ファウンテインズ・オブ・ウェイン / トラフィック・アンド・ウェザー

はてなブックマークに追加
ファウンテインズ・オブ・ウェイン / トラフィック・アンド・ウェザー
CD
ガイドコメント
日本でもコアなファンが多いアメリカの4人組ポップ・ロック・バンド、ファウンテインズ・オブ・ウェインの4thアルバム。崇高な美しいメロディとリスナーの共感を得るセンシティヴな歌詞が魅力。クリスとアダムの強力コンビも健在だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    8位 (2007/3/26)  ⇒  8位 (4/2)  ⇒  15位 (4/9)  ⇒  24位 (4/16)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    5位 (2007/3/26)  ⇒  7位 (4/2)  ⇒  16位 (4/16)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    8位 (2007/3/26)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    6位 (2007/3/26)  ⇒  8位 (4/2)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    9位 (2007/4/2)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    2位 (2007/3/26)  ⇒  2位 (4/2)  ⇒  6位 (4/9)  ⇒  11位 (4/16)
収録曲
01SOMEONE TO LOVE
4つ打ちビートとチープ感のあるキーボードのフレーズが印象的なディスコ・ポップ・ソング。キャッチーなメロディは勿論、ニューウェイヴ・フレイヴァーが随分と増している。バック・ヴォーカルに元ホールのメリッサ・アウフ・ダー・マウアが参加。
02'92 SUBARU
ストレートなアメリカン・ロックに挑戦した疾走感のある爽快なサウンドは、タイトル通り車のドライブを連想させる。力強く前向きなメロディも楽しいが、ハンドクラップやピアノの音色が楽曲のさらなる高揚感を煽る。
03YOLANDA HAYES
ヨランダ・ヘイズという架空のキャラクターを主役にしたナンバーは、ブラスなどをフィーチャーした1960年代ロックのように軽やかなナンバー。ポップなメロディに乗せて紡がれるロマンティックな物語は、恋の高鳴りが聴こえてきそうな甘さだ。
04TRAFFIC AND WEATHER
情報社会に疑問を投げかけるようなシニカルさが漂う一曲。デジタル・ビートと歪んだギターをフィーチャーしたサウンドは、デジタル期のプライマル・スクリームを彷彿とさせる。シリアスなのに、その重さを感じさせないサウンド・メイクはさすが。
05FIRE IN THE CANYON
アコースティックなセッションをフィーチャーした軽やかなナンバー。フォーキーでノスタルジックなメロディの心地良さも然ることながら、そよ風のように吹き抜けていく歌声とコーラスのハーモニーの美しさが、うっとりするほど素晴らしい。
06THIS BETTER BE GOOD
センチメンタルな木琴の音色とへヴィなギターという両極端なサウンドが同居した、切なくも甘いパワー・ポップ・チューン。サビで絡み付くビーチ・ボーイズ風のコーラスが、切なさに拍車をかけている。
07REVOLVING DORA
ギターの逆回転から始まるイントロや色彩鮮やかなバンド・セッション、粘っこいギター・ソロなど、全体的に1960年代サイケ・ロックを彷彿とさせるナンバー。あっけらかんとしたヒッピー的なサウンドが現代風アレンジで甦っている。
08MICHAEL AND HEATHER AT THE BAGGAGE CLAIM
バンドの長年の友人である夫婦を題材にしたナンバー。空港を舞台にしたささやかなラヴ・ストーリーを、アコースティック・ギターとロマンティックなコーラスが彩る甘いメロディに乗せて、優しく聴かせてくれる。
09STRAPPED FOR CASH
借金取りに追われる男を歌った詞に、昔のTVドラマの一幕を思い出す。印象的なホーン・セクションを取り入れた、シンプルでありながらも洗練されたサウンドには、スタイル・カウンシルなどからの影響がうかがえる。
10I-95
真夜中の95号線を一人車で走っていく男の歌。アコースティックでもの寂しいメロディが、夜の孤独感とセンチメンタルな心情を見事に体現している。胸に染み入るようなサウンドで心がいっぱいになる一曲。
11THE HOTEL MAJESTIC
80年代のニューウェイヴ系キーボードのフレーズが、ひねくれポップ感を演出するパワー・ポップ・チューン。勢いのある上向きなサウンドと甘いヴォーカルが太陽のように輝いており、聴いているだけで気持ちをポジティヴにしてくれる。
12PLANET OF WEED
間の抜けたギター・リフとハンドクラップ、バーの喧噪やグラスがぶつかり合う音などが随所に盛り込まれており、脱力したサウンドに思わずにやりとさせられてしまう。ラフなセッションながら、芯となっているメロディは揺るぎない。
13NEW ROUTINE
細かく刻まれるリズム・ギターときらめくギター・リフがサビで一気に弾けるグルーヴィなポップ・チューン。ひねくれたキーボードのフレーズや能天気なコーラスも相まって、すべてがカラフルな音の渦となって迫ってくる。
14SEATBACKS AND TRAYTABLES
ハーモニカのイントロがもの悲しい旋律を奏でるアコースティック・ナンバー。カントリー&フォークの色濃いサウンドとセンチメンタルなヴォーカルが融合し、メルヘンチックな世界を生み出している。
15SENSE INTO YOU
ディストーションの効いたヘヴィなエレクトリック・ギターとブギー調の泥臭いリズムが豪快に鳴り響く、ファウンテインズ・オブ・ウェイン流グラム・ロック・ナンバー。クリス・コリングウッドのオーヴァーダビングしたヴォーカルが力強い。
(15)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • ファウンテインズ・オブ・ウェイン
    米ニューヨークを拠点とするロック・バンド。メンバーはクリス・コリングウッド(vo)、ジョディ・ポーター(g)、アダム・シュレシンジャー(b)、ブライアン・ヤング(ds)の4名。アダムとクリスを中心に1996年に結成し、アルバム『ファウンテイ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015