カサンドラ・ウィルソン / サンダーバード

はてなブックマークに追加
カサンドラ・ウィルソン / サンダーバード
CD
ミニ・レビュー
カサンドラ自身だけでなく、名門、ブルーノートの近年のコンテンポラリー化を印象づける一枚である。ルーツ系の才人、T.ボーン・バーネットがプロデュース。エレクトロニックなビートを取り入れながらも、彼女の泥臭いフィーリングが強い輝きを放つ。
ガイドコメント
2006年3月発表のアルバム。これまでのブルース志向のサウンドから、打ち込みなどを取り入れた、よりコンテンポラリーな仕上がりに。エルヴィス・コステロやロス・ロボスでも知られるT・ボーン・バーネットがプロデュース。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    9位 (2006/3/27)  ⇒  4位 (4/3)  ⇒  5位 (4/10)  ⇒  6位 (4/17)  ⇒  8位 (4/24)
収録曲
01GO TO MEXICO
02CLOSER TO YOU
03EASY RIDER
04IT WOULD BE SO EASY
05RED RIVER VALLEY
06POET
07I WANT TO BE LOVED
08LOST
09STRIKE A MATCH
10TAROT
演奏
カサンドラ・ウィルソン(VO,AC-G) グレゴリー・マレット(HCA) コリン・リンデン,ケブ・モー,マーク・リーボウ(G) キーファス・シアンシア(P,KEY,EL-B,PROG) マイク・エリゾンド(PROG,EL-B,AC-B) レジナルド・ヴィール(EL-B,AC-B) ジェイ・ローズ,ジム・ケルトナー,ビル・マックスウェル(DS) 他
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • カサンドラ・ウィルソン
    1955年12月4日、米ミシシッピ州ジャクソン生まれの女性ジャズ・シンガー。75年にプロ・デビューを果たし、82年にはニューヨークへ移る。80年代はおもにスティーヴ・コールマンらM-BASE派と共演。デビュー作は85年の『ポイント・オブ・ヴ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015