SNAIL RAMP / TV MONSTER

はてなブックマークに追加
SNAIL RAMP / TV MONSTER
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    TV MONSTER
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    SCHOOL BUS RECORDS NEXT
  • 規格品番:
    TKCA-73066
  • 価格:
    2,619 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    SNAIL RAMP / TV MONSTERをAmazon.co.jpで購入するSNAIL RAMP / TV MONSTERを@TOWER.JPで購入するSNAIL RAMP / TV MONSTERをHMV.co.jpで購入するSNAIL RAMP / TV MONSTERを楽天ブックスで購入するSNAIL RAMP / TV MONSTERをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
新メンバーのTORUを迎え、4年半ぶりに登場した5枚目のアルバム。スカ・パンクのイメージを拡大解消し、堂々たるパンク・ロックの王道を歩む厳選されたメロディックな10曲を収録し、TORUも甘いヴォーカルとせつなくキャッチーな作風で大きく貢献してる。
ガイドコメント
50万枚売り上げた『FRESH BRASH OLDMAN』、30万枚売り上げた『GRAVITY』に続く、4年半ぶりのオリジナル・アルバム。新レーベル「SCHOOL BUS RECORDS“NEXT”」第1弾作品。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    5位 (2006/7/3)  ⇒  19位 (7/10)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    11位 (2006/7/3)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    10位 (2006/7/3)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    9位 (2006/7/3)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    6位 (2006/7/3)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    4位 (2006/7/3)  ⇒  10位 (7/10)
収録曲
01777
ナナナのコーラスが入るから「777」……というだけの安直なネーミングではない。「人生はしょせんギャンブル、だったら自分らしい生き方をしようよ」というメッセージが込められた、ポジティヴなナンバー。
02LAZY MUSIC
「LAZY MUSIC(のろい音楽)」というタイトルとは裏腹に、イントロから「ギュ、ギュイ〜〜ン!!」というハウリング音で迫るそのギャップに圧倒される。唸りまくるエレキ・ギターも印象的な、アグレッシヴなアッパー・チューン。
03WHO IS “BAKA”?
活動再開後、最初に作られたという、彼らにしては珍しく全編日本語詞の楽曲。いきなり「バカは誰だ!?」と告げるフレーズに、思わず「ハイ、僕です」と手を挙げてしまいそうな、ストレートな潔さがこの曲の魅力だ。
04ONE MORE TIME
伝説的なグランジ・バンド、ニルヴァーナのフロントマン、カート・コバーンへの想いがぎゅうぎゅうに詰め込まれたたナンバー。叙情的なセンチメンタリズムが楽曲全体を包み込むような、珠玉のトリビュート・ソング。
05PASSING
長かった活動休止期間のブランクをまったく感じさせない、暑苦しい夏を吹っ飛ばすような、ポップ感あふれるキャッチーなナンバー。TAKEMURAいわく“パッションフルーツ的な”TORUのヴォーカルも、聴きどころとなっている。
06BLACK DRIVER
スチャ、スチャという典型的なスカ・ビートなのにもかかわらず、マイナー・スケールでつくられた楽曲のためか、どこか歌謡曲っぽい印象を受けるナンバー。“日本人の日本人による日本人のためのスカ・パンク、ここにあり”といった野趣が感じられる。
07HELLO STRANGER
akioの脱退、TORUの加入、2002年10月からの長期活動休止など、山あり谷ありだったSNAIL RAMP。だからこそ「自分の運命を受け入れよう、自分の運命を笑い飛ばそう」というリリックが、前向きでポップなパンク・サウンドの上で踊る、心に響くナンバー。
08BACK IT UP!
トランペットやサックスなどが入っていないホーンレスであるがゆえに、ソリッドなバンド・サウンドが楽しめるナンバー。初期のSNAIL RAMPを彷彿とさせるタテノリの演奏は、ライヴでキッズを熱狂させること必至だ。
09EVERYTHING
前作『GRAVITY』で脱退したAKIOに代わって加入したTORUがメイン・ヴォーカルを務めた、エヴァーグリーンなナンバー。彼のスウィート&ビターな歌声が、開放的でドライなロック・サウンドの上で、爽やかな印象を残している。
10SPICE
英語詞志向のSNAIL RAMPが日本語詞にも積極的に取り組んだ、アルバム『TV MONSTER』のラスト・ナンバー。カーテンコール的な役割のあるこのトラックでも、「ビビらず飛び込んでゆけ」という日本語のリリックが飛び込んでくる。
タイアップ
  • 「777」 - dwango「いろメロミックスDX」TV-CMソング
  • 「777」 - テレビ朝日「アドレな!ガレッジ」エンディングテーマ
  • 「777」 - 北海道テレビ「夢チカ18」オープニングテーマ
  • 「LAZY MUZIC」 - TBS「格闘王」エンディングテーマ
アーティスト
  • SNAIL RAMP
    1995年結成。ノリの良さと勢いが身上のスカ・パンクを聴かせる3人組。96年にファースト・アルバム『ア・ピザ・オールレディ』を発表し、97年にはTAKEMURA(vo、b)が“SCHOOL BUS RECORDS”を設立。99年には新レーベ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015