ブライアン・セッツァー・オーケストラ / アルティメット・コレクション ライヴ・ベスト [2CD]

はてなブックマークに追加
ブライアン・セッツァー・オーケストラ / アルティメット・コレクション ライヴ・ベスト [2CD]
CD
もはや元ストレイ・キャッツの枕詞もいらないセッツァー・ビッグ・バンドの95年のモントリオール、2001年の赤坂BLITZ公演の模様を2CDにカップリング。後者はかつて日本でのみCD化されていたが、収録曲を追加しリマスタリングも。ジャンピン・ジャイヴ!
精力的な活動を続けるキング・オブ・ロックン・ロール、ブライアン・セッツァー・オーケストラの2枚組ライヴ・アルバム。ストレイ・キャッツ時代の代表曲も楽しめる。
トラックリスト
[Disc 1]
01INTRO
02JAMES BOND THEME
03HOODOO VOODOO DOLL
04GOOD ROCKIN'DADDY
05YOUR TRUE LOVE
06MY BABY ONLY CARES FOR ME
07BRAND NEW CADILLAC
08SITTIN'ON IT
09GHOST RADIO
10(EVERYTIME I HEAR) THAT MELLOW SAXOPHONE
11RUMBLE IN BRIGHTON
12ROUTE 66
13ROCK THIS TOWN
14AS LONG AS I'M SINGIN'
15HONKY TONK
16STRAY CAT STRUT
[Disc 2]
01HAWAI FIVE - 0
02THIS CAT'S ON A HOT TIN ROOF
03DIRTY BOOGIE
04JUMPIN'EAST OF JAVA
05THE FOOTLOOSE DOLL
06GLORIA
07DRIVE LIKE LIGHTNING (CRASH LIKE THUNDER)
08CARAVAN
09AMERICANO
10I WON'T STAND IN YOUR WAY
11MYSTERY TRAIN
12GENE & EDDIE
13RUMBLE IN BRIGHTON
14SLEEPWALK
15STRAY CAT STRUT
16JUMP, JIVE, AN'WAIL
17PENNSYLVANIA 6 - 5000
18GETTING'IN THE MOOD
19GET ME TO THE CHURCH ON TIME
20ROCK THIS TOWN
[1](16)[2](5)(6)(9)(13)ボーナストラック
封入特典
  • 全曲歌詞・対訳付
  • ブライアン・セッツァー
    1959年4月10日、米国ニューヨーク生まれ。80年にロカビリー・トリオ、ストレイ・キャッツを率いてデビュー。83年にアルバム『ビルト・フォー・スピード』が全米2位のヒットを記録し将来を期待されるが、84年に解散。86年にソロ・デビュー。ソ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015