デヴィッド・サンボーン / タイム・アンド・ザ・リヴァー

はてなブックマークに追加
デヴィッド・サンボーン / タイム・アンド・ザ・リヴァー
CD
ミニ・レビュー
15年ぶりにマーカス・ミラーとのコラボレーションが復活。相変わらずのサンボーン節に、マーカスならではのリズムやサウンドが加わる。それだけにいつもより重いビートがサンボーンの歌心にメリハリと色彩感を加えることになった。そこが心地よい。
ガイドコメント
人気サックス奏者、デヴィッド・サンボーンの約5年ぶりとなる一枚。マーカス・ミラーがプロデュースを担当。ランディ・クロフォードやタワー・オブ・パワーのラリー・ブラックスがゲスト参加した、R&B色が濃い作風となっている。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    1位 (2015/4/13)  ⇒  2位 (4/20)  ⇒  3位 (4/27)  ⇒  6位 (5/4)  ⇒  10位 (5/11)  ⇒  11位 (5/18)  ⇒  15位 (5/25)
収録曲
01A LA VERTICALE
02ORDINARY PEOPLE
03DRIFT
04CAN'T GET NEXT TO YOU
05OUBLIE MOI
06SEVEN DAYS SEVEN NIGHTS
07WINDMILLS OF YOUR MIND
08SPANISH JOINT
09OVERTURE
10DAYDREAMER
11LITTLE CHURCH
(10)(11)ボーナストラック
演奏
デヴィッド・サンボーン(AS) マーカス・ミラー(B) ヨタム・シルバースタイン,ニック・モロック(G) ロイ・アサフ,リッキー・ピーターソン(KEY) マーカス・ベイラー(DS) ラリー・ブラッグス,ランディー・クロフォード(VO) 他
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • デヴィッド・サンボーン
    1945年7月米国フロリダ州タンパ生まれ。アルト・サックス奏者。子供の頃にかかった小児麻痺のリハビリとしてアルト・サックスを始める。67年にポール・バターフィールドのバンドでプロ・デビュー。70年代中頃からはジャズ・フィールドに限らないセッ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015