UTADA HIKARU / UTADA HIKARU SINGLE COLLECTION VOL.2 [紙ジャケット仕様] [2CD]

はてなブックマークに追加
UTADA HIKARU / UTADA HIKARU SINGLE COLLECTION VOL.2 [紙ジャケット仕様] [2CD]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    UTADA HIKARU SINGLE COLLECTION VOL.2
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    イーストワールド
  • 規格品番:
    TOCT-27027〜8
  • 価格:
    3,457 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    UTADA HIKARU / UTADA HIKARU SINGLE COLLECTION VOL.2 [紙ジャケット仕様] [2CD]をAmazon.co.jpで購入するUTADA HIKARU / UTADA HIKARU SINGLE COLLECTION VOL.2 [紙ジャケット仕様] [2CD]を@TOWER.JPで購入するUTADA HIKARU / UTADA HIKARU SINGLE COLLECTION VOL.2 [紙ジャケット仕様] [2CD]をHMV.co.jpで購入するUTADA HIKARU / UTADA HIKARU SINGLE COLLECTION VOL.2 [紙ジャケット仕様] [2CD]を楽天ブックスで購入するUTADA HIKARU / UTADA HIKARU SINGLE COLLECTION VOL.2 [紙ジャケット仕様] [2CD]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
シングル集第2弾にして、歌手活動休止前の最後となるアルバム。お得意のせつないメロディが炸裂するヒット曲連発のディスク1もいいが、やはり注目は新曲5曲のディスク2。ロック色の濃い曲からダンス・チューン、ジャズ・テイスト、ピアノ・バラードまで粒ぞろいで、健在ぶりを示している。
ガイドコメント
2010年11月発表の2枚組ベスト盤。2004年発表の「誰かの願いが叶うころ」から2008年発表の「Prisoner of Love」までのすべてのシングルとデジタル・シングル2曲を合わせた全13曲に加え、新曲も多数収録。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2010/11/22)  ⇒  5位 (11/29)  ⇒  11位 (12/6)  ⇒  12位 (12/13)  ⇒  13位 (12/20)  ⇒  20位 (12/27)  ⇒  35位 (2011/1/3)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2010/11/22)  ⇒  6位 (11/29)  ⇒  6位 (12/6)  ⇒  13位 (12/13)  ⇒  14位 (12/20)  ⇒  20位 (12/27)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2010/11/22)  ⇒  6位 (11/29)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2010/11/22)  ⇒  3位 (11/29)  ⇒  5位 (12/6)  ⇒  8位 (12/13)  ⇒  9位 (12/20)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2010/11/22)  ⇒  3位 (11/29)  ⇒  6位 (12/6)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2010/11/22)  ⇒  3位 (11/29)  ⇒  5位 (12/6)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2010/11/22)  ⇒  4位 (11/29)  ⇒  6位 (12/6)  ⇒  6位 (12/13)  ⇒  7位 (12/20)  ⇒  9位 (12/27)  ⇒  10位 (2011/1/3)  ⇒  14位 (1/10)  ⇒  12位 (1/17)
収録曲
[Disc 1]
01Prisoner Of Love
