BEAT CRUSADERS / VERY BEST CRUSADERS [CD+DVD]

はてなブックマークに追加
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    VERY BEST CRUSADERS
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    DefSTAR RECORDS
  • 規格品番:
    DFCL-1547〜8
  • 価格:
    3,367 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    BEAT CRUSADERS / VERY BEST CRUSADERS [CD+DVD]をAmazon.co.jpで購入するBEAT CRUSADERS / VERY BEST CRUSADERS [CD+DVD]を@TOWER.JPで購入するBEAT CRUSADERS / VERY BEST CRUSADERS [CD+DVD]をHMV.co.jpで購入するBEAT CRUSADERS / VERY BEST CRUSADERS [CD+DVD]を楽天ブックスで購入するBEAT CRUSADERS / VERY BEST CRUSADERS [CD+DVD]をTSUTAYAで購入する
    該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ガイドコメント
ロック・バンド、BEAT CRUSADERSのベスト・アルバム。「IMAGINE?」のセルフ・カヴァーやABBAの名曲「DANCING QUEEN」のカヴァーなど、彼らの活動と音楽的ふり幅の広さが実証されている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2009/2/16)  ⇒  15位 (2/23)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    3位 (2009/2/16)  ⇒  11位 (2/23)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2009/2/16)  ⇒  5位 (2/23)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2009/2/16)  ⇒  7位 (2/23)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    3位 (2009/2/16)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    8位 (2009/2/23)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2009/2/16)  ⇒  10位 (2/23)
収録曲
[Disc 1]
01LAST GOOD-BYE
スピーディかつシンプルな2ビートが爽快なメジャー・トラック。“LAST GOOD-BYE”のフレーズがキャッチーに繰り返される簡潔な“お別れソング”といった反面、リリックからは一抹の淋しさや切なさも感じられるのが面白い。
02JAPANESE GIRL
メンバーいわく“日本人の日本人による日本人のためのアジア勘違いソング”。遠い異国のジャパニーズ・ガールに恋してしまった男の明るい苦悩を綴ったリリックが楽しい。中国音階のサウンドなど極彩色に仕上げられたデジタル・ロックだ。
03LOVE DISCHORD
トイ・ドールズ、ティーンエイジ・ファンクラブなどを愛聴するヒダカトオル(vo)ならではの、ポップ・パンクとギター・ポップの両要素をほどよく融合させたナンバー。ハイピッチながら疾走の一歩手前というテンポ加減が心地良さを感じさせる。
04HIT IN THE USA
テレビ東京系アニメ『BECK』のオープニング・テーマとなったパワー・ポップ調のナンバー。80年代のアメリカのポップ・シーンを彷彿とさせるエネルギーに満ちたリリック&サウンドで、高揚感を増すハンド・クラップが印象深い。
05FEEL
歳を経ていつの間にかロックンロールから離れゆく大人たちに再度目覚めを促す“ロック礼賛”歌。歪んだギターや抜けの良いドラム、ウェイトの効いたヴォーカルなど、セッションを楽しみながら演奏している感じがひしひしと伝わる好トラック。
06BANG!BANG!
パワー・ポップ全盛の時代のシンセ・サウンドを、彼らならではのカラーリングで現代に蘇らせたデジタル・ロック。合いの手やコミカルなセリフなどの要素も無理なく詰め込まれた、パーティにもぴったりのカラフルな一曲。
07LOVEPOTION#9
ハードコア・スタイルを全面に押し出したアップ・チューン。パワフルで乾いたドラムが力強いギターを牽引するとともに、ポップ・ナンバーで披露されるライトな声を本作では封印。無骨でしゃがれたヴォーカルを展開している。
08ISOLATIONS
跳ねるようなギターのリズムが楽しげなメロディック・ハードコア。彼らの真骨頂ともいえる絶妙なデジタル・サウンドは健在で、めずらしくチェンバロの音も顔を出す。バンドとしての熟練度もうかがえる息の合った演奏だ。
09I CAN SEE CLEARLY NOW
ジョニー・ナッシュの名曲「I CAN SEE CLEARLY NOW」をパワー・ポップ調アレンジでカヴァー。雨上がりに視界が広がるさまを心模様に見立てた晴れやかなナンバーで、力強さがプラスされている。
10IMAGINE?
