スリップノット / VOL.3:(ザ・サブリミナル・ヴァーシズ)

はてなブックマークに追加
スリップノット / VOL.3:(ザ・サブリミナル・ヴァーシズ)
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    VOL.3: (THE SUBLIMINAL VERSES)
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    ロードランナー
  • 規格品番:
    RRCY-21222
  • 価格:
    2,669 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    スリップノット / VOL.3:(ザ・サブリミナル・ヴァーシズ)をAmazon.co.jpで購入するスリップノット / VOL.3:(ザ・サブリミナル・ヴァーシズ)を@TOWER.JPで購入するスリップノット / VOL.3:(ザ・サブリミナル・ヴァーシズ)をHMV.co.jpで購入するスリップノット / VOL.3:(ザ・サブリミナル・ヴァーシズ)を楽天ブックスで購入するスリップノット / VOL.3:(ザ・サブリミナル・ヴァーシズ)をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
マリリン・マンソンとレザーフェイスの連合軍みたいなルックスのわりに、サウンド・プロダクションは実にすっきり。変態ギターをちりばめつつも、全体的には爽快な印象すらある。さすがはリック・ルービン・プロデュース。売れるのも納得。
ガイドコメント
メンバーのソロ活動も活発で解散説まで出ていたヘヴィ・ロック9人組の、名作『アイオワ』から約3年ぶりの激音3rdアルバム。リック・ルービンがプロデュースを担当しているのも話題。
ガイドコメント
メンバーのソロ活動も活発で解散説まで出ていた覆面ヘヴィ・ロック9人組の、名作『アイオワ』から約3年ぶりの激音3rdアルバム。リック・ルービンがプロデュースを担当しているのも話題。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2004/5/17)  ⇒  4位 (5/24)  ⇒  10位 (5/31)  ⇒  18位 (6/7)  ⇒  20位 (6/14)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2004/5/17)  ⇒  3位 (5/24)  ⇒  10位 (5/31)  ⇒  11位 (6/7)  ⇒  19位 (6/14)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    4位 (2004/5/24)  ⇒  10位 (5/31)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2004/5/17)  ⇒  4位 (5/24)  ⇒  10位 (6/7)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2004/5/17)  ⇒  1位 (5/24)  ⇒  3位 (5/31)  ⇒  9位 (6/7)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2004/5/17)  ⇒  6位 (5/24)  ⇒  10位 (6/7)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2004/5/17)  ⇒  2位 (5/24)  ⇒  6位 (5/31)  ⇒  13位 (6/7)  ⇒  12位 (6/14)
収録曲
01PRELUDE 3.0
アルバム『VOL.3〜』の冒頭を飾るお約束のインストであるが、これまでの短いものとは違い、ヴォーカル入りの4分弱のドラマティックな楽曲へと発展。バンド内の不和説を吹き飛ばす“ナウ・イッツ・オーバー”という歌詞が高らかに響きわたる。
02THE BLISTER EXISTS
荒々しい歌声と大きくうねるリズムで終始押しまくるアグレッシヴなナンバー。間奏部分でのドラムとパーカッションによるダイナミックなマーチング風のアンサンブルや高速ギター・リフが聴く者を鼓舞する。
03THREE NIL
2nd『アイオワ』の延長線上にある、ブラスト・ビート炸裂のブルータルなナンバー。攻撃的ではあるが、グルーヴ感、一緒に歌えるコーラス・パートが魅力的で、「ザ・ヘレティック・アンセム」を彷彿とさせる。
04DUALITY
