マーク・ロンソン / アップタウン・スペシャル

はてなブックマークに追加
マーク・ロンソン / アップタウン・スペシャル
CD
ガイドコメント
エイミー・ワインハウス「リハブ」のプロデュースで脚光を浴びたDJ/プロデューサーのアルバム。先行シングル「アップタウン・ファンク」に客演したブルーノ・マーズのほか、ジェフ・バスカー、ケビン・パーカー、スティーヴィー・ワンダーらがゲスト参加。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    23位 (2015/2/9)  ⇒  17位 (2/16)  ⇒  27位 (2/23)  ⇒  25位 (3/2)  ⇒  26位 (3/16)  ⇒  34位 (3/23)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    16位 (2015/2/9)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    9位 (2015/3/23)  ⇒  10位 (5/4)
収録曲
01UPTOWN'S FIRST FINLE
02SUMMER BREAKING
03FEEL RIGHT
04UPTOWN FUNK
05I CAN'T LOSE
06DAFFODILS
07CRACK IN THE PEARL
08IN CASE OF FIRE
09LEAVING LOS FELIZ
10HEAVY AND ROLLING
11CRACK IN THE PEARL, PT.2
12UPTOWN FUNK
(12)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • マーク・ロンソン
    1975年9月4日、英ロンドン生まれ、米ニューヨーク育ちのミュージシャン/DJ/プロデューサー。名士の両親を持つ家庭環境で育ち、16歳頃よりDJ活動を開始。大学時代にはクラブのレギュラーDJとして人気となり、その後大物アーティストの世界ツア……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子
[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様
[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る
[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー
[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”
[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター[インタビュー] アンドレア・ボチェッリ、ロックダウン中の心境を反映した、安らぎの新作『Believe〜愛だけを信じて』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015