GARNET CROW / THE TWILIGHT VALLEY [デジパック仕様]

はてなブックマークに追加
GARNET CROW / THE TWILIGHT VALLEY [デジパック仕様]
CD
デジパック仕様
  • アーティスト:
  • 原題:
    THE TWILIGHT VALLEY
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ギザ
  • 規格品番:
    GZCA-5092
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    GARNET CROW / THE TWILIGHT VALLEY [デジパック仕様]をAmazon.co.jpで購入するGARNET CROW / THE TWILIGHT VALLEY [デジパック仕様]をHMV.co.jpで購入するGARNET CROW / THE TWILIGHT VALLEY [デジパック仕様]を楽天ブックスで購入するGARNET CROW / THE TWILIGHT VALLEY [デジパック仕様]を@TOWER.JPで購入する
    GARNET CROW / THE TWILIGHT VALLEY [デジパック仕様]を山野楽器で購入するGARNET CROW / THE TWILIGHT VALLEY [デジパック仕様]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
女性二人、男性二人のクリエイター集団の5枚目のアルバムは、愛の葛藤や失意の旅立ち、幼児期の思い出など誰もが感じたことのある想いと情景が蘇る14曲を収録。サウンドは、シンプルなロック中心で、せつないヴォーカルと繊細な歌詞が心に沁みてくる。
約2年ぶりのオリジナル・アルバムは、4人のクリエイターが紡ぎだす、神秘的で独特な音世界を表現。誰もが感じたことのある想いと情景が甦る、心に染みる作品に仕上がっている。
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    17位 (2006/10/9)
トラックリスト
01Anywhere
希望の見えない毎日を悩みながら生きていく……、そんな日々の葛藤を歌ったバラード。中村の「灰色の道を巡らせた街〜」という低音で無感情の歌声が、だんだんとサビに向かって力強く訴えかけるようになると、よりその苦しみが胸をさしてくる。
02まぼろし (Album arr.)
シンセのエコーのように響く幻想的な音で始まるミディアム・テンポのナンバー。寂しげな中村の歌声が、曲全体に憂いを醸し出している。最後までメロディの奥で小さく響くシンセの消えそうで消えない音色は、タイトルの「まぼろし」を表現しているようだ。
03今宵エデンの片隅で
名曲「ふたりのロケット」を彷彿とさせるサビのキャッチーなメロディが、いつまでも耳から離れない。躍動感あるサウンドときらめくコーラスに包まれて、ポジティヴに展開する極上ポップ・チューン。TX系アニメ『メルヘヴン』エンディング・テーマ。
04Rusty Rail
このレールをたどればあなたに行き着くのだろうかと、かつての愛しい日々への想いを綴ったミディアム・ラブ・バラード。ときに響くうねるようなギターと叫ぶように響くパーカッションが、静かな中にも消すことのできない強い気持ちを感じさせる。
05夢・花火
テレビ東京系アニメ『メルヘブン』テーマ・ソング。スパニッシュ/ラテン系のリズムをスパイスとして採り込んだ、歌謡ポップ・ナンバー。今にも駆け上がっていきそうな高揚感あふれるサウンドに、このバンドが持つ情熱的な要素が垣間見られる。
06かくれんぼ
“いち、に、さん、目を閉じて数えていた”とかくれんぼを描写した場面から始まるアップ・テンポな楽曲。見つからずにいれば願いが叶うとふっかけて、“そのまま祈るがいい。私は帰るよ、鬼だから”とあざける……。彼らの独特の世界観が味わえる作品だ。
07向日葵の色
アコースティック・ギターの憂いを呼ぶような音色が印象的なスロー・バラード。「向日葵の色 黄金に塗りつぶした」など、一般的な「向日葵」の持つ明るいイメージとはまったく逆の視点で、照らされ続けることによって隠れてしまう悲しみや陰の部分を描いている。
08晴れ時計
勢いのあるドラムから始まるアップ・テンポなポップ・ナンバー。「会いたい気持ちをあつめたら」など、明るく前向きな気持ちを表現していて、彼らとしては珍しく幸せ感の漂うラブ・ソングに仕上げている。
09マージナルマン
町に受け入れられず、でも新しい何かを残して行ってくれた人、「マージナルマン」。守るべきものと受け入れるべきものは何なのか……。そんな、いつの時代にも悩まされる葛藤を、アップ・テンポなメロディに乗せて問いかけている。
10籟・来・也
低音のメロディが少し重みを感じさせるミディアム・バラード。そこに、自然を感じさせるケーナの柔らかな音が入ることによって、曲全体を軽やかにしている。また、壮大なスケール感を作り出している四季を綴った歌詞にも注目だ。
11Yellow Moon
イントロから迫力のあるギター・サウンドが響きわたる、ロック感が漂うミディアム・テンポのナンバー。「ねぇ ぎゅっと抱きしめていて」など、彼らには珍しく具体的な表現を使った歌詞のため、他の曲にはない等身大の魅力を感じさせる。
12もうちょっとサガシテみましょう
軽やかなドラムとシンセから始まるポップ・ナンバー。高音のメロディや未来に向かった前向きな歌詞など、彼らには珍しい楽曲となっているが、「くたばってしまう」など独特の言い回しに「らしさ」が漂っている。
13春待つ花のように
泣くようなギターで憂いを感じさせるメロディへと流れ込む、穏やかなサウンドが特徴のミディアム・バラード。終わった恋のすれ違ってしまった気持ちを淡々と綴る中村の静かな歌声と、どこかノスタルジックなメロディが切なさを感じさせる。
14WEEKEND
ゆっくりと淡々としたメロディの中に寂寥感が漂うバラード。もういなくなってしまった愛しい人への忘れられない未練と幸せを祈る複雑な気持ちが、ときに感情を抑えるように、ときに感情を込めて歌うことによって表現されている。
仕様
デジパック仕様
タイアップ
  • 「まぼろし」 - テレビ朝日「新・科捜研の女」主題歌
  • 「今宵エデンの片隅で」 - テレビ東京「メルヘヴン」エンディングテーマ
  • 「晴れ時計」 - テレビ東京「メルヘヴン」オープニングテーマ
  • 「夢・花火」 - テレビ東京「メルヘヴン」オープニングテーマ
  • 「籟・来・也」 - TBS「古代発掘ミステリー 秘境アマゾン巨大文明」イメージソング
  • GARNET CROW
    1999年に結成された男女4人からなるロック/ポップ・バンド。メンバーは女性ヴォーカリストの中村由利を中心に、AZUKI 七(key)、古井弘人(key)、岡本仁志(g)。2000年3月にシングル「Mysterious Eyes」「君の家に……
  • GZCA-5091   3,333円+税   2006/10/04 発売
    GARNET CROW / THE TWILIGHT VALLEY [CD+DVD] [限定]をamazon.co.jpで購入するGARNET CROW / THE TWILIGHT VALLEY [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入するGARNET CROW / THE TWILIGHT VALLEY [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入するGARNET CROW / THE TWILIGHT VALLEY [CD+DVD] [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するGARNET CROW / THE TWILIGHT VALLEY [CD+DVD] [限定]を山野楽器で購入するGARNET CROW / THE TWILIGHT VALLEY [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    約2年ぶりのオリジナル・アルバムは、4人のクリエイターが紡ぎだす、神秘的で独特な音世界を表現。誰もが感じたことのある想いと情景が甦る、心に染みる作品に仕上がっている。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015