キース・エマーソン、マーク・ボニーラ、テリエ・ミケルセン / スリー・フェイツ・プロジェクト [HQCD]

はてなブックマークに追加
キース・エマーソン、マーク・ボニーラ、テリエ・ミケルセン / スリー・フェイツ・プロジェクト [HQCD]
HQCD
  • 原題:
    THREE FATES PROJECT
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    ビクター
  • 規格品番:
    VICP-75082
  • 価格:
    2,667 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    キース・エマーソン、マーク・ボニーラ、テリエ・ミケルセン / スリー・フェイツ・プロジェクト [HQCD]をAmazon.co.jpで購入するキース・エマーソン、マーク・ボニーラ、テリエ・ミケルセン / スリー・フェイツ・プロジェクト [HQCD]をHMV.co.jpで購入するキース・エマーソン、マーク・ボニーラ、テリエ・ミケルセン / スリー・フェイツ・プロジェクト [HQCD]を楽天ブックスで購入するキース・エマーソン、マーク・ボニーラ、テリエ・ミケルセン / スリー・フェイツ・プロジェクト [HQCD]を@TOWER.JPで購入する
    キース・エマーソン、マーク・ボニーラ、テリエ・ミケルセン / スリー・フェイツ・プロジェクト [HQCD]を山野楽器で購入するキース・エマーソン、マーク・ボニーラ、テリエ・ミケルセン / スリー・フェイツ・プロジェクト [HQCD]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
70年代前半プログレ界の一方の旗頭だったキース・エマーソンが、盟友マーク・ボニーラ(g)、テリエ・ミケルセン率いるミュンヘン放送管弦楽団と壮大な音楽を創り上げた。ロックとオーケストラの融合というプログレッシヴ・ロックがある部分で追い求めてきた音世界のひとつの到達点と言える。
ガイドコメント
ELPの「タルカス」や「庶民のファンファーレ」など、マーク・ボニーラ、テリエ・ミケルセンと組んだキース・エマーソン・バンドとミュンヘン放送管弦楽団によるロックとクラシックの邂逅が見える、聴きごたえ抜群のアルバム。
収録曲
01THE ENDLESS ENIGMA SUITE PT.1
02THE ENDLESS ENIGMA SUITE PT.2
03AMERICAN MATADOR
04AFTER ALL OF THIS
05WALKING DISTANCE
06TARKUS - CONCERTANTE
07MALAMBO
08THE MOURNING SUN
09ABADDON'S BOLERO
10FANFARE FOR THE COMMON MAN PT.1
11FANFARE FOR THE COMMON MAN PT.2
12AFTER ALL OF THIS
(12)ボーナストラック
仕様
HQCD
封入特典
  • 解説/セルフ・ライナーノーツ翻訳
アーティスト
  • キース・エマーソン
    1944年11月2日、英ヨークシャー州トッドモーデン生まれのキーボード奏者。プログレッシヴ・ロック・バンドのエマーソン・レイク&パーマー(ELP)のメンバーとして、またシンセサイザーを世界に広めた功績者として知られる。ザ・ナイスほかいくつか……
  • マーク・ボニーラ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015