)  ⇒  5位 (11/13)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    4位 (2006/11/6)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    4位 (2006/11/6)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    8位 (2006/11/6)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2006/11/6)  ⇒  2位 (11/13)  ⇒  12位 (11/20)
収録曲
01DANGER
70年代初期のレイド・バック・サウンドを今風にアップ・トゥ・デイトした感じの曲。クラプトンのくつろいだ歌唱と間奏のケイルのギター、ビリー・プレストンのオルガンが有機的に絡まり、実にいい雰囲気を醸し出している。
02HEADS IN GEORGIA
J.J.ケイルの作によるスロー・ブルース。米南部から西海岸へ向かう男の浮き草めいた姿と心情を綴った詞を、ケイルとクラプトンが渋い喉でじっくりと歌い込んでいる。翳りの中に深い味わいが宿るナンバーだ。
03MISSING PERSON
シャッフル調のリズムが心地よい、J.J.ケイルの作品。ギター・アンサンブル用の曲といっても過言ではないナンバーで、複数のギターがそれぞれの持ち味を十分に引き出しつつ、互いにサポートし合っている。
04WHEN THIS WAR IS OVER
軽快なカントリー・ロック調のリズムに乗せて、戦争の無意味さや愚かさバカさ加減を訴えるメッセージ・ソング。ケイルにこんな曲を書かせ、クラプトンが歌う今の世の中って何? そんな思いが頭をよぎる1曲。
05SPORTING LIFE BLUES
多くのブルース・マンが取り上げた、ブラウニー・マッギー作のブルース・クラシック。タジ・マハールのハーモニカを加えたシンプルな演奏をバックに、クラプトン&ケイルが滋味あふれる歌声を聴かせている。
06DEAD END ROAD
デニス・カプリンガーのフィドルが全編にわたってフィーチャーされた、オルタナ・カントリーの要素も含むJ.J.ケイルの作品。ドライヴ感あふれるサウンドに乗って、クラプトンが張りのある歌唱を披露している。
07IT'S EASY
懐かしのスワンプ・ロックを現代に甦らせた、そんな雰囲気のアーシーなナンバー。生ギター、スライド・ギターがツボを押さえたサウンドを提供するなかで、ケイルとクラプトンが息の合った掛け合いを聴かせている。
08HARD TO THRILL
ギタリスト、ジョン・メイヤーとクラプトンの共作によるマイナー調のブルース。枯れた味わいのギター、ヴォーカルの中に何ともいえないコクが宿り、ジワジワと効いてくる1曲。間奏のピアノが実に効果的だ。
09ANYWAY THE WIND BLOWS
ケイルが1974年に発表した『オーキー』収録曲のリメイク。ブッといギターが唸りをあげるハードなナンバーにアレンジされており、ケイルとクラプトンともに60歳過ぎとは思えない若々しいプレイを披露している。
10THREE LITTLE GIRLS
クラプトンの作詞/作曲による、彼の3人の娘たちに捧げられたナンバー。娘たちの実名を盛り込んだ愛情と感謝の念のこもった詞を、フォーキーなサウンドをバックに歌う姿は、実に微笑ましくほのぼのとしている。
11DON'T CRY SISTER
1979年にケイルが発表したアルバム『5』に収録されていた曲のリメイク。マーク・ノップラーも憧れて手本とした、ケイル独特のギター・ワークをたっぷりと堪能できる。オールド・ファン感涙の必殺チューンだ。
12LAST WILL AND TESTAMENT
リラックスした雰囲気のミディアム・チューンで、メロディのそこかしこにJ.J.ケイルらしさがにじみ出ている。全編にわたり泣きのギターがフィーチャーされ、いやがうえにも気分が昂揚してくる……そんな1曲だ。
13WHO AM I TELLING YOU?
緩やかなテンポのなか、キャリア40年以上の2人だからこそ出せる深い味わいが、聴き進むうち胸に沁みてくるナンバー。クラプトンの柔らかな歌唱に和み、間奏のブルージィなギターに酔う、地味だけど滋味な逸品だ。
14RIDE THE RIVER
カントリーのリズムも採り入れたケイルの作品。言葉以上に雄弁な、ケイルとクラプトンによるギター・バトルならぬギター・コミュニケーションがたっぷりと楽しめる、アップ・テンポのご機嫌なロック・ナンバー。
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • エリック・クラプトン
    1945年3月30日生まれ、英・サリー州リプリー出身のミュージシャン。本名はエリック・パトリック・クラプトン。ジェフ・ベック、ジミー・ペイジと並ぶ“世界三大ロック・ギタリスト”と称される。63年のヤードバーズを皮切りに、ジョン・メイオール&……
  • J.J.ケイル
    1938年12月5日、米国オクラホマ生まれ。シンガー・ソングライター/ギタリスト。1958年に初シングル「Shock Hop/Sneaky」をリリース。その後『A Trip Down The Sunset Strip』(1966年)、『Na……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015