ジャクソン・ファイヴ / ベスト・オブ・ジャクソン・ファイヴ [再発]

はてなブックマークに追加
CD
ガイドコメント
リミックス集やマイケル・ジャクソンのベストなども高いセールスを記録している70年代スーパー・アイドル・グループの96年リリースのベスト盤。これぞ決定版といえる内容だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    20位 (2009/6/29)
※ 曲目等の収録内容は変更になる場合があります。
収録曲
01I WANT YOU BACK
02ABC
「ABC」「123」「ドレミ」とサビ部分のフレーズが耳につき、学校で歌えそうな数え歌のように聴こえがちだが、実はかわいらしいラヴ・ソングになっている。この曲もデビューから数えて連続で全米No.1を獲得。
03THE LOVE YOU SAVE
04I'LL BE THERE
05IT'S YOUR THING
06WHO'S LOVIN' YOU
07MAMA'S PEARL
08NEVER CAN SAY GOODBYE
タレントとして知られていたクリフトン・デイヴィスが書いた名曲。作者自身が歌うつもりだったらしいが、マイケルの見事な歌いっぷりに惚れて、ジャクソン5に提供したという。カヴァーも多いが、やはりマイケルが歌うこのヴァージョンが最高。全米2位のヒットを記録。
09MAYBE TOMORROW
4作目のアルバム『さよならは言わないで』(1971年)のタイトル曲。マイケルとジャーメインがヴォーカルをシェアしているが、ジャクソン5らしいコーラスも全面的にフィーチャーされている。マイケルのシャウトが圧巻。ジャーメインの歌声も光る。
10GOT TO BE THERE
1971年10月にリリースされたマイケルのソロ・デビュー曲。エリオット・ウィレンスキーが書いた美しいラブ・バラード。ストリングスとコーラスを配したアコースティック・サウンドをバックに、マイケルは素晴らしいヴォーカルを披露している。全米4位のヒットを記録。
11SUGAR DADDY
マイケルとジャーメインによるツイン・ヴォーカルをフィーチャーしたR&B調のリズミックなポップ・ソング。「ABC」スタイルの延長線上にあるジャクソン5ならではのグルーヴが堪能できる。マイケルとジャーメインのコーラスの掛け合いが楽しい。全米10位のヒットを記録。
12ROCKIN' ROBIN
ボビー・デイの1958年のヒット曲をカヴァーした、マイケルの2ndソロ・シングル曲。年齢(当時13歳)相応の若々しい勢いを大切にしたストレートなアプローチで、本家のオリジナル・ヴァージョン以上にポップにハジけてみせた秀逸なカヴァー。全米2位のヒットを記録。
13DADDY'S HOME
1972年11月にリリースされたジャーメインのソロ・デビュー曲。レトロなニュアンスが心地良い正統派ドゥー・ワップ・スタイルの美しいバラード。マーヴィン・ゲイを思わせるシルク・タッチの滑らかな歌声が堪能できる名曲だ。全米9位のヒットを記録。
14LOOKIN' THROUGH THE WINDOWS
名曲「さよならは言わないで」の作者クリフトン・デイヴィスが書いたもうひとつの名曲。コーラスとストリングスをフィーチャーしたドラマティックなサウンドをバックに、天才少年マイケルが変幻自在の素晴らしいヴォーカルを披露している。全米16位のヒットを記録。
15I WANNA BE WHERE YOU ARE
1972年5月にリリースされたマイケルの3rdソロ・シングル曲。リオン・ウェアとT・ボーイ・ロスが書いたリズミックなR&Bソング。ストリングスをフィーチャーした洗練されたサウンドも秀逸だが、何よりもマイケルのシャウトが飛びきりセクシー。全米16位のヒットを記録。
16GET IT TOGETHER
ストリングス、ホーン・セクション、パーカッションなどを効果的にフィーチャーしたダイナミックなファンク・チューン。賛否両論のあったジャクソン5のファンク路線だが、1973年当時としては先駆的な試みであり、のちに再評価されることになる。全米28位のヒットを記録。
17DANCING MACHINE
マイケルとジャーメインによるツイン・ヴォーカルをフィーチャーした先駆的なディスコ・チューン。当時、ジャクソン5のディスコ路線には批判的な意見もあったが、その後のディスコ・ブームを先導するかのような先進性は80年代に再評価された。全米2位のヒットを記録。
18THE LIFE OF THE PARTY
ディスコ・サウンドを大胆に導入した意欲作『ダンシング・マシーン』(1973年)に収録のディスコ調パーティ・ソング。マイケルとジャーメインがヴォーカルをシェアし、コーラスも全面的にフィーチャーされている。シンセサイザーとパーカッションの使い方が効果的。
19I AM LOVE-PTS. 1 & 2
ジャーメインとマイケルによるツイン・ヴォーカルをフィーチャーした組曲形式の意欲作。メロウなバラッドからダイナミックなファンク・サウンドへと展開していく斬新な構成はまさにプログレッシヴ。ジャクソン5の音楽的成果を象徴する大作。全米15位のヒットを記録。
20JUST A LITTLE BIT OF YOU
マイケルがモータウンに残した最後のソロ・アルバム『フォーエヴァー・マイケル』(1975年)からのシングル曲。ミディアム・テンポのファンク・ビートに乗って、当時16歳のマイケルが飛びきりセクシーなヴォーカルを披露する意欲的な1曲。全米23位のヒットを記録。
21IT'S YOUR THING
アーティスト
  • ジャクソン・ファイヴ
    1963年、米国インディアナ州でグループの母体となるトリオ編成の黒人コーラス、ジャクソン・ファミリーとして始動。64年に身内2人が加わりジャクソン・ファイヴとなる。68年レコード・デビュー。グラディス・ナイト&ザ・ピップスのインディアナ公演……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015