KANA-BOON / TIME

はてなブックマークに追加
KANA-BOON / TIME
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    TIME
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    Ki / oon
  • 規格品番:
    KSCL-2535
  • 価格:
    2,700 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    KANA-BOON / TIMEをAmazon.co.jpで購入するKANA-BOON / TIMEをHMV.co.jpで購入するKANA-BOON / TIMEを楽天ブックスで購入するKANA-BOON / TIMEを@TOWER.JPで購入する
    KANA-BOON / TIMEを山野楽器で購入するKANA-BOON / TIMEをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
シングル「結晶星」「フルドライブ」「生きてゆく」「シルエット」を含むメジャー・セカンド・アルバム。“高速4つ打ちビート×エッジの利いたギター・リフ×キャッチ―な歌メロ”というこのバンドの特性はさらに強化。メロウかつ抒情的なミディアム・ナンバーも加わるなど、音楽の幅も大きく広げている。
ガイドコメント
2015年1月21日リリースの2ndアルバム。「結晶星」「フルドライブ」「生きてゆく」のほか人気アニメ『NARUTO-ナルト-疾風伝』オープニング・テーマとなった「シルエット」といったシングルを含む、全12曲収録の充実作だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2015/1/19)  ⇒  7位 (1/26)  ⇒  14位 (2/2)  ⇒  24位 (2/9)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    3位 (2015/1/19)  ⇒  9位 (1/26)  ⇒  20位 (2/2)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2015/1/19)  ⇒  5位 (1/26)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2015/1/19)  ⇒  4位 (1/26)  ⇒  10位 (2/2)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2015/1/19)  ⇒  6位 (1/26)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2015/1/19)  ⇒  5位 (1/26)  ⇒  8位 (2/2)  ⇒  7位 (2/9)
収録曲
01タイムアウト
焦燥感を煽るギター・リフで幕を開けるアッパーなロック・チューン。“だいたい24時間だなんて少なすぎるよな”とイライラしたように吐きすて、どこかコミカルなコーラスと野性味あふれるバンド・アンサンブルで突き進む攻撃力の高いナンバーだ。
02LOL
“laugh out loud(=声を出して笑う)”の略で、ネットスラングとして海外を中心に使われる単語をタイトルに冠したナンバー。ネットで横行する“叩き”や“妬み”を痛烈に皮肉りつつ、雑音は気にせず突き進めと鼓舞するメッセージが心強い。
03ターミナル
ジャキジャキと刻むカッティングでスタートするギター・ロック・チューン。諦めずに挑戦していくための応援歌だが、“急行に乗ればいいってわけじゃない”“切符は片道分”など電車がモチーフの歌詞がユニーク。谷口の力強い歌唱も胸に響く。
04結晶星
インディ時代の楽曲を再録して発表されたメジャーでの2ndシングル。カラフルなサウンドに小気味いいギターのカッティング、4つ打ちのリズムが融合したロック・チューンで、言葉を思いっきり詰め込んだ早口なヴォーカルが楽しい。
05クラクション
けたたましいクラクションから、暴力的なギター・リフへとなだれ込むディスコ・ロック・チューン。“アクションを起こせよ”と歌うコール&レスポンス風なサビや、メンバーそれぞれに見せ場を作る短いソロ回しなど、ライヴ仕様なアレンジがたまらない。
06フルドライブ
冒頭のギターのリフを中心に、攻撃力の高いディスコ・ロック風サウンドを奏でる3rdシングル。韻を踏みまくった歌詞でラップのようにまくしたてる歌唱が新鮮だが、ただの言葉遊びに終わることなく、全速力で駆け抜けていけという強いメッセージが宿っている。
07生きてゆく
夏の終わりを思わせるセンチメンタルなサウンドが胸に刺さる4枚目のシングル。ミディアム・アップのテンポが映える美しいメロディで紡がれるのは、後悔を抱えながら生きる主人公を描いた切ない恋物語。谷口のソングライターとしての魅力が詰まっている。
08スコールスコール
ディレイをたっぷり効かせたギター・リフが全編にわたって印象的に響きわたるロック・チューン。雨をきっかけにフラッシュバックする、幸せに過ごしていた君との日々にもがく姿を歌詞が見事。音の洪水で思い出ごと流していくようなアレンジなハマっている。
09愛にまみれて
エフェクトを咬ませたギターでセンチメンタルな音世界を構築したポップ・ロック・ナンバー。夕暮れのベンチをモチーフに“孤独”をリアルに描き出し、“君”の愛の温かさを際立たせる歌詞に心を奪われる。エモーショナルなラストのヴォーカルも胸に染みる。
10シルエット
5枚目のシングルはテレビ東京系アニメ『NARUTO-ナルト- 疾風伝』のオープニング・テーマ。超王道といえるギター・ロック・サウンドを奏でるキラー・チューンだが、メロディの美しさはやはりさすが。勢いだけに任せないバンドの底力を感じさせる。
11スノーグローブ
アッパーなリズムと美しいギターのアンサンブルでまくし立てるKANA-BOON流ウィンター・ラヴ・ソング。メロディの魅力を損なわい言葉を乗せつつ、儚く美しい恋物語を成立させるストーリーテラーぶりは圧巻。変拍子のブリッジという変化球も楽しい。
12パレード
僕らはこれからどこへゆくだろう……焦りや不安を抱えつつ、まっすぐに歩いていこうと優しく語り掛けるミディアム・アップの壮大なナンバー。伸びやかなメロディはシンプルながら、メリハリをつけたアレンジによってその輝きを最大限に演出している。
タイアップ
  • 「シルエット」 - テレビ東京「NARUTO 疾風伝」オープニングテーマ
封入特典
  • どうでもいいオマケ004(初回のみ)
アーティスト
  • KANA-BOON
    大阪府堺市出身のロック・バンド。メンバーは谷口鮪(vo,g)、古賀隼斗(g,cho)、飯田祐馬(b)、小泉貴裕(ds)の4名。谷口を中心に高校の軽音楽部で結成。メンバーチェンジを経て、2011年より現体制へ移行。翌年にキューン20イヤーズオ……
  • 同時発売作品
    KANA-BOON / TIME [CD+DVD] [限定]
    KSCL-2533〜4   3,700円+税   2015/01/21 発売
    KANA-BOON / TIME [CD+DVD] [限定]をamazon.co.jpで購入するKANA-BOON / TIME [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入するKANA-BOON / TIME [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入するKANA-BOON / TIME [CD+DVD] [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するKANA-BOON / TIME [CD+DVD] [限定]を山野楽器で購入するKANA-BOON / TIME [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    2015年1月21日リリースの2ndアルバム。「結晶星」「フルドライブ」「生きてゆく」のほか人気アニメ『NARUTO-ナルト-疾風伝』オープニング・テーマとなった「シルエット」といったシングルを含む、……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「家族ができてすべてが変わった」結婚、子供、生活。激動の7年間を過ごしたT2Kが待望の新作を発表[インタビュー] ハミ出し者の生き様――DOGMA x LORD 8ERZ『DROPOUT SIDING』
[インタビュー] なんもないけどなんかある 踊Foot Works『GOKOH』[インタビュー] 心の拠り所となるものをみつけて、信じる気持ちが大切――聴き手の心を導く“光”となるキャサリン・ジェンキンスの最新作
[インタビュー] 地下アイドル卒業とメジャー・デビュー――『パノラマ街道まっしぐら』を巡る姫乃たまの現在[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力
[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”
[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』
[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015