宇多田ヒカル / Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1

はてなブックマークに追加
宇多田ヒカル / Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    UTADA HIKARU SINGLE COLLECTION VOL.1
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    イーストワールド
  • 規格品番:
    TOCT-25300
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    宇多田ヒカル / Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1をAmazon.co.jpで購入する宇多田ヒカル / Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1をHMV.co.jpで購入する宇多田ヒカル / Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1を楽天ブックスで購入する宇多田ヒカル / Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1を@TOWER.JPで購入する
    宇多田ヒカル / Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1を山野楽器で購入する宇多田ヒカル / Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
メロディの強さの勝利だったか。決して簡単な曲とはいえぬものでも聴く者の歌唱欲を刺激する総合的親しみやすさが効く。切なさが幾重にもなぐさめられるメロディが自然に湧き出て来るように感じられるのだから、やはりただものではない、とあらためて思う。
宇多田ヒカルのシングル・コレクション。リリースにあたって、アメリカ屈指のマスタリング・エンジニア、テッド・ジェンセンが全曲リマスタリングを担当、音のクオリティも保証付き。
「Automatic」から「COLORS」までの全シングルを収めたコレクション。15歳からの5年間に彼女が発表した15曲には、日本のポップ・ミュージック・シーンの変遷がそのまま記録されているようだ。
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2004/3/29)  ⇒  2位 (4/5)  ⇒  2位 (4/12)  ⇒  13位 (4/19)  ⇒  10位 (4/26)  ⇒  16位 (5/3)  ⇒  35位 (5/10)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2004/3/29)  ⇒  2位 (4/5)  ⇒  2位 (4/12)  ⇒  9位 (4/19)  ⇒  7位 (4/26)  ⇒  6位 (5/3)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2004/3/29)  ⇒  2位 (4/5)  ⇒  4位 (4/12)  ⇒  10位 (5/3)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2004/3/29)  ⇒  2位 (4/5)  ⇒  3位 (4/12)  ⇒  9位 (4/19)  ⇒  9位 (4/26)  ⇒  8位 (5/3)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2004/3/29)  ⇒  3位 (4/5)  ⇒  4位 (4/12)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2004/3/29)  ⇒  2位 (4/5)  ⇒  2位 (4/12)  ⇒  5位 (4/19)  ⇒  5位 (4/26)  ⇒  5位 (5/3)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2004/3/29)  ⇒  2位 (4/5)  ⇒  2位 (4/12)  ⇒  7位 (4/19)  ⇒  7位 (4/26)  ⇒  4位 (5/3)  ⇒  7位 (5/10)  ⇒  10位 (5/17)  ⇒  20位 (6/14)
トラックリスト
01time will tell
ブラック・テイストやジャズ・ファンク調のアクセントを忍び込ませながら、ポップスとして聴ける構成力が光るナンバー。ダンス・チューン的要素のある曲ながら、ミディアム・テンポを維持できるバランスは高水準。
02Automatic
女性R&Bシンガーのトップへ一気に登りつめ、音楽シーンを驚愕させたデビュー・シングル。情感豊かなヴォーカル・ワークと、柔軟なメロディ・ラインが心地よい浮遊感を生んでいる。当時15歳!
