AI / ViVa A.I.

はてなブックマークに追加
AI / ViVa A.I.
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    VIVA A.I.
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ユニバーサル シグマ / アイランド
  • 規格品番:
    UPCI-1090
  • 価格:
    2,857 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    AI / ViVa A.I. をAmazon.co.jpで購入するAI / ViVa A.I. をHMV.co.jpで購入するAI / ViVa A.I. を楽天ブックスで購入するAI / ViVa A.I. を@TOWER.JPで購入する
    AI / ViVa A.I. を山野楽器で購入するAI / ViVa A.I. をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
7枚目のオリジナル・アルバム。スウェーデンでレコーディングされ、気鋭のプロデューサーたちを迎え、さまざまなタイプの曲にトライしているが、そういう要素を越えた、シンガーとしての素晴らしさに満ちている。緩急の付け方が巧みで、ますます深みが増した 。★
気鋭のプロデューサーたちを迎えた、2009年3月発表のアルバム。最新鋭のポップスを消化し、芯の通ったソウルフルな歌唱を展開。映画『おくりびと』のイメージ・ソングなどを収録している。
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    34位 (2009/3/2)
トラックリスト
01YOU ARE MY STAR
UTA制作の19thシングルのリミックス・ヴァージョン。リミックスを手掛けたのはショーン・ギャレット作品などでも知られるKocky&Trashで、音圧が高いながらもポップネスを携えたフューチャリスティックなクラブ・チューンとなっている。
02my angel
Kocky&Trash制作によるバウンシーなUSヒップホップ調ミッド・スロー。ポロロンと鳴る鍵盤や“ヘイ”の掛け声などにぎやかなトラックをバックに、“これからも私のエンジェルでいて”と歌う。中盤のズルズル引きずるようなラップも聴きどころだ。
03So Special (Version AI) (AI+EXILE ATSUSHI)
ATSUSHI(EXILE)を迎えた18thシングルのAIヴァージョン。互いが出逢って特別な存在でいられる奇跡を大切に生きようと歌うラヴァーズ・チューンで、美メロにシルキーなヴォーカルがすんなりと溶け込むUS調R&Bバラードだ。
04君といた場所
繊細なキーボードの音色が失恋後の消え入りそうな心情を巧みに表現する、UTA制作によるミディアム・スロー。君と過ごした頃に戻りたいという想いを情感豊かに歌いあげる、AIの表現力が見事に色づいたバラードだ。
05feel for you
ともに同じ道を進み、安心させられる場所でありたいという切なる胸の内を吐露したナンバー。BACH LOGIC制作によるコンシャスなR&Bトラックはややダウナーだが、切なくも強い信念を携えた声色によって一縷の希望が垣間見えるようだ。
06SCREAM (feat.JESSE from RIZE)
JESSE(RIZE)制作による、分厚いギターがうねるパンキッシュなヘヴィ・ロック・チューン。とにかく騒いでストレス発散しようというシンプルなコンセプトのもと、アルバムの最終録音日のテンションも手伝って、AIもJESSEも弾けまくっている。
07people in the World
ソウルやディスコの要素をふんだんに採り入れたファンキーなナンバー。音楽を聴いて悩みを吹き飛ばせというAIの普遍的なメッセージが込められている。中盤から終盤へかけてのゴスペル風のブリッジも効いた、DJ WATARAIとUTAの共同制作曲。
08FIRE!
スウェーデンのジョナス・ジェバーグ制作によるホーン・セクションをフィーチャーしたアップ。ファイヤー・ダンスを思わせる腹に響くボトムと時折象の鳴き声にも感じる太く高らかなホーンをバックに、炎のごとくメラメラとたぎる胸の鼓動を情熱的に歌う。
09Like a bird (feat.CORN HEAD)
CORN HEADを迎えたUTA制作のレゲエ調ミッド。きらめく鍵盤の美しい旋律の上で、自分を信じて鳥のように羽ばたこうと歌う。AIはしっとりとした歌唱を披露するも、CORN HEADは変わらずの陽気な兄貴節でリーダーシップを発揮。
10Day Vacation
ヴィンテージの匂いも漂うファンク・ロック調ミディアム。現実に疲れたら、たまには気ままに過ごして自分らしさを取り戻してみようというアドヴァイス・ソングだ。ギター・リフが印象的なマッツ・ヴァレンティン制作曲。
11Nobody Like You
ICEDOWN制作によるミッド・スロー。スナップ音を基調としたシンプルなトラックだが、ヴォコーダー・エフェクトを駆使したコンシャスなUS調R&Bマナーのバラードに仕立てている。夢見ていた人に出会えたという喜びを歌ったスムースなバラードだ。
12Rose
戦うだけが守ることのすべてじゃないと切に訴えるメッセージ曲。美しくも脆いバラを平和希求の主題に、切なくも凛とした歌唱を響かせる。ダークな雰囲気ながら推進力のあるトラック制作はDJ WATARAI。“守るために”と言い切るラストが何とも強力。
13Touch the sky
自分を信じて夢へともに駆けあがろうというメッセージに勇気をもらえる応援歌。伸びやかでポジティヴな歌声は、一点の曇りもない青空のように澄みわたる。折り重なる弦とバック・コーラスがドラマティックな演出に一役買う、THE COMPANY制作曲。
14おくりびと
久石譲が作編曲を手掛けた、映画『おくりびと』イメージ・ソング。世界観の音像化に長けた久石譲らしいオーケストラ調のミディアムで、言葉を丁寧に摘むようなAIの歌唱も特色。“愛は刃物より胸につきささる”の言葉が生々しい、余韻が美しいバラードだ。
15YOU ARE MY STAR (Kocky&Trash Remix)
UTA制作の19thシングルのリミックス・ヴァージョン。リミックスを手掛けたのはショーン・ギャレット作品などでも知られるKocky&Trashで、音圧が高いながらもポップネスを携えたフューチャリスティックなクラブ・チューンとなっている。
タイアップ
  • 「people in the world」 - 日活「ララピポ」主題歌
  • 「people in the world」 - 毎日放送「神戸コレクション2009 SPRING/SUMMER」テーマソング
  • 「YOU ARE MY STAR」 - 毎日放送「Hz」エンディングテーマ
  • 「YOU ARE MY STAR」 - メナード化粧品「フェイシャルサロン」TV-CMソング
  • 「おくりびと」 - 松竹「おくりびと」イメージソング
  • AI(ユニバーサル ミュージック)
    1981年11月2日、米・ロサンゼルス生まれ、鹿児島県鹿児島市出身の女性シンガー・ソングライター。本名は植村愛カリーナ。日本人の父とイタリア系米国人の母を持つ。ゴスペルクワイアやダンスの経験とバイリンガルでラップをこなすストリート感覚を得て……
  • AI / ViVa A.I. [CD+DVD] [限定]
    UPCI-9029   3,143円+税   2009/03/04 発売
    AI / ViVa A.I. [CD+DVD] [限定]をamazon.co.jpで購入するAI / ViVa A.I. [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入するAI / ViVa A.I. [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入するAI / ViVa A.I. [CD+DVD] [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するAI / ViVa A.I. [CD+DVD] [限定]を山野楽器で購入するAI / ViVa A.I. [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    気鋭のプロデューサーたちを迎えた、2009年3月発表のアルバム。最新鋭のポップスを消化し、芯の通ったソウルフルな歌唱を展開。映画『おくりびと』のイメージ・ソングなどを収録している。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015