アイ・アム・ロボット・アンド・プラウド / アップヒル・シティ

はてなブックマークに追加
アイ・アム・ロボット・アンド・プラウド / アップヒル・シティ
CD
ミニ・レビュー
カナダはトロントで活動する中国人ショウハン・リームによる一人ポップ・エレクトロニカ・ユニットの4枚目のアルバム。独自の温かみあるポップなエレクトロニクス・サウンドにますます冴えが見られる集大成的作品で、巧みなトラック・メイクは見事の一言だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    9位 (2008/9/15)  ⇒  25位 (9/22)  ⇒  18位 (9/29)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    16位 (2008/9/15)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    4位 (2008/9/15)  ⇒  6位 (9/22)  ⇒  9位 (9/29)
収録曲
01SOMETHING TO WRITE HOME ABOUT
02UPHILL CITY
03MAKING A CASE FOR MAGIC
04THE MELT
05401 CIRCUIT
06ISLAND LIFE
07STORM OF THE CENTURY
08THE RISK
09SONG FOR TWO WHEELS
10TRAIN STATION LULLABY
11TRAIN DREAM 1
12TRAIN DREAM 2
(11)(12)ボーナストラック
封入特典
  • 解説
アーティスト
  • I am Robot and Proud
    カナダ・トロント生まれの中国系カナダ人、ショウハン・リームによるソロ・プロジェクト。トロント王立音楽院でクラシック・ピアノを学んだ後、90年代半ばにコンピュータでの作曲による電子音楽へ転向。2000年から『ASTRO BOY』(『鉄腕アトム……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[特集] 〽玉川太福のまるごとぉぉぉぉぉ『浪曲師 玉川太福読本』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015