フィッシュマンズ / 宇宙 日本 世田谷

はてなブックマークに追加
フィッシュマンズ / 宇宙 日本 世田谷
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    UCHU NIPPON SETAGAYA
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ポリドール
  • 規格品番:
    POCH-1640
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    フィッシュマンズ / 宇宙 日本 世田谷 をAmazon.co.jpで購入するフィッシュマンズ / 宇宙 日本 世田谷 をHMV.co.jpで購入するフィッシュマンズ / 宇宙 日本 世田谷 を楽天ブックスで購入するフィッシュマンズ / 宇宙 日本 世田谷 を@TOWER.JPで購入する
    フィッシュマンズ / 宇宙 日本 世田谷 を山野楽器で購入するフィッシュマンズ / 宇宙 日本 世田谷 をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ロック・ステディが信条のデビュー時からアンビエントな世界観を持ってた彼ら。前作『空中ジャンプ』頃からダブの延長線上にあるテクノ的要素に発火。ここにきてソレが自然炎上した様子。このアンビエントなダブ・ポップを世田谷区民として支持したい。
トラックリスト
01POKKA POKKA
夜明け前の動物園を彷彿とさせるイントロにはじまり、ゆっくりとしながらも着実にリズムを刻むメロディは、「ポッカリ空いた心の穴を少しずつ埋めていく」というリリックそのもの。アルバム『宇宙 日本 世田谷』の1曲目にふさわしい、覚醒ソング。
02WEATHER REPORT
野外レイヴで盛り上がること間違いなしの、ダンス・コンシャスなライヴ・ナンバー。宙を舞うように伸びやかな歌声が、ゆるやかでスケールの大きい、大地の振動のようなバック・サウンドにシンクロし、異空間を演出する。
03うしろ姿
坦々と刻まれるメトロノームのようなストリングス、途中で挿入するミディアム・テンポのギター・リフが心地良い。めまぐるしく変化するリズムが、寂しくてやるせない、それでも楽しい心象風景を描き出している。
04IN THE FLIGHT
フィッシュマンズの代名詞ともいえる“浮遊感”や“空虚感”を如実に表わした、後期を代表する名曲。空にすべてを委ねようという無力な歌詞、「IN THE FLIGHT」と何度もシャウトする切なくも力強い佐藤伸治の歌声は涙モノ。
05MAGIC LOVE
『宇宙 日本 世田谷』からの先行および12thシングルで、デビュー当初を彷彿とさせる、リズミカルで陽気なスカ・ナンバー。ナイーヴな恋ゴコロを綴った歌詞でありながら上質のポップ・ソングに仕上げたのは、フィッシュマンズならでは。
06バックビートにのっかって
闇が押し迫るかのような重々しいダブ・サウンドが印象的なイントロ。サビでは一転、不安だらけの日常に一筋の光を見出してくれるような、軽やかでやさしい歌声が耳に残る。グループのテーマ・ソングともいうべき重要曲。
07WALKING IN THE RHYTHM
一定のリズムを刻むクラシックなピアノの旋律にさまざまな音色が覆いかぶさって生まれた、不穏なメロディが美しい。自らのリズムを信じて、歌うように歩いていきたいという、揺るぎない意志の感じられる歌詞もまた秀逸。
08DAYDREAM
現実と非現実をどこまでもゆる〜りと彷徨う、まさに“白昼夢”のような感覚を抱かせるスロー・ナンバー。中〜終盤にかけての“白昼夢”を襲う音の応酬、テンポ・アップするリズムが、シニカルな歌詞のイメージを助長する。
  • フィッシュマンズ
    1987年、佐藤伸治(vo、g)を中心とする5人で結成。91年、シングル「ひこうき」でメジャー・デビュー。レゲエ、ダブを基本とした、J-POPサウンドとは一線を画すオリジナリティの高い作品をリリースして高い評価を獲得。90年代には前人未到の……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015