桑田佳祐 / TOP OF THE POPS [2CD]

はてなブックマークに追加
桑田佳祐 / TOP OF THE POPS [2CD]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    TOP OF THE POPS
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    タイシタ
  • 規格品番:
    VICL-61006〜7
  • 価格:
    3,429 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    桑田佳祐 / TOP OF THE POPS [2CD]をAmazon.co.jpで購入する桑田佳祐 / TOP OF THE POPS [2CD]をHMV.co.jpで購入する桑田佳祐 / TOP OF THE POPS [2CD]を楽天ブックスで購入する桑田佳祐 / TOP OF THE POPS [2CD]を@TOWER.JPで購入する
    桑田佳祐 / TOP OF THE POPS [2CD]を山野楽器で購入する桑田佳祐 / TOP OF THE POPS [2CD]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
86年にKUWATA BANDで発表した「BAN BAN BAN」をはじめ、ヒット曲の数々を網羅した初のソロ・ベスト盤。2枚組全26曲の集大成には圧倒されるばかり。新曲「素敵な未来を見て欲しい」や「ヨイトマケの唄」のライヴ、奥田民夫とのコラボ曲も初収録。
桑田佳祐としてのソロ活動からヒット曲を網羅したベスト盤。KUWATA BANDで発表した「BAN BAN BAN」をはじめ、ヒット・シングル「波乗りジョニー」「白い恋人達」ほか、奥田民夫とのコラボ曲など盛りだくさんの全26曲入り。
トラックリスト
[Disc 1]
01波乗りジョニー
これぞ桑田サウンドと言っても過言ではないポップでメロディアスな楽曲。真夏のドライブにもってこいの疾走感ある音構成は、海岸に吹く浜風ように心地よくて爽快。湘南の海辺でおこるひと夏の恋のように淡く切ない情景が思い浮かぶ。
02黄昏のサマー・ホリデイ
03白い恋人達
桑田佳祐流“サーフ・アンド・スノウ”を表現すべく、サマーチューン「波乗りジョニー」に続きシーズン・ミュージックにトライしたウインター・バラードの傑作。ラストのシャウトは鳥肌もの。
04踊ろよベイビー1962
05
06哀しみのプリズナー
07BLUE〜こんな夜には踊れない
08悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)
桑田佳祐の1stソロ『KEISUKE KUWATA』に収録された、たまらなく切ない名曲。編曲に小林武史が参加しており、モータウン風のハネたビートを強調して、エヴァーグリーンなポップスに仕上げている。
09JOURNEY
10飛べないモスキート (MOSQUITO)
11真夜中のダンディー
シンガー・ソングライターとして最も内省的なソロ・アルバム『孤独の太陽』にも収録された曲で、アナログ感を強調した骨太なバッキングに乗せ、生々しい歌世界が綴られた渋い名曲。
12可愛いミーナ
桑田佳祐らしい、甘酸っぱいオールディーズのテイストが漂う曲で、聴けば誰もが軽く30年はタイムスリップしてしまう青春度120%のポップス。ユニークさと真面目さが混在する歌詞も彼ならではの魅力。
13素敵な未来を見て欲しい
桑田佳祐のファン参加型プロジェクトから生まれた曲。ファンクラブの会員からフレーズを募集し、それをもとに桑田佳祐が作詞し、すべての楽器を桑田佳祐が演奏。そのレコーディング風景をネットで公開した。
[Disc 2]
01MERRY X'MAS IN SUMMER
02BAN BAN BAN
03スキップ・ビート (SKIPPED BEAT)
04ONE DAY
05
06いつか何処かで (I FEEL THE ECHO)
07遠い街角 (THE WANDERIN' STREET)
08誰かの風の跡
09クリといつまでも
10奇跡の地球 (ほし) (桑田佳祐&Mr.Children)
桑田佳祐が主宰するチャリティ・イベント“Act Against AIDS”のテーマ曲として、桑田佳祐がMr.Childrenの桜井和寿、MY LITTLE LOVERの小林武史と組んで制作したナンバー。社会的メッセージが強烈な一曲。
11光の世界 (桑田佳祐&奥田民生)
12ヨイトマケの唄 (Live at パシフィコ横浜国立大ホール)
13祭りのあと
桑田佳祐がソロで発表した珠玉のロック・バラード。ボブ・ディランを彷彿とさせる激渋の演奏と歌声、単純にラヴ・ソングと言い切るには、あまりにも感動的な歌詞といい、まさに名曲中の名曲。
仕様
CDエクストラ
タイアップ
  • 「可愛いミーナ」 - コカ・コーラボトリング「コカ・コーラ」
  • 「波乗りジョニー」 - コカ・コーラボトリング「コカ・コーラ」
  • 「白い恋人達」 - コカ・コーラボトリング「コカ・コーラ」
  • 桑田佳祐
    1956年2月26日生まれ、神奈川県茅ヶ崎市出身のミュージシャン。ロック・バンド、サザンオールスターズのフロントマンとして知られる。原由子は妻。青山学院大学在学中よりバンド活動を行ない、サザンオールスターズとしてデビュー。86年にはKUWA……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015