Junko Moriya Trio / THREE AND FOUR [デジパック仕様]

はてなブックマークに追加
Junko Moriya Trio / THREE AND FOUR [デジパック仕様]
CD
デジパック仕様
  • 原題:
    THREE AND FOUR
  • ジャンル:
    ジャズ
  • レーベル:
    Spice of Life
  • 規格品番:
    SOLJP-0011
  • 価格:
    2,400 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Junko Moriya Trio / THREE AND FOUR [デジパック仕様]をAmazon.co.jpで購入するJunko Moriya Trio / THREE AND FOUR [デジパック仕様]をHMV.co.jpで購入するJunko Moriya Trio / THREE AND FOUR [デジパック仕様]を楽天ブックスで購入するJunko Moriya Trio / THREE AND FOUR [デジパック仕様]を@TOWER.JPで購入する
    Junko Moriya Trio / THREE AND FOUR [デジパック仕様]を山野楽器で購入するJunko Moriya Trio / THREE AND FOUR [デジパック仕様]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
守屋純子、6枚目にして初のピアノ・トリオ作品。これまで作編曲面で話題になった守屋だが、ここではピアニストに徹している。といっても変拍子のオリジナルなど、やはり作曲者としての個性も同時に際立つ演奏だ。ガッチリしたピアノ。ドラムスはビル・スチュワート。
本人曰く「ピアニストとして一度も勝負していない」との思いから臨んだ初のトリオ録音。その意気込みに応えるように、当代最高峰のドラマー、ビル・スチュワートらも熱のこもったインタープレイを披露している。
トラックリスト
01THREE AND FOUR
02A THOUSAND CRANES
03DEAR OSCAR
04IN FIVE
05PLAYGROUND
06OVER THE RAINBOW
07THINK OF ONE
08DEPARTURE
09TEARDROP
10IT COULD HAPPEN TO YOU
仕様
デジパック仕様
演奏
守屋純子(P) ショーン・スミス(B) ビル・スチュワート(DS)
録音
2009.10
封入特典
  • 解説
  • ビル・スチュワート
    1967年生まれ、米国アイオワ州出身。ニューヨーク・トリオの一員として知られるジャズ・ドラマー。幼少の頃からジャズを聴いて育ち、7歳でドラムを始める。86年にニュージャージー州立ウィリアム・パターソン大学ジャズ学科に入学し、ハロルド・メイバ……
  • 守屋純子
    1965年3月31日生まれ、東京都出身のジャズ・ピアニスト/作編曲家。5歳よりクラシック・ピアノを始める。早稲田大学在学中にハイソサエティー・オーケストラでジャズを弾き始め、卒業後に、ニューヨークのマンハッタン音楽院へ留学。欧米各地で演奏活……
  • ショーン・スミス
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015