ベン・フォールズ・ファイヴ / サウンド・オブ・ザ・ライフ・オブ・マインド

はてなブックマークに追加
ベン・フォールズ・ファイヴ / サウンド・オブ・ザ・ライフ・オブ・マインド
CD
ミニ・レビュー
ピアノを中心に据えたギター・レスの3ピース・バンドの再結成第1弾、13年ぶりのオリジナル。よりポップに研ぎ澄まされたような楽曲は粒ぞろい。ピアノを真ん中にした独特のアンサンブルは健在、むしろ今の方が生き生きとした躍動感に包まれ、再始動の喜びが感じられる。★
ガイドコメント
ピアノをメインにしたギター・レスの3ピース・バンド、ベン・フォールズ・ファイヴが再結成。人懐っこいインディ・ロック・サウンドと洗練されたサウンド&メロディが融合した、再出発を飾るにふさわしい一枚となっている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    17位 (2012/9/24)  ⇒  23位 (10/1)  ⇒  32位 (10/8)  ⇒  38位 (10/15)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    20位 (2012/9/24)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    4位 (2012/9/24)  ⇒  7位 (10/1)  ⇒  10位 (10/8)  ⇒  14位 (10/15)  ⇒  14位 (10/22)
収録曲
01ERASE ME
02MICHAEL PRAYTOR, FIVE YEARS LATER
03SKY HIGH
04THE SOUND OF THE LIFE OF THE MIND
05ON BEING FRANK
06DRAW A CROWD
07DO IT ANYWAY
08HOLD THAT THOUGHT
09AWAY WHEN YOU WERE HERE
10THANK YOU FOR BREAKING MY HEART
11TELL ME WHAT I DID
12STUMBLIN' HOME WINTER BLUES
13THANK YOU FOR BREAKING MY HEART
(11)(12)(13)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • ベン・フォールズ・ファイヴ
    1993年にベン・フォールズ(vo、key)を中心に米国ノース・キャロライナ州で結成されたピアノとベース、ドラムスのロック・トリオ。1995年に『ベン・フォールズ・ファイヴ』でアルバム・デビュー。ピアノを軸に据えたポップで品のよい甘さのメロ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015