ほの暗い鍵盤から幕を開ける、強固な愛の絆の独白。哀惜漂うメロディを振り払おうとするばかりの、もがきすがるような愛への執着が感じられる歌唱に耳を奪われる。フジテレビ系ドラマ『ラスト・フレンズ』主題歌となった21thシングル。
02Stay Gold
花王「アジエンス」CMソング起用の20thシングル。キラキラとした水面を跳ねるような高純度の鍵盤の上で、いつまでも無邪気に笑って輝いていてと愛する人へ願う。普遍的な世界を一気に具体化する“就職も決まって〜”の一行が、見事に心をわしづかみにする。
03HEART STATION
以心伝心を願う恋慕をラジオ局の電波にたとえたミディアム・ラヴ・ソング。そっと手を差し伸べるようなソフトタッチの“心の電波 届いてますか?”のフレーズが琴線に触れる。優しく浮遊感のあるバック・コーラス&サウンドも甘酸っぱく切ない情感を演出。
04Kiss&Cry
大団円的なホーンと太いボトムをアクセントにしたヒップホップ的手法のミッド。タイトルはフィギュアスケートの採点待ちエリアのことで、喜びも悲しみも時の運との意味を込めたもの。タイアップの「カップヌードル」をさりげなく登場させるのも、彼女らしいアイディア。
05Beautiful World
映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』テーマ曲の19thシングル。悩ましげな“It's only love”の歌唱が印象的なミッドで、映画の世界観を意識しながら、君の側こそが美しき世界とシンプルに綴る。平凡な日常の視点から皮肉を挟み込むセンスも抜群。
06Flavor Of Life (Ballad Version)
TBSドラマ『花より男子2』イメージ・ソングとなった18thシングルのバラード版。原曲よりもストリングスを強調し、いっそう哀愁が漂うドラマティックなアレンジに。年を重ねるにつれ色気ある切ない描写に磨きがかかった、宇多田の真骨頂だ。
07ぼくはくま
NHK『みんなのうた』2006年起用の17thシングル。自身のマスコット的な“くま”をフィーチャーしたシンプルな鍵盤による童謡だが、フランス語によるブリッジや言葉遊びなど、そこかしこに“お楽しみ”が散りばめられている。印象以上に完成度の高い作品。
08This Is Love
性急に展開するドラマティックな旋律が強烈なインパクトを残す、日清「カップヌードル」CM“FREEDOM-PROJECT”テーマ・ソング。“ツンデレ”の要素も感じられるラヴ・ソングで、恋愛を達観したかのような超然としたヴォーカル・ワークは見事の一言。
09Keep Tryin'
情熱に大切なのは“継続は力なり”という至言を日常的視点で綴った16thシングル。キャッチーなポップの上で、将来国家公務員なんて夢がないと皮肉ったり、“お父さん、お母さん”といった変哲もない言葉を巧みに操れるのは、センスを認められた彼女の特権だ。
10Passion
振り返れば、輝く未来を感じていた……と過去を懐かしむ心境を綴った15thシングル。時代を移ろうような漂いと幻影に満ちた雰囲気のなかで、閉塞を払拭するような広がりある歌唱を披露している。強い意志を示して進むドラムが印象的だ。
11Be My Last
願えどもうまくいかない恋愛に嘆く憂いの歌。アコースティック・ギターに重なる、時折悲痛の叫びにも聴こえるコーラスが苦しい胸の内を露見させる。“私の最後の人に……”という痛切な余韻が漂う、映画『春の雪』主題歌となった14thシングル。
12誰かの願いが叶うころ
紀里谷和明監督映画『CASSHERN』主題歌となった13thシングル。すべての人が同時に願いを叶えることはできないというジレンマに葛藤しながら幸せを追求する姿に、宇多田の人間性が垣間見られる。厳かで重厚なアコースティック・ミッド。
13Beautiful World (PLANiTb Acoustica Mix)
悩ましげな“It's only love”の歌唱が印象的な19thシングルのリミックス版。願いが一つ叶うなら君の側で眠りたいという究極の愛を、リズム隊のシンプルな音使いでサポート。生命力を感じるアレンジだ。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』テーマ曲。
[Disc 2]
01嵐の女神
敵わないあなたを“嵐の女神”と表現した、母親・藤圭子への想いが感じられるミッド。緩やかで穏やかなサウンドと歌唱だが、想いを集約した“お母さんに会いたい”という一行が強烈なインパクトを残す。森永「1チョコ for 1スマイル」キャンペーン・ソング。
02Show Me Love (Not A Dream)
マット・ロードとの共同アレンジによる、山下智久主演映画『あしたのジョー』主題歌。連呼される“内なるパッセージ”に呼応するように、内包的な叫びを表現したようなギター・ロック調のフックが印象的。自身の弱さと強い愛への欲求をさらけだした赤裸々な曲だ。
