アヴリル・ラヴィーン / アンダー・マイ・スキン

はてなブックマークに追加
アヴリル・ラヴィーン / アンダー・マイ・スキン
CD
ガイドコメント
デビュー・アルバム『レット・ゴー』から2年ぶり、アヴリル・ラヴィーン待望の2ndアルバム。先行シングル「ドント・テル・ミー」をはじめ、よりロック色を増した仕上がりだ。
ガイドコメント
世界中で驚異的なセールスを記録した『レット・ゴー』に続くアヴリル・ラヴィーンの2ndアルバム。先行シングル「ドント・テル・ミー」をはじめ、前作よりロック色と大人っぽさを増した仕上がりに。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2004/5/10)  ⇒  2位 (5/17)  ⇒  3位 (5/24)  ⇒  5位 (5/31)  ⇒  6位 (6/7)  ⇒  10位 (6/14)  ⇒  8位 (6/21)  ⇒  7位 (6/28)  ⇒  26位 (7/5)  ⇒  20位 (7/12)  ⇒  21位 (7/19)  ⇒  25位 (7/26)  ⇒  21位 (8/2)  ⇒  13位 (8/9)  ⇒  13位 (8/16)  ⇒  35位 (8/23)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2004/5/10)  ⇒  2位 (5/17)  ⇒  2位 (5/24)  ⇒  6位 (5/31)  ⇒  7位 (6/7)  ⇒  5位 (6/14)  ⇒  8位 (6/21)  ⇒  7位 (6/28)  ⇒  13位 (7/12)  ⇒  14位 (8/9)  ⇒  14位 (8/16)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2004/5/10)  ⇒  1位 (5/17)  ⇒  2位 (5/24)  ⇒  5位 (5/31)  ⇒  5位 (6/7)  ⇒  7位 (6/14)  ⇒  7位 (6/21)  ⇒  8位 (6/28)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2004/5/10)  ⇒  1位 (5/17)  ⇒  2位 (5/24)  ⇒  5位 (5/31)  ⇒  5位 (6/7)  ⇒  6位 (6/14)  ⇒  9位 (6/21)  ⇒  7位 (6/28)  ⇒  9位 (7/12)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2004/5/10)  ⇒  2位 (5/17)  ⇒  2位 (5/24)  ⇒  6位 (5/31)  ⇒  7位 (6/7)  ⇒  6位 (6/14)  ⇒  7位 (6/28)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2004/5/10)  ⇒  1位 (5/17)  ⇒  2位 (5/24)  ⇒  2位 (5/31)  ⇒  4位 (6/7)  ⇒  3位 (6/14)  ⇒  3位 (6/21)  ⇒  7位 (6/28)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2004/5/10)  ⇒  2位 (5/17)  ⇒  1位 (5/24)  ⇒  3位 (5/31)  ⇒  4位 (6/7)  ⇒  5位 (6/14)  ⇒  2位 (6/21)  ⇒  3位 (6/28)  ⇒  8位 (7/5)  ⇒  11位 (7/12)  ⇒  10位 (7/19)  ⇒  13位 (7/26)  ⇒  10位 (8/2)  ⇒  9位 (8/9)  ⇒  8位 (8/16)
収録曲
01TAKE ME AWAY
苦悩を訴えかけるように、感情が強くむき出しにされた叙情詩。哀愁漂うギターの音色が特徴的で、ひたひたと綴る言葉に深く惹かれる。2ndアルバム『アンダー・マイ・スキン』のオープニング・トラック。
02TOGETHER
03DON'T TELL ME
2ndアルバム『アンダー・マイ・スキン』からのリード・シングル。木漏れ日を連想させるキーボードの音色で始まるスロー・ナンバー。透き通るようなサウンドに、アヴリルの怒りと切なさが入り交じった歌声が風のようにのる。
04HE WASN'T
月曜日が大嫌いなすべての人に捧げるエモ・パンク・チューン。「スケ8ター・ボーイ」路線のノリノリな曲調は、サビ部分はもちろんのこと、間奏部のHEY HEYやNA NA NA〜だってシンガロング必至。浮かない気分もこの曲で退散。
05HOW DOES IT FEEL
06MY HAPPY ENDING
2ndアルバム『アンダー・マイ・スキン』の収録曲。陰影がくっきりと見えるかのような演奏に、歌詞の中に秘められた“恋”を軸とする喜怒哀楽をアヴリルが力強く表現している。
07NOBODY'S HOME
08FORGOTTEN
09WHO KNOWS
10FALL TO PIECES
2ndアルバム『アンダー・マイ・スキン』の収録曲。真っ直ぐ前を見据えた演奏の中にもひっそりと弱さが潜んでいて、さまざまな音色の変化が面白い。そんなサウンドに包まれたアヴリルの恋物語。
11FREAK OUT
12SLIPPED AWAY
13I ALWAYS GET WHAT I WANT
映画『プリティ・プリンセス2』のサントラにも使われたパンキッシュなタテノリ・ナンバーは、小気味良いドラムの連打も印象的。1stアルバムのプロデュースも手がけたAOR界の才人クリス・マグネスとの共作による隠れ人気曲。
14NOBODY'S HOME
(13)(14)ボーナストラック
タイアップ
  • 「シングス・アイル・ネヴァー・セイ」 - UIP「モナリザ・スマイル」TVスポット使用曲
  • 「ドント・テル・ミー」 - 日本テレビ「汐留スタイル!〜HAPPY LIFE COLLECTION〜」stylish play 046
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳/ミニ・ポスター
アーティスト
  • アヴリル・ラヴィーン
    1984年9月27日生まれ、カナダ・オンタリオ州ベルヴィルの出身のシンガー・ソングライター。出生名はアヴリル・ラモーナ・ラヴィーン。2002年に『レット・ゴー』でアルバム・デビュー。「コンプリケイテッド」「スケーター・ボーイ」などのヒットで……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015