BONNIE PINK / Thinking Out Loud

はてなブックマークに追加
BONNIE PINK / Thinking Out Loud
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    THINKING OUT LOUD
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ワーナーミュージック・ジャパン
  • 規格品番:
    WPCL-10419
  • 価格:
    3,300 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    BONNIE PINK / Thinking Out LoudをAmazon.co.jpで購入するBONNIE PINK / Thinking Out Loudを@TOWER.JPで購入するBONNIE PINK / Thinking Out LoudをHMV.co.jpで購入するBONNIE PINK / Thinking Out Loudを楽天ブックスで購入するBONNIE PINK / Thinking Out LoudをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
スウェーデンのプロデュース・チーム“Burning Chicken”との共同プロデュースによる9枚目のフル・アルバム。男性的ともいえる力強いビートを軸にしたロック・サウンドのなかで切なくもきらびやかなメロディが舞う。いつになくポジティヴなリリックも、きわめて魅力的。
ガイドコメント
ベスト盤を経て放たれる、BONNIE PINKの9枚目のオリジナル・アルバム。フジテレビ系ドラマ『私たちの教科書』の主題歌に起用された「Water Me」をはじめ、話題のタイアップ・ナンバーが満載。清涼感漂うポップスが心ゆくまで楽しめる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    9位 (2007/7/23)  ⇒  20位 (7/30)  ⇒  24位 (8/6)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2007/7/23)  ⇒  11位 (7/30)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2007/7/23)  ⇒  7位 (7/30)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    6位 (2007/7/23)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    4位 (2007/7/23)  ⇒  9位 (7/30)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    8位 (2007/7/23)  ⇒  10位 (7/30)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    6位 (2007/7/23)  ⇒  9位 (7/30)  ⇒  10位 (8/6)
収録曲
01Gimme A Beat
ロック的な強さとクラブ・ミュージックの高揚感、そして、60年代ソウルを思わせるようなシックなメロディ。まったく新しい感覚を呼び起こす、独創的にして斬新なダンス・トラック。2007年型のBONNIE PINKのサウンドがここに。
02Broken hearts、city lights and me just thinking out loud
アタック感の強いビートがリスナーの感情をハッと覚醒させる、アルバム『Thinking Out Loud』のオープニング・ナンバー。恋のはじまりの高揚感をストレートに描いた、サビのフレーズとリンクしたストリングスも、アッパーな気分をグイグイと引っ張ってくれる。
03Burning Inside
軽やかに跳ねるバンド・サウンドと“どんなときも心のなかの火は絶やさないで”というメッセージが美しくシンクロ。意外な展開を見せるメロディとストレンジなギター・アレンジも含め、オルタナティヴ感もたっぷり。
04慰みブルー
タイトルどおり、ブルーにこんがらがった状態をストレートに表現した、憂鬱な空気を持つミディアム・チューン。シンプルだが先鋭的な手触りのあるサウンド・メイクと麗しいストリングスの組み合わせも、かなりユニーク。
05Imagination
ゴリゴリに歪んだベースからスタートする、極太かつダイナミック、さらにアグレッシヴなビートを中心にしたヘヴィ・ロック・チューン。どこか男っぽいヴォーカルから投げかけられるメッセージは、“想像すること”の大切さだ。
06A Perfect Sky (Philharmonic Flava)
BONNIE PINKの大ブレイクを導いた資生堂「アネッサ」のCM使用ヒット曲を、本格的なストリングスをフィーチャーしてアレンジ。重厚にしてクラシカルなサウンドのなかで伝わるのは、彼女が紡ぎ出すメロディの素晴らしさだ。
07Lullaby
セッション風の雰囲気のなかで披露される(おそらく一発録りと思われる)ビートルズ・ライクなミディアム・バラード。物事はなるようにしかならないから、もうちょっと寝たほうがいいよ、という詞に、思わずほっとさせられる。
08坂道
基本的にはシャッフル系のビートだが、独特の“揺れ”を感じさせるエフェクトを施すことで、きわめて斬新なロック・ミュージックに変化。プロデュース・チーム“Burning Chicken”のセンスの良さを感じさせるナンバーだ。
09Water Me
“乾いた私に水をちょうだい”と切実なメッセージを掲げたバラード。生々しい感情を響かせるメロディとハイファイな感触のサウンド・メイクがガッチリと溶け合い、きわめて個性的な雰囲気を描き出している。
10Catch the Sun
シンプルでキュートなギター・リフが導くのは、“くよくよしてもしょうがない。泣いたあとは、さあ、太陽を捕まえよう”というポジティヴなリリック。彼女のポップ・サイドをわかりやすく伝えるメロディも高品質なナンバーだ。
11Chances Are
英詞によるアコースティック・バラード。70年代の米シンガー・ソングライターを思わせる洗練されたメロディ・ラインと、愛する人に対する葛藤まじりの感情をテーマにした詞が、しっかりと一体化している。
12Anything For You
ざっくりと空間を切り裂くギター・サウンド、骨太かつ壮大なリズム・アレンジに刺激的なエレクトロ感をプラス。いつも新しいサウンドを模索してきた彼女の、2007年のモードを伝えるアグレッシヴなポップ・チューン。
タイアップ
  • 「Anything for You」 - au by KDDITV-CMソング
  • 「Anything For You」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「Anything For You」 - XING「ポケメロJOYSOUND」TV-CMソング
  • 「Gimme A Beat」 - 日産自動車「MOCO」TV-CMソング
  • 「Water Me」 - フジテレビ「わたしたちの教科書」主題歌
アーティスト
  • BONNIE PINK
    1973年4月16日、京都府生まれの女性シンガー・ソングライター。95年にアルバム『Blue Jam』でデビュー。トーレ・ヨハンソン制作の『Heaven's Kitchen』やミッチェル・フルームと組んだ『Let go』など洋楽的なサウンド……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015