リップスライム / TIME TO GO

はてなブックマークに追加
リップスライム / TIME TO GO
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    TIME TO GO
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    ORGANON
  • 規格品番:
    WPCL-10012
  • 価格:
    3,080 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    リップスライム / TIME TO GOをAmazon.co.jpで購入するリップスライム / TIME TO GOを@TOWER.JPで購入するリップスライム / TIME TO GOをHMV.co.jpで購入するリップスライム / TIME TO GOを楽天ブックスで購入するリップスライム / TIME TO GOをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
Jラップの先輩にあたるスチャダラ以上にフリッパーズ・ギター、ルックス的にはCCBを思い浮かべてしまうのは、ほどほどに気が利いた音作りとアイドルぽさとが、うまいことバランスを取っているから? ヒット中の(5)はラテンだったんですね。“旬”ならではの華は感じる。
ガイドコメント
昨年『TOKYO CLASSIC』が大ヒットを記録したRIP SLYMEが、新たにドロップする3rdアルバム。「BLUE BE-BOP」「JOINT」ほかシングル曲はもちろん、気合の入ったトラックとラップで聴かせる必殺アイテム。
ガイドコメント
ミリオン・ヒットという、日本のヒップホップ・シーンでは前人未到の快挙を達成したRIP SLYMEが、2003年夏に放つ新たなマスターピース。待望の3rdアルバムがついに登場だ!
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2003/7/14)  ⇒  3位 (7/21)  ⇒  13位 (7/28)  ⇒  35位 (8/4)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2003/7/14)  ⇒  3位 (7/21)  ⇒  9位 (7/28)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2003/7/14)  ⇒  4位 (7/21)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2003/7/14)  ⇒  2位 (7/21)  ⇒  5位 (7/28)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2003/7/14)  ⇒  3位 (7/21)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2003/7/14)  ⇒  3位 (7/21)  ⇒  10位 (7/28)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2003/7/14)  ⇒  3位 (7/21)  ⇒  7位 (7/28)  ⇒  14位 (8/4)  ⇒  14位 (8/11)
収録曲
01INTRODUCTION (feat.RYO the SKYWALKER)
02HOTTER THAN JULY
2003年のアルバム『TIME TO GO』収録。スピーディでエレクトロなビートに、RIP得意のマイク・リレーによる高速ラップが搭載されたナンバー。“I'm Hot!”というリフレインと、ドラムンベース気味のビートが否が応にも熱くさせる。
03WHAT'S UP?〜HOW'RE YOU DOIN'?
04ベイシック・ライン
05JOINT
2003年6月発表のシングル曲。おしゃれなラテン風のピアノによるリフからデジタルな高速のリズムへと変化、ドラムンベース風の高揚感あふれるビートにのっかって、“マジやばいくらいいいぜ”と迫るナンバー。
06WHY
2003年発表の『TIME TO GO』に収録。涼しげなアコースティック・ギターのフレーズをループさせ、“I wonder why?”というフレーズで始まる、スローで少し内省的な一曲。さまざまな問いと答えのなかに浮かぶ、深い感性を感じさせるライム。
07ミニッツ・メイド
アルバム『TIME TO GO』に収録の一曲。DJ FUMIYAが各メンバーにあてたトラックに、ILMARI、SU、Ryo-zがそれぞれの日常から作ったリリック(PESは欠席)をのせて作り上げた。RIPらしい遊び心にあふれたナンバー。
08FIVE FISHES
09チェッカー・フラッグ
10SHALL WE?
11SHALL WE OUT?
12BLUE BE-BOP
2002年11月発表のシングル曲。ハイハットの刻みとウッドベースのループ音に、チャイムを用いたメロウなトラック、スピーディなラップが融合した、ジャジィなRIP流の哀愁トラック。各メンバーのマイク・リレーの息もぴったり。
13FROG
14
アルバム『TIME TO GO』に収録。雨上がりの憂鬱から抜け出す感情を細やかに描く極上メロウ・チューン。情緒を揺さぶるような各MCの描くライムが、いろいろな視点をみせており、さすがといえる名トラックとなった。
15TIME TO GO
2003年発表の『TIME TO GO』に収録されたアルバム・タイトルの表題曲。SUの思慮深いライムからスタート、各MCが発する深みのある内省的なライムとエレクトロな音を交え、アルバムのラストを締めくくるナンバーに仕上げている。
16135 BPM
タイアップ
  • 「HOTTER THAN JULY」 - 日本ヘラルド「EX エックス」TVスポット使用曲
  • 「HOTTER THAN JULY」 - 日本ヘラルド「EX エックス」テーマソング
  • 「JOINT」 - NTTドコモ「メロディーコール」
  • 「虹」 - TOYOTA「イプサム」
アーティスト
  • RIP SLYME
    日本のヒップホップ・グループ。1994年に結成し、2001年のシングル「STEPPER'S DELIGHT」でメジャー・デビュー。以降、日本武道館公演を成功させるなどJ-POPの第一線で活躍するヒップホップ・ユニットとして高い人気を博し、「……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] YOYOKA    世界が注目する14歳のドラマーが語る、アメリカでの音楽活動と「Layfic Tone®」のヘッドフォン[インタビュー] 松尾清憲 ソロ・デビュー40周年 めくるめくポップ・ワールド全開の新作
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015