Gackt / THE SIXTH DAY〜SINGLE COLLECTION〜

はてなブックマークに追加
Gackt / THE SIXTH DAY〜SINGLE COLLECTION〜
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    THE SIXTH DAY - SINGLE COLLECTION -
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    GENESIS WORLD
  • 規格品番:
    CRCP-40055
  • 価格:
    3,000 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Gackt / THE SIXTH DAY〜SINGLE COLLECTION〜をAmazon.co.jpで購入するGackt / THE SIXTH DAY〜SINGLE COLLECTION〜を@TOWER.JPで購入するGackt / THE SIXTH DAY〜SINGLE COLLECTION〜をHMV.co.jpで購入するGackt / THE SIXTH DAY〜SINGLE COLLECTION〜を楽天ブックスで購入するGackt / THE SIXTH DAY〜SINGLE COLLECTION〜をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
99年春のソロ・デビュー作「Mizerable」に始まるこれまでのシングル曲を集め、あらためてリミックスされた作品。いずれの楽曲もチャート10位以内にランキングされた実績を持つ。一貫した耽美的な世界観を堪能できる一枚。本作自体もチャート初登場3位。
ガイドコメント
ファン待望、Gacktのベスト・アルバムが登場。1999年の「Mizerable」から2003年11月の「Last Song」までのシングル・ナンバーを網羅した、決定版ともいえる1枚だ。
ガイドコメント
ファン待望、Gacktのベスト・アルバムが登場。99年の「Mize〓rable」から2003年11月の「Last Song」までのシングル・ナンバーを網羅した、決定版ともいえる1枚だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    7位 (2004/2/23)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    18位 (2004/2/23)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    4位 (2004/2/23)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    4位 (2004/2/23)  ⇒  18位 (3/1)
収録曲
01OASIS
2000年発表の4thシングル。一部Cメロでファルセットで歌われている点以外は完全なロック調。サビは透った声で歌われているが軽いシャウトも使われている。
02鶺鴒〜seki-ray〜
歌いだしは静かに、つぶやくように低音で歌われており、ゆったりと世界に送り込まれるのだが、サビでは急に激しくなり、きれいな高音が頭に直接響く。そのギャップに驚くとともに音域の広さに舌を巻く。
03Secret Garden
囁くような歌い方に始まり、かなり低いキーのハモリが印象的な2000年発表作。サビでは一気に高音にシフト・チェンジ、見事なファルセット・ヴォイスが堪能できる。
04君が追いかけた夢
2003年に発表された曲で、夢を追いかけている人を男女問わず応援した一曲。出だしはゆったりと、サビでは激しく歌い上げられており、歌詞を見ずとも元気が出てくる。サビのハモリも必聴。
05忘れないから
2002年に発表され、フジカラー「デジカメプリント」のタイアップ曲として使用された。気持ちの良い曲調のロックで、Gacktの透る声にきれいなハモリが重なり、透き通った曲調を生んでいる。
06月の詩
2003年発表され、アニメ『TEXHNOLYZE』のエンディング・テーマに使われた。アコースティック・ギターをバックにゆったりと、時には力強く歌われるバラード曲で終盤のファルセットが気持ちいい。
07Mirror
2000年発表の3rdシングル。曲調はロックなのだが、ヴァイオリンとGacktの声にハモリが高貴で可憐な印象を与えてくれる。歌詞に登場する「僕」が誰(何)なのかは聴く人次第か。
08Vanilla
力強くて骨太な歌声が魅力のGackt。バックのホーン隊が妖艶な雰囲気を作り出し、彼の西洋的で不思議な世界を確立させる。本気で人を愛することは、人生に何度あるのだろうか。一人の女性にのめり込み、“溺れるほど愛する”主人公の、切なくも熱い物語。
09Mizerable- MIZノRABLE -
MALICE MIZERを脱退したGacktのソロ・デビュー作より。スローなオープニングから、サビへ近づくにつれて激しく曲調が変化。かといって激し過ぎず、ヴァイオリンと透き通るような歌声が見事にマッチしている。
10Lu:na
2002年発表アルバム『MOON』に収録され、その後ビデオ『新・北斗の拳』のオープニング・テーマ曲として抜擢される。ロック調でシャウトをしているにも関わらず、うるささよりも心地よさが先行する。
11Last Song
別れてしまった恋人への未練を歌った一曲。出だしはスロー・テンポなバラード曲なのだが、サビでは豹変し、激しく、しかしキレイに歌われている。失恋ソングにもかかわらず、思わず聴き惚れてしまう。
12ANOTHER WORLD
Gacktの曲としては珍しくテンポの速いハード・ロック。短い曲なのだが、十二分に盛り上がらせてくれる雰囲気でまったく飽きないので、友達と過ごしている時はもちろん、長距離や夜間のドライブ中などにお薦め。
13君のためにできること
歌いだしから高音に始まり、きれいな声と合わさって世界へ引き込まれる。バラードではなくロック調で歌われているが、ラヴ・ソングとも励ましソングとも言えるこの歌は失恋中の方に特にお薦め。
14再会〜Story〜
デビュー・アルバム『Mizerable』に収録されていたインスト曲に歌詞をつけ、2000年にシングルとして発売したのがこの曲。もとがインストというきれいなメロディにうまく詞をのせている。
タイアップ
  • 「Vanilla」 - たかの友梨ビューティクリニック
アーティスト
  • GACKT
    7月4日生まれ、沖縄県出身のシンガー・ソングライター/俳優。MALICE MIZERの2代目ヴォーカリストとして活動後、ソロ活動を開始。1999年のシングル「Mize rable」をはじめ、バンド時代の耽美的で妖しい音楽世界はそのままにファ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
[インタビュー] まちがいさがし、話題の自己内省音楽的4人組、ついに1stフル・アルバムをリリース[インタビュー] 石丸幹二、デビュー30周年を迎えたミュージカル・スターが、ベスト盤とデュエット・アルバムを同時リリース
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015