03Goodbye Happiness
過去曲のセルフ・パロディを含む初監督作PVも話題となったラヴ・ソング。ケルティックなコーラスと切ない旋律の重なりや、終わりが近づくにつれて増す何ともいえない思慕と郷愁が包むサウダージ的な展開が白眉。訴えかけるような“Kiss me”の吐露に胸が詰まる。
04Hymme a l'amour〜愛のアンセム〜- HYMME タ L'AMOUR -
エディット・ピアフ「愛の賛歌」を宇多田が訳詞したカヴァー。菊地成孔をアレンジに迎え、上質なジャズ・サウンドで色香漂う新たなウタダ像を提示。あなたの愛があれば何でもできるという究極のラヴ・ソングだ。本人出演のサントリー「ペプシネックス」CMソング。
05Can't Wait ‘Til Christmas
シンプルな鍵盤で奏でるウィンター・ソング。クリスマス・シーズンの恋人たちを意識させながら、約束事よりも今の気持ちが大切と説くあたりに、宇多田の非凡さがうかがえる。大切な人を大切にするだけでいい、の説得力に感服。「ペプシネックス」クリスマス編CM曲。
仕様
特殊紙パッケージ仕様
タイアップ
  • 「Be My Last」 - 東宝「春の雪」主題歌
  • 「Beautiful World」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「Beautiful World」 - クロックワークス「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」テーマソング
  • 「Can't Wait 'Til Christmas」 - ペプシ「PEPSI NEX」TV-CMソング
  • 「Flavor Of Life」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「Flavor Of Life」 - TBS「花より男子2」イメージソング
  • 「Fly Me To The Moon(In Other Words) -2007 MIX-」 - クロックワークス「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」劇場予告編使用曲
  • 「HEART STATION」 - EMIミュージック・ジャパン「モバえみ」TV-CMソング
  • 「HEART STATION」 - レーベルモバイル「レコード会社直営♪サウンド」TV-CMソング
  • 「Hymne a l'amour 〜愛のアンセム〜」 - ペプシ「PEPSI NEX」TV-CMソング
  • 「Keep Tryin'」 - au by KDDI「LISTEN MOBILE SERVICE」
  • 「Kiss&Cry」 - 日清食品「カップヌードル」TV-CMソング
  • 「Passion」 - SQUARE ENIX「KINGDOM HEARTS 358/2 Days」テーマソング
  • 「Passion」 - スクウェア「キングダムハーツ供廛董璽泪愁鵐
  • 「Prisoner Of Love」 - エムティーアイ「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「Prisoner Of Love」 - フジテレビ「ラスト・フレンズ」主題歌
  • 「Show Me Love (Not A Dream)」 - 東宝「あしたのジョー」主題歌
  • 「Stay Gold」 - 花王「ASIENCE」TV-CMソング
  • 「This Is Love」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「This Is Love」 - dwango「いろメロミックス」
  • 「This Is Love」 - 日清食品「カップヌードル」TV-CFソング
  • 「This Is Love」 - 日清食品「カップヌードル」TV-CMソング
  • 「ぼくはくま」 - NHK教育「みんなのうた」使用曲
  • 「誰かの願いが叶うころ」 - 松竹「CASSHERN」主題歌
  • 「嵐の女神」 - 森永製菓「ダース」キャンペーンソング
封入特典
  • くまお守り封入(初回のみ)
アーティスト
  • 宇多田ヒカル
    1983年1月19日生まれ、米・ニューヨーク出身のシンガー・ソングライター。愛称は“ヒッキー”。母は藤圭子。10歳頃から始動し、ファミリー・ユニット“Cubic U”名義での作品を経て、98年にデビュー。たちまちシーンを席巻し、日本音楽史上……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015