11DANCING QUEEN
12DAY AFTER DAY
彼らにしてはめずらしく、2ビートで疾走するパンク・チューン。マシータのドラムを核に、ややメロウ感を漂わせたヴォーカルが長い息でビートを凌駕していく。疲れに絶望しているヒマはないと説く、栄養ドリンクならぬ栄養ソングだ。
13SOLITAIRE
ふと夜中に感じる寂寥感をBEAT CRUSADERS流に切り取った応援ソング。UKロックのTHE POGUESの影響から生まれたという、イントロや間奏でのハモリを効かせたギター音は、聴き逃せないポイントだ。
14TONIGHT、TONIGHT、TONIGHT
ピースフルなサビが盛り上がる、ポップ・ソングへの愛情が込められた明るいナンバー。疾走感のあるポップ・ロックで、バック・コーラスがヴォーカルをやさしく支えると同時に、ギターやベースなどのバンド・サウンドもまろやかにさせている。
15GHOST
異色のコード進行によってメロウ感を生み出したメロディック・チューン。漠然とした不安をゴーストに見立てたファンタジックな歌詞にぴったりのサウンドに仕上がっている。
16CUM ON FEEL THE NOIZE
メタル風の重厚なギター・リフが印象に残る一曲。メタル・パートとパンク・パートがポップなデジタル音で繋ぎ合わされた、オリジナリティあふれるサウンドが次々と展開される。“愛に包まれた騒音と破壊”というテーマも斬新。
17HEY×2 LOOK×2
日本のアニメをパロディしたアメリカのコメディ・アニメ『Kappa Mikey』のオープニング・テーマとして書き下ろされたドタバタ・ソング。ハンド・クラップや合いの手が盛り上げる、明るさに満ちたミディアム・チューンだ。
18LET'S ESCAPE TOGETHER
80年代のニューウェイヴを彷彿とさせる、きらびやかなアッパー・ソング。エフェクトの効いたヴォーカルやシンセ、ギターがキラキラとまぶしい。“みんな一緒に逃げちゃおう!”というキュートなリリックに込められた、ユーモア&ペーソスが面白い。
19WINTERLONG
若い頃の想いにいつまでもセンシティヴになる瞬間を、ギター・ポップに乗せて歌う。ポップな味わいのリリックとオルタナティヴ・ロック風の歪むギターの組み合わせだが、アンバランスにみえて不思議と爽快。ニール・ヤングの同名異曲に捧げられたナンバーだ。
20TIME FLIES、EVERYTHING GOES
超高速2ビートに乗せて、“時”への想いを甘酸っぱく綴ったパンク・ナンバー。タイトルにある“Time flies, everything goes”という一節が、“これまでとこれからの時間を大切にね”と諭すかのように唱えられる。
21WORK IT OUT
ツアー・サポートでも活躍するBREMENのエリーをゲスト・ヴォーカルに迎えた、エレクトロな沖縄民謡トラック。いつもならばギター・リフを駆使するパートをあえてシンセの低音に置き換えた、不協和音を響かせた異色なサウンド構成が冴えている。
22CHINESE JET SET
DEVOへのオマージュが凝縮された、明るいエレクトロ・ポップ。クラスメイトの中国の女の子に片想いする少年の心模様を描いた、これまでにあまり見られなかったシチュエーションを選択するあたりが彼ららしい。浮遊感と遊び心が詰まった一曲。
23SUMMEREND
夏の終わり特有の切なさを、bloodthirsty butchersの吉村のノイジーなギターをフィーチャーして仕上げたナンバー。簡潔にまとめられた歌詞と反するように、うねるギターが鳴り響き、粘り気を帯びたサウンドが展開していく。
[Disc 2]〈DVD〉
01TIME FLIES、EVERYTHING GOES
02FOLLOW ME
03DROOG IN A SLUM
04ISOTONIC
05E.C.D.T.
06TONIGHT、TONIGHT、TONIGHT
07HIT IN THE USA
08GHOST
09SUMMEREND
10LITTLE BITCH
11FOOL GROOVE
12BE MY WIFE
タイアップ
  • 「CUM ON FEEL THE NOIZE」 - マツモトキヨシ「MK CUSTOMER 水虫薬シリーズ」TV-CMソング
  • 「DAY AFTER DAY」 - 日本テレビ「X TRAIL JAM IN TOKYO DOME」イメージソング
  • 「FEEL」 - テレビ朝日「アドレな!ガレッジ」エンディングテーマ
  • 「HIT IN THE USA」 - テレビ東京「BECK」主題歌
  • 「I Can See Clearly Now」 - 日本テレビ「汐留☆イベント部」オープニングテーマ
  • 「SOLITAIRE」 - 日本テレビ「2006 World Baseball Classic」イメージソング
  • 「TIME FLIES,EVERYTHING GOES」 - 千葉テレビ「MUSIC-03」オープニングテーマ
  • 「TONIGHT、TONIGHT、TONIGHT」 - テレビ東京「BLEACH」オープニングテーマ
  • 「TONIGHT、TONIGHT、TONIGHT」 - ソニー・コンピュータエンタテインメント「BLEACH ヒート・ザ・ソウル3」
  • 「WINTERLONG」 - テレビ東京「獣神演武 -HERO TALES-」オープニングテーマ
アーティスト
  • BEAT CRUSADERS
    1997年、ヒダカトオル(vo、g)を中心に結成されたロック・バンド。現在のメンバーはヒダカ、クボタマサヒコ(b、cho)、カトウタロウ(g、cho)、マシータ(ds、cho)、ケイタイモ(key、cho)の5人。インディでの活動を経て、2……
  • 同時発売作品
    BEAT CRUSADERS / VERY BEST CRUSADERS [CD+DVD] [限定]
    DFCL-1545〜6   3,367円+税   2009/02/18 発売
    BEAT CRUSADERS / VERY BEST CRUSADERS [CD+DVD] [限定]をamazon.co.jpで購入するBEAT CRUSADERS / VERY BEST CRUSADERS [CD+DVD] [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するBEAT CRUSADERS / VERY BEST CRUSADERS [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入するBEAT CRUSADERS / VERY BEST CRUSADERS [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入するBEAT CRUSADERS / VERY BEST CRUSADERS [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    覆面系ロック・バンド、メジャー初のベスト・アルバム。爽快感あふれる小気味よいサウンドと親しみやすいメロディが魅力だが、それだけでなく細部まで非常によく作り込まれており、まったく飽きることなく23曲一気……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015