櫻井哲夫 featuring グレッグ・ハウ&デニス・チェンバース / ヴァイタル・ワールド

はてなブックマークに追加
櫻井哲夫 featuring グレッグ・ハウ&デニス・チェンバース / ヴァイタル・ワールド
CD
  • 原題:
    VITAL WORLD
  • ジャンル:
    ポップ・ジャズ/フュージョン
  • レーベル:
    エレクトリック・バード
  • 規格品番:
    KICJ-598
  • 価格:
    2,857 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    櫻井哲夫 featuring グレッグ・ハウ&デニス・チェンバース / ヴァイタル・ワールドをAmazon.co.jpで購入する櫻井哲夫 featuring グレッグ・ハウ&デニス・チェンバース / ヴァイタル・ワールドをHMV.co.jpで購入する櫻井哲夫 featuring グレッグ・ハウ&デニス・チェンバース / ヴァイタル・ワールドを楽天ブックスで購入する櫻井哲夫 featuring グレッグ・ハウ&デニス・チェンバース / ヴァイタル・ワールドを@TOWER.JPで購入する
    櫻井哲夫 featuring グレッグ・ハウ&デニス・チェンバース / ヴァイタル・ワールドを山野楽器で購入する櫻井哲夫 featuring グレッグ・ハウ&デニス・チェンバース / ヴァイタル・ワールドをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
2001年以来となる、同トリオのアルバム。櫻井の全自作の本作は、ハイパー・フュージョンというより、ハイテク・ハード・ロック・トリオと言うにふさわしい。歪んだギターに、ありったけの超絶技巧を思う存分に叩き付けてくる勢いに圧倒される。まさにヴァイタル(活力あふれた)を具現化したトリオ。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    6位 (2010/9/6)  ⇒  8位 (9/13)  ⇒  19位 (9/20)
収録曲
01CRITICAL PLANET
02ALIEN'S FEAST
03A TEAR OF THE CLOWN
04ARE YOU READY
05ANOTHER KINGDOM
06TRIANGLE SQUARE
07MONSTER PARADE
08FATHER
演奏
TETSUO SAKURAI(B,PROG) GREG HOWE(G) DENNIS CHAMBERS(DS)
アーティスト
  • 櫻井哲夫
    1957年11月13日生まれ、東京都出身のフュージョン・ベーシスト。慶應義塾志木高校で知り合った仲間との出会いがきっかけでカシオペアを結成。77年、ヤマハ主催のバンド・コンテスト“EastWest”に出場し、優秀グループ賞を獲得。79年に『……
  • グレッグ・ハウ
  • デニス・チェンバース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015