ヴァイオリン・リサイタル アンドラード(VN)ホレチェク(P)

はてなブックマークに追加
ヴァイオリン・リサイタル アンドラード(VN)ホレチェク(P)
CD
  • 原題:
    VIOLIN RECITAL
  • ジャンル:
    クラシック 〜 独奏曲
  • レーベル:
    スプラフォン
  • 規格品番:
    COCQ-83872
  • 価格:
    1,200 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ヴァイオリン・リサイタル アンドラード(VN)ホレチェク(P)をAmazon.co.jpで購入するヴァイオリン・リサイタル アンドラード(VN)ホレチェク(P)をHMV.co.jpで購入するヴァイオリン・リサイタル アンドラード(VN)ホレチェク(P)を楽天ブックスで購入するヴァイオリン・リサイタル アンドラード(VN)ホレチェク(P)を@TOWER.JPで購入する
    ヴァイオリン・リサイタル アンドラード(VN)ホレチェク(P)を山野楽器で購入するヴァイオリン・リサイタル アンドラード(VN)ホレチェク(P)をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ジャニーヌ・アンドラード(1918〜)は、かのティボーにも師事した、知る人ぞ知るフランスのヴァイオリニスト。円熟期の彼女がスプラフォン・レーベルに残した2枚の集大成。洗練された感覚(これぞエスプリ)によって、すみずみまで気品高く美しい。
アンドラードは、ティボー、フレッシュに師事したフランスの女性ヴァイオリニスト。録音の少ないアンドラードは日本ではほとんど無名だが、今回その実力がやっと明らかになる。本邦初発売の逸品。
トラックリスト
01ロンド (モーツァルト/クライスラー編)
02メロディ (グルック/クライスラー編)
03ベートーヴェンの主題によるロンディーノ (クライスラー)
04マラゲーニャ (アルベニス/クライスラー編)
05ハバネラ形式による小品 (ラヴェル/クライスラー編)
06スペイン舞曲 (ファリャ/クライスラー編)
07グラーヴェ〜W.F.バッハのスタイルによる (クライスラー)
08シチリアーノとリゴードン〜フランクールの主題による (クライスラー)
09メヌエット〜ポルポラのスタイルによる (クライスラー)
10無言歌 (チャイコフスキー/クライスラー編)
11ラ・カンパネラ (パガニーニ/クライスラー編)
12ヴァイオリン・ソナタ第4番ハ長調 (モンドンヴィユ)
13組曲ハ短調〜アダージョ・エスプレッシーヴォ (マテゾン)
14常動曲op.34 (リース)
1512のソナタ〜ヴァイオリン・ソナタ第1番ハ長調 (ペルゴレージ)
16歌劇「栄光の神殿」〜ガヴォット (ラモー/リース編)
17ラ・カンパネラ (パガニーニ/クライスラー編)
演奏
ジャニーヌ・アンドラード(VN) アルフレート・ホレチェク(P)
録音
65.
  • ジャニーヌ・アンドラード
    1918年11月13日、仏ブザンソン生まれのヴァイオリン奏者。本名はジャニーヌ・マリー・ルイーズ・アンドラード。ピアニストの母親を持ち、幼少期よりヴァイオリンを学ぶ。パリ音楽院でジュール・ブシューリに師事し、31年に12歳でプルミエ・プリを……
  • フリッツ・クライスラー
    1875年生まれ。1962年没。オーストリア出身、のちに渡米。20世紀前半最大のヴァイオリニストの一人。ウィーン音楽院とパリ音楽院で学び、作曲はドリーブに師事。多数の小品や協奏曲のカデンツァの作曲、多くの編曲などを手がける。1943年にアメ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015