ヴィラ=ロボス:チェロとピアノのための作品全集 メネセス(VC)オルティーズ(P)

はてなブックマークに追加
ヴィラ=ロボス:チェロとピアノのための作品全集 メネセス(VC)オルティーズ(P)
CD
  • 原題:
    VILLA-LOBOS: COMPLETE WORKS FOR CELLO AND PIANO
  • ジャンル:
    クラシック 〜 室内楽曲
  • レーベル:
    Intrada / Mercury
  • 規格品番:
    INTRA-022
  • 価格:
    2,700 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ヴィラ=ロボス:チェロとピアノのための作品全集 メネセス(VC)オルティーズ(P)をAmazon.co.jpで購入するヴィラ=ロボス:チェロとピアノのための作品全集 メネセス(VC)オルティーズ(P)をHMV.co.jpで購入するヴィラ=ロボス:チェロとピアノのための作品全集 メネセス(VC)オルティーズ(P)を楽天ブックスで購入するヴィラ=ロボス:チェロとピアノのための作品全集 メネセス(VC)オルティーズ(P)を@TOWER.JPで購入する
    ヴィラ=ロボス:チェロとピアノのための作品全集 メネセス(VC)オルティーズ(P)を山野楽器で購入するヴィラ=ロボス:チェロとピアノのための作品全集 メネセス(VC)オルティーズ(P)をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
同郷の二人の奏者によるお国物である。メネセスは明るくのびやかな音色で歌うが、ピアノの方はやや響き過ぎる音質のせいか若干水っぽく聴こえる。作品もすべてが強烈な特色を持っているわけではないが、他に類似のものがないだけに貴重なディスクと言える。
ブラジル出身の2人の大家が共演したヴィラ=ロボスという、ファンにとっては願ってもないアルバム。比較的珍しく多様なチェロの作品を、メネセスとオルティーズが見事に表現している。
トラックリスト
●ヴィラ=ロボス:
01黒鳥の歌
02チェロとピアノのためのソナタ第2番
03子守唄
04前奏曲第2番
05夢想
06小さな組曲
07奇想曲
08エレジア
09ブラジル風バッハ第2番
演奏
アントニオ・メネセス(VC) クリスティーナ・オルティーズ(P)
録音
2001.9
  • アントニオ・メネセス
    1957年、ブラジル・レシフェ生まれのチェロ奏者。音楽一家で育ち、10歳からチェロを始める。16歳の時渡欧し、アントニオ・ヤニグロの門下生として学ぶ。77年にミュンヘン国際音楽コンクールで1位、82年にモスクワのチャイコフスキー国際コンクー……
  • ヴィラ=ロボス
    1887年生まれ。1959年没。ブラジル民族主義の代表的作曲家。何度かブラジルの民俗音楽の採集・調査を行ない、作品に反映させた。ショーロは彼の創造による。1918年ミヨーに会い影響を受けたが、一貫してブラジル音楽に根ざしている。……
  • クリスティーナ・オルティス
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 現代に鳴るべき音楽 清 竜人「目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)」[インタビュー] MAKE SOME HAPPEN なにか起こしたい――A-THUGの“夢”
[インタビュー] 後悔は一切ない 〈おはよう武道館〉を控える般若が初のベスト・アルバム『THE BEST ALBUM』をリリース[インタビュー] 宇宙船ジャガー号に潜入取材!――ベスト・アルバム『ジャガーさんがベスト!』に迫る
[インタビュー] “わたし”から“私”へ 吉澤嘉代子『女優姉妹』[インタビュー] 孤独を歩こう――2018年の日本を描いた、中村 中『るつぼ』
[インタビュー] “黒い春”と一緒に“死者の日”を楽しもう エル・ハル・クロイの世界とは[インタビュー] 泣けて笑えて、また泣けて、また笑えて――近田春夫×児玉雨子
[インタビュー] ビートで紡ぐストーリー――CRAM『The Lord』[インタビュー] 進化し続けるCOLOR CREATION 新たなチャレンジや発見も詰まった「I
[インタビュー] カズオ・イシグロが歌詞を提供した“ジャズ・ソングバード” ステイシー・ケントがジム・トムリンソンと描く美しい歌[インタビュー] 新しい自分を見つけることができる作品だった――指揮者アンドレア・バッティストーニ×東京フィルハーモニー交響楽団によるセッション録音プロジェクト第2弾に女優のんが登場
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015