サロン・ミュージック / THIS IS+O BOY

はてなブックマークに追加
サロン・ミュージック / THIS IS+O BOY
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    THIS IS + O BOY
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    イーストウエスト
  • 規格品番:
    AMCM-10011
  • 価格:
    2,400 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    サロン・ミュージック / THIS IS+O BOYをAmazon.co.jpで購入するサロン・ミュージック / THIS IS+O BOYをHMV.co.jpで購入するサロン・ミュージック / THIS IS+O BOYを楽天ブックスで購入するサロン・ミュージック / THIS IS+O BOYを@TOWER.JPで購入する
    サロン・ミュージック / THIS IS+O BOYを山野楽器で購入するサロン・ミュージック / THIS IS+O BOYをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
87年と88年発売の2枚をカップリングし、デジタル・リマスターにより新装リリース。フリッパーズ・ギター登場以降、“同時代性”は当たり前となったが、時代を考えるとこの2枚も完全に英国とシンクロしている。シーンの先を行き過ぎたグループなんだとあらためて実感。★
吉田仁と竹中仁見によるデュオで、渋谷系の先駆者とも言われるサロン・ミュージックのリマスター・ベスト。MOONレーベルに残した2枚のアルバムから楽曲をセレクト。
トラックリスト
01ATOMIC COWBOY
02LET'S SING A SONG
03INTO YOU
04DON'T CLOSE YOUR EYES
05ONE DAY LIKE TODAY
06明日の風
07IT GOES ON RAINING
08ATOMIC LULLABY
09WHEN SHE COMES
10午後の印象
11O BOY
12I AM YOU
13SOUNDS OF THE HEROES
14IN MY LIFE
15EVERY DAY、EVERY NIGHT
16FADE OUT
17SOMEDAY IN PRAHA
18I'M GLAD IT'S ALL OVER
19SAY HELLO、WAVE GOODBYE
20LIFE IS SO STRANGE
  • サロン・ミュージック
    吉田仁と竹中仁見による日本のニューウェイヴ・ユニット。1981年、英『SOUNDS』誌のジャパニーズテクノポップチャートでカセットテープ「hunting on Paris」が1位となり、注目を浴びる。六本木で定期的にライヴを開催し、83年に……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート
[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは
[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』
[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』
[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015