あふりらんぽ / URUSA IN JAPAN

はてなブックマークに追加
あふりらんぽ / URUSA IN JAPAN
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    URUSA IN JAPAN
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    Ki / oon
  • 規格品番:
    KSCL-775
  • 価格:
    2,400 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    あふりらんぽ / URUSA IN JAPANをAmazon.co.jpで購入するあふりらんぽ / URUSA IN JAPANをHMV.co.jpで購入するあふりらんぽ / URUSA IN JAPANを楽天ブックスで購入するあふりらんぽ / URUSA IN JAPANを@TOWER.JPで購入する
    あふりらんぽ / URUSA IN JAPANを山野楽器で購入するあふりらんぽ / URUSA IN JAPANをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
得体の知れないパワーで疾走する彼女たちであるが、新手のハードコアと思えばその音楽性も高く感じてしまうから不思議なものだ。絶対に一発録りだ、と断言できる妙な音質もライヴ感があり面白いし、既成概念というモノは非常に狭い価値観なのだなと気づかせてくれる一枚。
ガイドコメント
SONIC YOUTHの前座を務め、世界を騒がす20歳の2人組。本作は、すべてシカゴにて録音された作品で、抜群のオリジナリティと20歳ならではの純情、超絶テクニックとが絡み合う話題作だ。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    20位 (2005/5/9)
収録曲
01ドドドド
ストレートなONIのギターとPIKAの力強く変幻自在なドラム。二人の自由なヴォイスが渾然一体となった演奏は、ハードコア・ファンのみならず、ベテラン・ミュージシャンをも魅了。メジャー進出アルバム第1弾のオープニング・トラックに相応しい1曲。
02あかんこのまま帰さない
“Let's Go!”の合図で始まる骨太なロックンロール・ナンバー。グイグイと引っ張られる演奏と徐々に深くエフェクトが掛かったヴォーカルが、独特の世界観を醸し出している。時折入る絶叫はボアダムスのYoshimiを彷彿とさせるようだ。
03オニピカハート
力強いドラムとクリーンで骨太なギターは、ヴォーカルが入らなければ女の子二人組とは思えないほどたくましい演奏。コロコロ変化する曲の展開と歌詞が面白く、心の底から演奏を楽しんでいる様子が伝わってくる。
04ちょととまてくださいよ!!
前半はたった三小節で演奏が止まり「ちょととまてくださいよ!!」と、曲のタイトルを連呼。曲が進むにつれて何を絶叫しているのか分らなくなる。1分ちょっとの短い曲ながら、自由な彼女たちの魅力が満載。
05アートブレイコー
“アホにな〜る〜おまじない!”という歌詞が病みつきになる1曲。激しいドラムのイントロから始まり、ブルース・エクスプロージョンを彷彿とさせるドスの利いたサウンドへと変化する。アホさと疾走する演奏が素晴らしい。
06HARITATENO GEN DID CUT!
「張りたての弦が切れたー!」とほぼタイトル通りに絶叫。ハードコア・パンクでガンガン責め立てる演奏が心地良い。関西アンダーグラウンド・シーン独特のアホさ加減が満載で、49秒で曲は終了。
07生意気うさぎ
どこかで聴いたことのあるような、懐かしいメロディ。あふりらんぽ版童謡という感じか。歌詞も「生意気うさぎが食べちゃった」と童謡ライク。シンプルな楽曲ながらも、歪み系のノイズで終わるという遊び心が満載の1曲。
08サンダー
ソニック・ユースを思い出させるようなハーモニーと、メロディアスで歌心のあるナンバー。サウンドはゆっくりと変化し、力強くも美しいギター・リフを聴かせる。ハード・コアな雰囲気で終わるのも、彼女たちらしい。
09In the Space Night
“In the Space Night”という絶叫で始まり、力強いドラムと歪んだギターでサイケ色の濃い演奏が繰り広げられる。深いリバーヴが掛かったヴォーカルで、宇宙に飛んで行ってしまったような歌詞が印象深くて面白い。
10せーの
疾走感のあるロックンロール・ナンバー。「せーの」というかけ声で始まり、適度に歪んだギターとグルーヴ感あふれるドラムが渾然一体となった演奏が、次第に混沌とした世界に突入する。文句なしにカッコイイ1曲。
11CAVA
鋭いカッティング・ギターと性急なリズムでグルーヴするドラムで演奏が始まるが、一転して、ヴォイスのみのパフォーマンスが展開される。元の演奏に戻ったかと思ったら、ゆっくりとしたリズムに変化する曲構成が興味深い。
12テレパシー
ゴリゴリとした感触のギターと激しいドラムで始まるこの曲は、アルバムで唯一の完全な即興による演奏。何の決め事もなしに繰り広げられる演奏は、激しい絶叫と可愛らしい歌が混在し、喩えようのもない混沌とした世界に突入する。
13あふりらんぽ
インディーズ時代にもリリースされている、彼女たちの自己紹介的な代表曲。とびっきりの明るさと極上のロックンロールで歌われるこの曲からは、彼女たちの自由な精神とバンドとしての完成度の高さを聴くことができる。
アーティスト
  • あふりらんぽ
    2002年、大阪で結成された女性2人組のユニット。メンバーはONI(g,vo)とPIKA(ds,vo)。自らを“すっぽんぽんロック”と称し、凄まじいテクニックと高すぎるテンションで独自の世界観を築きあげている。2003年に自主制作盤『A』、……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集
[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー
[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015