03Movin' on without you
驚嘆のデビュー・シングルを受けての2ndシングル。疾走感あるダンス・ビートに、鋭く刻むギター・リフが印象的。当時15歳で“いいオンナ演じるのはまだ早すぎるかな”と歌われても、説得力があるんだから凄い。
04First Love
飾り気ない素朴なピアノとストリングスが瑞々しく響くスロー・バラード。空間と空間を紡いでいくような表現力の豊かさと、決して優しくない旋律をサラッと歌える能力には、もう脱帽するしかない3rdシングル。
05Addicted To You (UP-IN-HEAVEN MIX)
「Automatic」のイメージの呪縛を一気に払拭させた4thシングル。全篇にわたる“チキチキ”サウンド、ジャム&ルイスが手掛けた本格的なR&Bに、彼女独特のニュアンスで咀嚼してくる細密なヴォーカルが堪らない。
06Wait&See〜リスク〜
5thシングルは、声色は揺らぎがあって浮遊的であるのに、しっかりと骨太さを感じるダンス・チューン。都会的な疾走感を保ちながら、時折突き刺さるようなビートが迫る。転調してのラストへの展開が圧巻。
07For You
一気に突き抜けるような展開はなく全開感には欠けるが、彼女が持つ“和”のテイストが、重いキックで進むボトム・ラインと上手く調和して洗練された6thシングル。彼女だからこそ歌いこなせるサウンドで、完成度高し。
08タイム・リミット
ロドニー・ジャーキンスの“ダーク・チャイルド”テイストを盛り込んだミディアムR&Bサウンド。表面的には漂流感を見せつつも重心の低いラインをしっかり構築するヴォーカルが、上級ポップスに仕立てている。
09Can You Keep A Secret?
スパニッシュ風のギター・フレーズがさらに情動を煽る7thシングル。メリハリの効いたサウンド・メイクが、内に秘める一途さとあふれそうな情念との間で行き交う心の機微を見事に表現。TVドラマ『HERO』主題歌。
10FINAL DISTANCE
2ndアルバムのタイトル曲をピアノとストリングスのクラシカルなバラードにアレンジ。美しくも繊細なメロディは、心や身体の隅々へと行きわたる浸透力があり、守りたいものすべてへ捧ぐ一曲。
11traveling
雲の隙間を飛び跳ねていくようなスピード感とボトムの効いたダンス・ビート。そこに春らしさが窺える包容力ある楽曲や『平家物語』の一節を引用した詞など、和のテイストが波のように連鎖するハイパー・チューン。
12
13SAKURAドロップス
ドラム・ロールから始まり、煌めく音効がちりばめられているものの、全体的に骨っぽさを感じるメロディが、芯の強さをあらわしている。肉を削ぎ落としたムードが、符割りにも歌唱にも見られ、シンプルかつ新鮮。
14Letters
ラテンやジプシー調のサウンドがスパイスとなって、情熱的な旋律に浸透している。軽快なリズムとは対照的にメランコリックな日常感を映し出している。アコギでCharやGLAYのHISASHIらが参加。
15COLORS
オリエンタルなイントロから、どこか悩みを振り切ろうともがくような緩急あるメロディを展開。サビにパッと花が咲き出すように、サウンドが色鮮やかになっていくナンバー。
タイアップ
  • 「Automatic」 - フジテレビ「宇多田ヒカル Making of unplugged」
  • 「Can You Keep A Secret?」 - フジテレビ「HERO」主題歌
  • 「COLORS」 - TOYOTA「WiSH」
  • 「FINAL DISTANCE」 - NTTドコモ「M−stage music」
  • 「First Love」 - NTT東日本TV-CMソング
  • 「Letters」 - NTTドコモ「FOMA」
  • 「SAKURAドロップス」 - TBS「First Love」主題歌
  • 「traveling」 - NTTドコモ「FOMA」
  • 「光」 - SQUARE ENIX「KINGDOM HEARTS Birth by Sleep」TV-CMソング
  • 「光」 - SQUARE ENIX「KINGDOM HEARTS Unchainedχ」TV-CMソング
  • 「光」 - スクウェア「キングダムハーツ」
  • 「光」 - SQUARE ENIX「キングダムハーツHD1.5リミックス」TV-CMソング
  • 「光」 - アサヒ飲料「バヤリースオレンジ キングダムハーツキャンペーン」
  • 宇多田ヒカル
    1983年1月19日生まれ、米・ニューヨーク出身のシンガー・ソングライター。愛称は“ヒッキー”。母は藤圭子。10歳頃から活動を始め、ファミリー・ユニット“Cubic U”名義で楽曲を発表。98年に本人名義でデビューするとたちまちシーンを席巻……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは
[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』
[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015