リアーナ / アンアポロジェティック

はてなブックマークに追加
リアーナ / アンアポロジェティック
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    UNAPOLOGETIC
  • ジャンル:
    ソウル/R&B/ゴスペル(海外)
  • レーベル:
    デフ・ジャム / ROCNATION
  • 規格品番:
    UICD-6203
  • 価格:
    2,190 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    リアーナ / アンアポロジェティックをAmazon.co.jpで購入するリアーナ / アンアポロジェティックを@TOWER.JPで購入するリアーナ / アンアポロジェティックをHMV.co.jpで購入するリアーナ / アンアポロジェティックを楽天ブックスで購入するリアーナ / アンアポロジェティックをTSUTAYAで購入する
    該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ガイドコメント
前作『トーク・ザット・トーク』に続く、2012年11月21日リリースの、リアーナ7作目となるスタジオ・アルバム。世界27ヵ国でiTunesチャート1位を獲得したシングル「ダイヤモンズ」を含む、爆発的なヒットとなりえる注目作だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    5位 (2012/11/19)  ⇒  9位 (11/26)  ⇒  19位 (12/3)  ⇒  25位 (12/10)  ⇒  16位 (12/17)  ⇒  23位 (12/24)  ⇒  35位 (12/31)  ⇒  22位 (2013/1/7)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    6位 (2012/11/19)  ⇒  12位 (11/26)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    5位 (2012/11/19)  ⇒  10位 (11/26)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    5位 (2012/11/19)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    4位 (2012/11/19)  ⇒  9位 (11/26)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    7位 (2012/11/19)  ⇒  8位 (11/26)
収録曲
01PHRESH OUT THE RUNWAY
デヴィッド・ゲッタとザ・ドリームのプロデュースによるエレクトロ・ヒップホップ風。強烈なエレクトロに攻撃的なビートを這わせたトラックは、リアーナの狡猾なフロウも含めて刺激的。“悪びれない”をアルバム『アンアポロジェティック』の冒頭から体現している。
02DIAMONDS
アルバム『アンアポロジェティック』からの1stシングル。艶やかさを帯びたドラマティックなR&Bで、リアーナの表情豊かなヴォーカルも映える出来だ。スターゲイトとベニー・ブランコというヒットメイカーがプロデュースを担当。
03NUMB
カニエ・ウェスト「キャント・テル・ミー・ナッシン」を使い、淀みと気だるさを演出した冷温なヒップホップ。不協和音なシンセ、低速&低温のスクリュー・ヴォイスも組み込み、不穏な空気を醸し出す。エミネムのフロウも仕込みありで、実験&挑戦的な姿勢がうかがえる。
04POUR IT UP
絶えず流れ出るという意味も持つ“pour”に合わせたように、感情を抑えた無機質に吐き出すリアーナの冷温ヴォーカルが印象的。ダークでどんよりした重厚なサイバー・ヒップホップは、マイク・ウィル・メイド・イットのプロデュース。
05LOVEEEEEEE SONG
フューチャーが客演&プロデュースをこなしたミディアム・エレクトロ。倦怠と妖艶を行き来する退廃美とでも呼べるトラックが魅力で、ジワジワと浸食するようなムードが全体を支配。嗚咽にも思えるフューチャーの補正済みフロウも印象に残る。
06JUMP
ジニュワイン「ポニー」を元ネタにした、スターゲイトとチェイス&ステイタス制作のダブステップ風。周囲をうかがうような緊張感から電撃的なシンセが全開するエレクトロへと展開。ヒネリの効いた刺激的なフロア・キラー・チューンだ。
07RIGHT NOW
一聴してデヴィッド・ゲッタ印と即断可能な、スターゲイトも加わってのアッパー・エレクトロ。王道といえるダンサブルなポップで、フロアでの需要も高そうだ。メロディが明瞭ゆえ、リアーナのヴォーカルもイキイキとしている。
08WHAT NOW
鍵盤のループをバックにダイナミックなヴォーカル・ワークを披露する、リアーナの情感が前面に出たドラマティックなバラード。ロック寄りの重厚なサウンドと変化したフックでは、リアーナもむき出しの歌唱で呼応している。
09STAY
制作にも携わったミッキー・エッコー客演による、ゆったりとしたR&B色が強いポップ・バラード。ピアノを全編に配した弾き語り風で、穏やかでどこか懐かしさも。アリシア・キーズっぽさも垣間見えるアルバム『アンアポロジェティック』からの2ndシングル。
10NOBODY'S BUSINESS
恋仲で沙汰もあったクリス・ブラウンを迎えての、甘酸っぱさも添えたR&Bマナーのファンキー・ポップ。マイケル・ジャクソン「ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール」の引用に応えるように、“ポストMJ”と呼ばれたクリスがMJ風の歌唱を披露。制作はドリーム。
11LOVE WITHOUT TRAGEDY/MOTHER MARY
ドリームとカルロス・マッキニーの共作による二部構成の曲。憂愁を感じさせる“悲劇のない愛”をリアーナが歌うとはなんとも意味深だが、慈愛が伝わる後半へ導かれると、重荷がとれた晴れやかな歌唱に。物語性を活かした作風だ。
12GET IT OVER WITH
純度の高い透明感を持った幻想的な空間を想起させるサウンドをバックに、リアーナの表情豊かなヴォーカルがまぶしい輝きを散りばめていく。ブライアン・ケネディのプロデュースによる、夢見心地を誘うメロディアスなナンバーだ。
13NO LOVE ALLOWED
ノー・ID制作による、カラッとした肌質のレゲエ調トラック。リアーナのルーツとなるカリビアンな作風とあって、ヴォーカルとの相性もバッチリ。避暑地のバカンスを思わせるレイドバック感が、心地よい雰囲気を醸し出している。
14LOST IN PARADISE
軸はスターゲイトらしいエレクトロ・ダンサーだが、UKラッパーのラブリンスとの共同制作ということで、色彩豊かな攻めたトラックとなった。どことなくホロ苦い憂愁を帯びた曲風がUKっぽく、そこへリアーナの彫りの深い歌唱がよく映える。
15HALF OF ME
くっきりとした陰影を映し出す、エミリー・サンデーがソングライトしたメロディが美しいデジタルなバラード。スターゲイトのエレクトロ加工も、メロディを活かすことを優先する好アシストに。リアーナの歌唱もしっとりと艶やか。
16DIAMONDS
スターゲイトとベニー・ブランコが制作したアルバム『アンアポロジェティック』からの先行シングルを、デイヴ・オーデがリミックス。シンセをプラスし、奥行きとメロディの良さを強調。デジタル加工も嫌味なく、リアーナの歌唱が生きたものとなっている。
17DIAMONDS
グレゴア・サルトが、アルバム『アンアポロジェティック』からの先行シングルをリミックス。ノスタルジックなムードが全体を覆うが、配色はそれほど暗くない。ヴォーカルとバック・トラックをくっきりとした濃淡で描いている。どこか東欧・ロシア的な感じも。
(15)(16)(17)ボーナストラック
封入特典
  • 解説
アーティスト
  • リアーナ
    1988年2月20日生まれ、バルバドス出身のシンガー・ソングライター/モデル/プロデューサー。2005年、16歳の時にシングル「ポン・デ・リプレイ」でデビュー。デフ・ジャムのCEOだったジェイ・Zのバックアップに加え、抜群の歌唱力とキュート……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム
[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015