flumpool / Unreal

はてなブックマークに追加
flumpool / Unreal
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    UNREAL
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    antwork
  • 規格品番:
    AZCS-1001
  • 価格:
    1,800 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    flumpool / UnrealをAmazon.co.jpで購入するflumpool / Unrealを@TOWER.JPで購入するflumpool / UnrealをHMV.co.jpで購入するflumpool / Unrealを楽天ブックスで購入するflumpool / UnrealをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
話題の大型新人としてデビューした4人組の初ミニ・アルバム。広く知られるキッカケとなった「花になれ」(ORCAの百田留衣が手掛けた楽曲)をはじめ、歌を前面に押し出しながら、心地よく浸透してくるポップ・チューンを奏でる。細かなバンド・アンサンブルも意外な妙味。
ガイドコメント
4人組ロック・バンド、flumpoolのデビュー・ミニ・アルバム。TBS系ドラマ『ブラッディ・マンデイ』主題歌やau「LISMO」CMソングなどを収録した豪華な内容となっている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2008/11/17)  ⇒  7位 (11/24)  ⇒  21位 (12/1)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    3位 (2008/11/17)  ⇒  9位 (11/24)  ⇒  12位 (12/1)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2008/11/17)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2008/11/17)  ⇒  6位 (11/24)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2008/11/17)  ⇒  10位 (11/24)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    3位 (2008/11/17)  ⇒  5位 (11/24)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2008/11/17)  ⇒  5位 (11/24)  ⇒  9位 (12/1)  ⇒  17位 (12/8)  ⇒  10位 (12/15)  ⇒  16位 (12/29)
収録曲
01花になれ
au「LISMO」のCMタイアップに起用され、flumpoolの名を一躍有名にした記念すべきデビュー曲。今を憂いながらも力強く咲き誇ろうと語りかけるメッセージの後ろで、ストリングスがほどよい緊張を感じさせる。
02春風
もう会えない相手に捧げる切ないミディアム・ナンバー。シンプルな構成のサウンドが、“会いたい”とひたすら願う歌詞を際立たせている。あまりに一途な主人公の想いと優しい音色が相まって、思わず涙。
03Over the rain〜ひかりの橋〜
ストリングスを多用した、奥行きや壮大さを感じさせるサウンドが印象的なナンバー。挫けそうな気持ちを奮い立たせ、前を向いて行こうと背中を押す応援歌で、どんな雨も必ずあがって光が差す、その輝きを信じて歩けば夢に届くのだと歌っている。
04388859
別れを切り出されたときに初めて気づく気持ち、情けなさ、悔しさをリアルに綴ったラヴ・ソング。告げられた“さよなら”に後押しされた募る一途な想いを歌う、山村の甘くもエモーショナルなヴォーカルが胸に刺さる。携帯でタイトルの意味深な数字を順に打って表れる文字を読むと……。
05Hello
“なんで生まれたの?”“生きる意味って?”不安や悩みが募ることもあるけれど、君が笑い、君がいてくれるだけでただ嬉しい……。何気ないことにこそ大切なことがあるんだと気づかせてくれる、前向きなロック・ナンバーだ。
06labo
2008年8月にTBS系『CDTV』のエンディング・テーマとしても使われた、インディ時代から人気の爽快なロック・チューン。耳に心地よく響くギターの音色が生む軽快なポップ・サウンドに、ウキウキとしてしまう。
07LOST
自主制作盤「ミライカナイ」やTSUTAYA限定シングル「labo」にも収録されたミディアム・チューン。自由を求めながらも、地に足が着いた安心感のある現状から抜け出すことへの不安と葛藤を、哀愁漂うサウンドに乗せて歌う。臆病は失うことだというメッセージに、力強さがみなぎっている。
08未来
愛する人とともに未来を歩んでいく決意を歌う、感動必至のラヴ・バラード。まっすぐ心に響く詞を歌う山村の甘く澄んだ声と温かくもビターなサウンドが見事にマッチし、ロマンティックな世界観を生み出している。
09花になれ (Instrumental)
ミニ・アルバム『Unreal』に収録された、「花になれ」のインストゥルメンタル・ヴァージョン。バンド・サウンドと見事に融合したストリングスは存在を主張しながらも、しっかりと曲を引き立てているのが分かる。タイトなギター・リフとともに堪能あれ。
10Over the rain〜ひかりの橋〜 (Instrumental)
TBS系ドラマ『ブラッディ・マンデイ』の主題歌として起用された配信限定シングル「Over the rain〜ひかりの橋〜」のインスト版。ドラマティックに盛り上がるサウンドの中で奏でられるアルペジオがなんともほろ苦い。じっくり聴いてもらいたい一曲。
仕様
販売時 (特殊スリーブケース)
タイアップ
  • 「labo」 - TBS「カウントダウンTV」エンディングテーマ
  • 「Over the rain〜ひかりの橋〜」 - エムティーアイ「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「Over the rain〜ひかりの橋〜」 - TBS「ブラッディ・マンデイ」主題歌
  • 「花になれ」 - au by KDDI「LISMO」TV-CMソング
封入特典
  • 写真集「Over the rain〜ひかりの橋〜」(初回のみ)
アーティスト
  • 大阪府出身のロック・バンド。メンバーは山村隆太(vo)、阪井一生(g)、尼川元気(b)、小倉誠司(ds)の4名。弾き語りユニットの309、cubeを経て、2007年1月に始動。翌年にCMソング起用の「花になれ」が脚光を浴び、ミニ・アルバム『……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015