重厚でダークな中にキャッチーなメロディが光るシングル・カットも納得のトラック。高速ラップ、くぐもった低音、クリーン・ヴォイスでのサビなど、ストーン・サワーを思わせる多彩かつ表現力豊かなヴォーカリゼーションが楽しめる。
05OPIUM OF THE PEOPLE
跳ねるような痛快なリズム、シンガロング・パート、ブレイクを多用したストップ&ゴーを繰り返す展開。メタル色の濃いアルバム『VOL.3〜』中で、珍しくパンク/ハードコア・テイストを打ち出した異色のファスト・ナンバーだ。
06CIRCLE
アコギとストリングスを導入したダークで美しいバラード。メランコリックな旋律や中近東風のアレンジを施した、これまでになかったタイプのバラードで、バンドとしての懐の広さと表現者としての成長がみてとれる。
07WELCOME
ドラム缶をひっぱたくような打音と性急なビート、憤怒と悲哀に濡れた怒号が切迫感を煽るファストな楽曲。ギター・キッズ垂涎ものの高速ピッキングとエフェクター使いも鮮やかなレガートなど、華麗なギター・ソロも満載だ。
08VERMILION
メロディアスなサビこそ美しいが、つぶやき、うめき声などを駆使したヴォーカリゼーション、浮遊感のあるエレクトロ、ワウ使用のギター・ソロが不気味な空気を醸し出している。メンバーいわく、「ストーカーの視点で描かれたラブ・ソング」だとか。
09PULSE OF THE MAGGOTS
サイレンの音と軍隊の行進のような足音が響くイントロが印象的な、マゴッツ(スリップノット・ファン)に捧げられた曲。アグレッシヴなツイン・ギターのバトル、スレイヤー調の弾きまくりのソロ、大合唱を誘うコーラス・パートが憎いほどツボをついている。
10BEFORE I FORGET
鋭いリフとヘヴィなグルーヴを主体とした極悪なアンサンブルがパンテラを思わせる、ド迫力のナンバー。ストロングだが、めっぽうメロディアスで、インパクトのあるサビの部分は、ライヴ時のコール&レスポンスが目に浮かぶようだ。
11VERMILION PT.2
「ヴァーミリオン」をアコースティックを主体としたバラードにアレンジしたトラック。ピアノやストリングス、コーラスのアンサンブルが描くサウンドスケープは美しく繊細で、同じ曲とは思えないほど表情、タッチ、フィーリングが違う。
12THE NAMELESS
ユニークなリフを軸としたアグレッシヴなパートとアコースティック調のメロウな旋律が交互に顔を出すユニークな楽曲。くるくると表情を変える声とサウンドに、多彩なアイディアと遊び心が感じられる。
13THE VIRUS OF LIFE
念仏めいた声と引きずり回すような激重リフがひたすら地べたを這いまわる前半から、徐々にノイズやパーカッションが加わり、最終的には捉えどころのないカオスを創出。泥沼にずぶずぶとはまっていくような感覚を引き起こす。
14DANGER - KEEP AWAY
静かで淡々とした展開で、終始、退廃的な雰囲気が漂う。物悲しくも艶と色気を感じさせる歌とコーラスの美しいアンサンブルの妙味が堪能できるが、突然訪れる終わりが衝撃を残す、スリップノット印のバラード。
15SCREAM
野太いヴォーカルやヘヴィなリフ、激しいビート、派手なサンプリングが暴れ回る攻撃的なナンバーと思いきや、サビは口ずさめるほどキャッチー。ギターの活躍度が高いアルバム『VOL.3〜』において、ここでも様式的なツイン・ギターのアンサンブルが聴ける。
(15)ボーナストラック
仕様
CDエクストラ
アーティスト
  • スリップノット
    米・アイオワ州デモイン出身のヘヴィメタル・バンド。名前は“引き結び(絞首刑の首輪)”の意味。1995年に“ザ・ペール・ワンズ”として結成し、同年末に現名義へ改名。ハンドメイドのグロテスクなマスクと強烈なパフォーマンスで脚光を浴び、99年に『……
  • 同時発売作品
    スリップノット / デュアリティ [廃盤]
    シングル RRCY-29060   1,257円(税込)   2004/05/21 発売
    スリップノット / デュアリティ [廃盤]をamazon.co.jpで購入するスリップノット / デュアリティ [廃盤]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するスリップノット / デュアリティ [廃盤]をHMV.co.jpで購入するスリップノット / デュアリティ [廃盤]を楽天ブックスで購入するスリップノット / デュアリティ [廃盤]をTSUTAYAで購入する
    激烈ヘヴィ・ロック覆面集団のサード『VOL.3:(ザ・サブリミナル・ヴァーシズ)』からの第1弾シングル。アルバム未収録曲にライヴ・テイクをカップリングし、さらに日本盤のみPVをボーナス収録。押しの強い……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015