SUM 41 / アンダークラス・ヒーロー

はてなブックマークに追加
SUM 41 / アンダークラス・ヒーロー
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    UNDERCLASS HERO
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    アイランド
  • 規格品番:
    UICL-1067
  • 価格:
    2,304 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    SUM 41 / アンダークラス・ヒーローをAmazon.co.jpで購入するSUM 41 / アンダークラス・ヒーローを@TOWER.JPで購入するSUM 41 / アンダークラス・ヒーローをHMV.co.jpで購入するSUM 41 / アンダークラス・ヒーローを楽天ブックスで購入するSUM 41 / アンダークラス・ヒーローをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
原点回帰とでもいうべきパンクのエッジを際立たせながら、同時にメロディの豊かさも示している5枚目のアルバムは、確実に新しい章を開いた感がある。歌詞の面でも“アンダークラス”からの社会に抗する力について言及されたりと、最もシリアスな内容を扱っている。
ガイドコメント
日本でもヒットした前作『チャック』から約3年ぶりとなる4thアルバム。ギタリストのデイヴ・バクシュが脱退して3人組となった彼らだが、メロディアスなサウンドとパワフルな演奏は健在だ。
ニュース
チャート
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    7位 (2007/8/6)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    7位 (2007/8/6)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2007/8/6)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    7位 (2007/8/6)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    10位 (2007/8/6)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    2位 (2007/8/6)  ⇒  14位 (8/27)
収録曲
01UNDERCLASS HERO
サム41のエッセンスが極限までに凝縮された、反骨精神みなぎるポップ・パンク・ナンバー。印象的なサビは前作『チャック』にボーナス・トラックとして収録されていた「サブジェクト・トゥ・チェンジ」を発展させて完成されたもの。
02WALKING DISASTER
“行き止まりで俺は始める”と、デイヴ・バクシュの脱退によって生まれた迷いを断ち切り、バンドをゼロから再出発させようとする固い決意が歌い込まれたパンク・チューン。デリック・ウィブリーのまっすぐで力強い歌声が感動的だ。
03SPEAK OF THE DEVIL
ビーチ・ボーイズも真っ青な分厚いコーラス・ワークの導入からお得意のパンク・サウンドへと一気になだれ込む、ドラマティックな楽曲構成が印象的な一品。エレクトリック・ギターの繊細でメロディアスなアルペジオが美しい。
04DEAR FATHER
デリック・ウィブリーが生まれる前に家族を捨てた、彼の実の父親について歌われたエモーショナルなギター・ロック・ナンバー。“あなたのことは名前以外、何も知らない”と、深い悲しみと孤独感が切々と歌い上げられる。
05COUNT YOUR LAST BLESSINGS
“俺の敵は俺自身。俺を助けてくれる奴など誰もいない”と、辛く厳しい世界の中で挫けそうになっている自分自身の心を奮い立たせようとするパンク・チューン。攻撃的なサウンドの中で淡々と鳴り響く、ピアノの冷たい音色が印象的。
06MA POUBELLE
ビートルズやキンクスといった英国ロック・バンドを思わせる、ピアノを基調としたボードヴィル調のキャッチーなポップ・ソング。カナダ出身というバンドのアイデンティティを活かし、全編にわたってフランス語で歌い上げているのが楽しい。
07MARCH OF THE DOGS
“アメリカ合衆国の大統領は死んだ!”という衝撃的な歌い出しで始まる、ブッシュ大統領への強い怒りが詰め込まれたパンク・ナンバー。アメリカ社会の底辺で苦しむ人々の心情を代弁したかのような、社会派メッセージ・ソングだ。
08THE JESTER
「マーチ・オブ・ザ・ドッグス」のコーダ部分のワルツのリズムを引き継いで始まるロック・ナンバー。社会の下層でもがく人々を無視し、ふんぞり返っているエリートたちへの怒りが綴られた詞からは、バンドの社会意識の高さがうかがえる。
09WITH ME
デリック・ウィブリーの妻であるアヴリル・ラヴィーンへと宛てられたパーソナルなラヴ・ソング。“おまえなしでは生きる意味がない。何があってもおまえを離さない”と、気恥ずかしくなるほどのまっすぐで熱い愛が歌い上げられる。
10PULL THE CURTAIN
“生きる屍が目覚め、ホラー・ショウが始まる”という歌詞に顕著なように、ゴシック風のダークな雰囲気が魅惑的なロックンロール・ナンバー。メンバー3人による息の合った掛け合いコーラスが、バンドの結束力の強さを感じさせる。
11KING OF CONTRADICTION
高速ブラスト・ビートが刺激的なハードコア・パンク・チューン。基本的にはストレートなロック・サウンドながらも、複雑なリズム・チェンジを行なうなど、バンドの演奏力の高さがうかがえるキメの細かいアレンジだ。
12BEST OF ME
“過ちを撤回することなどできないと分かっているが、それでも謝りたいんだ”。そんな取り返しのつかない過ちを犯してしまったことに対する深い後悔と、大切な恋人への謝罪の念が切々と綴られたドラマティックなラヴ・バラード。
13CONFUSION AND FRUSTRATION IN MODERN TIMES
タイトルそのままに、“現代における混乱とフラストレーション”が綴られたポップ・パンク・チューン。現代社会を覆う深い閉塞感を振り切るかのように、エレクトリック・ギターのパワー・コードが力強くかき鳴らされる。
14SO LONG GOODBYE
2006年にバンドを脱退したギタリストのデイヴ・バクシュへの愛憎入り乱れる心情が綴られたアコースティック・バラード。デリック・ウィブリーの孤独感を代弁するかのような、メランコリックなストリングスの音色が切ない。
15NO APOLOGIES
彼らの大先輩であるグリーン・デイにも通じる、キャッチーなポップ・パンク・チューン。“結論にはなりたくない”と、常に世界に対する疑問や不満を投げかけていこうとする、バンドの社会意識の高さが歌詞に表われている。
16THIS IS GOODBYE
デビュー時のサウンドに回帰したストレートなパンク・ロック・ナンバー。「ソー・ロング・グッバイ」がデイヴ・バクシュへの“愛憎入り乱れる心情”を綴ったものであるのに対して、この曲では彼に対する“憎しみ”が中心に綴られている。
(15)(16)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • SUM 41
    カナダ・トロント近郊エイジャックス出身のパンク・バンド。“夏休み41日目”に体験した1996年のワープド・ツアーでパンクに感銘を受け、デリック・ウィブリーを中心に結成。2000年にミニ・アルバム『ハーフ・アワー・オブ・パワー』でデビュー。オ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015