カサンドラ・ウィルソン / サンダーバード

はてなブックマークに追加
カサンドラ・ウィルソン / サンダーバード
CD
ミニ・レビュー
カサンドラ自身だけでなく、名門、ブルーノートの近年のコンテンポラリー化を印象づける一枚である。ルーツ系の才人、T.ボーン・バーネットがプロデュース。エレクトロニックなビートを取り入れながらも、彼女の泥臭いフィーリングが強い輝きを放つ。
ガイドコメント
2006年3月発表のアルバム。これまでのブルース志向のサウンドから、打ち込みなどを取り入れた、よりコンテンポラリーな仕上がりに。エルヴィス・コステロやロス・ロボスでも知られるT・ボーン・バーネットがプロデュース。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    9位 (2006/3/27)  ⇒  4位 (4/3)  ⇒  5位 (4/10)  ⇒  6位 (4/17)  ⇒  8位 (4/24)
収録曲
01GO TO MEXICO
02CLOSER TO YOU
03EASY RIDER
04IT WOULD BE SO EASY
05RED RIVER VALLEY
06POET
07I WANT TO BE LOVED
08LOST
09STRIKE A MATCH
10TAROT
演奏
カサンドラ・ウィルソン(VO,AC-G) グレゴリー・マレット(HCA) コリン・リンデン,ケブ・モー,マーク・リーボウ(G) キーファス・シアンシア(P,KEY,EL-B,PROG) マイク・エリゾンド(PROG,EL-B,AC-B) レジナルド・ヴィール(EL-B,AC-B) ジェイ・ローズ,ジム・ケルトナー,ビル・マックスウェル(DS) 他
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • カサンドラ・ウィルソン
    1955年12月4日、米ミシシッピ州ジャクソン生まれの女性ジャズ・シンガー。75年にプロ・デビューを果たし、82年にはニューヨークへ移る。80年代はおもにスティーヴ・コールマンらM-BASE派と共演。デビュー作は85年の『ポイント・オブ・ヴ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015