バターリング・トリオ / スリーサム

はてなブックマークに追加
バターリング・トリオ / スリーサム
CD
ミニ・レビュー
女性ヴォーカルを擁するイスラエルの新世代バンドのアルバム。R&Bやソウル、ビート・ミュージック、ジャズなどを折衷し、フューチャリスティックで雑多なサウンドを構築している。ロバート・グラスパー以降の音という印象もあり、ハイエイタス・カイヨーテが好きな人にもお薦め。★
収録曲
01LOVE IN MUSIC
02REFUGEE SONG
03STAR SHROOM
04UNEXPERIENCED
05ANA BHEBAK
06WAIT
07DIG DEEP
08FROM THE TREE
09DREAMING OF INDIA
10I'LL BE FINE
11THE RUNNER
12STORY IN BETWEEN
(12)ボーナストラック
アーティスト
  • バターリング・トリオ
    イスラエル・テルアヴィヴ出身フューチャーソウル・バンド。メンバーはケレンダン(KerenDun)、リジョイサー(Rejoicer)、ベノ・ヘンドラー(Beno Hendler)の3名。サックス、シンセ、ベース、ヴォーカル、ビートの組み合わせ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015