トゥー・サイド・オブ・アーサー・フィードラー フィードラー / ボストン・ポップスo.

はてなブックマークに追加
トゥー・サイド・オブ・アーサー・フィードラー フィードラー / ボストン・ポップスo.
CD
  • 原題:
    THE TWO SIDES OF ARTHUR FIEDLER
  • ジャンル:
    クラシック 〜 インスト・クロスオーヴァー
  • レーベル:
    デッカ
  • 規格品番:
    UCCD-7455
  • 価格:
    1,200 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    トゥー・サイド・オブ・アーサー・フィードラー フィードラー / ボストン・ポップスo.をAmazon.co.jpで購入するトゥー・サイド・オブ・アーサー・フィードラー フィードラー / ボストン・ポップスo.をHMV.co.jpで購入するトゥー・サイド・オブ・アーサー・フィードラー フィードラー / ボストン・ポップスo.を楽天ブックスで購入するトゥー・サイド・オブ・アーサー・フィードラー フィードラー / ボストン・ポップスo.を@TOWER.JPで購入する
    トゥー・サイド・オブ・アーサー・フィードラー フィードラー / ボストン・ポップスo.を山野楽器で購入するトゥー・サイド・オブ・アーサー・フィードラー フィードラー / ボストン・ポップスo.をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
フィードラー最晩年の録音。軽妙洒脱、大らかさは他の追随を許さず、編曲は相変わらず素晴らしい。後にボストン・ポップスの指揮を執るジョン・ウィリアムズの「スター・ウォーズ」までを収録。一聴の価値大。
トラックリスト
01スラヴ舞曲op.72〜第7番ハ長調 (ドヴォルザーク)
02劇音楽「真夏の夜の夢」op.61〜結婚行進曲 (メンデルスゾーン)
03歌劇「ヘンゼルとグレーテル」〜夢のパントマイム (フンパーディンク)
04歌劇「アイーダ」〜バレエ音楽 (ヴェルディ)
05ポロネーズ第3番イ長調op.40-1「軍隊」 (ショパン/グラズノフ編)
06映画「スター・ウォーズ」のテーマ
07悲しみのクラウン
08映画「ジョーズ」のテーマ
09エヴァーグリーン
10愛ある限り
演奏
アーサー・フィードラー指揮 ボストン・ポップス・オーケストラ
録音
(1)(3)(6)〜(10)78.6 (2)(4)(5)77.6
  • ボストン・ポップス・オーケストラ
    米マサチューセッツ州ボストンを拠点とするポップ・オーケストラ。基本的にはボストン交響楽団(BSO)のメンバーで構成され、BSOのオフシーズンに編成を変えて人気曲や往年のスタンダードナンバーを演奏して音楽普及を図っている。1885年に設立され……
  • アーサー・フィードラー
    1894年米国ボストン生まれ。1979年没。指揮者。父はボストン響のヴァイオリン奏者で、父から手ほどきを受け、ベルリンに留学して17歳のときベルリンでデビューする。1915年に帰国後はボストン響に入団。25年にフィードラー・シンフォニエッタ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート
[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは
[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』
[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』
[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015